鳥取市の解体

家屋や店舗などをより良く活用するために、リフォームや建て替えをお考えの方もいる事でしょう。
そこで、把握しておきたいのが解体費用です。

出来れば「壊す」解体よりも、「造る」建設の方に費用を掛けたいものですよね。
しかし、解体費用の相場というのは、地域によって異なります。

中でも今回は、鳥取県の県庁所在地である鳥取市の解体費用について、詳しく解説したいと思います。
費用を抑えるポイントについても、解説しましょう。

鳥取市の解体費用の単価坪は?

鳥取市で建物を取り壊す際に掛かる費用は、どれくらいなのでしょうか。
坪単価や費用例などを見ていきましょう。

鳥取市の解体費用の坪単価

鳥取市の解体費用の坪単価を、構造別にまとめてみました。

構造 坪単価
木造 2.6万円
鉄骨造 3.5万円
RC造 5.3万円

坪単価が構造によって異なるのは、解体に掛かる手間が違うからです。
鉄骨や鉄筋を使用した建物は、頑丈に出来ています。

しかし、その分解体するのにも手間が掛かるため、費用が高くなる傾向にあるのです。
ですから、基本的には木造に比べて、鉄骨造やRC(鉄筋コンクリート)造の建物の解体費用は高くなるでしょう。

また、解体工事ではこの他にも、人件費や産業廃棄物の処分代など、様々な費用が掛かります。
「坪単価×坪数」という計算だけで予算を組むのは少々危険です。

また、解体費用は依頼する業者によっても大きく差が出ます。
解体費用は多めに予算を組み、詳しい見積り金額を事前に確認した上で業者を決めましょう。

鳥取市の解体工事の費用例

鳥取市で実際に行われた、解体工事の費用例についてご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造2階建 63坪 168.7万円 12日間
木造平屋 23.4坪 78.8万円 6日間
木造2階建 45坪 159万円 9日間
木造2階建 28坪 101万円 6日間
木造平屋 73.3万円 170.3万円 10日間

解体費用には相場がありますが、実際にはその物件によって掛かる金額は様々です。
立地条件や工事を行う時期、依頼する業者などによって変動します。

使用する機材や必要な人員、掛かる工期が異なるためです。
ですから、上記はおおよその参考程度にお役立て下さい。

鳥取市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

鳥取市で解体費用が高くなるのはどんなケースか

解体費用は、その建物ごとの様々な条件によって変動します。
ですから当然、相場よりも高くなる事もあるのです。

鳥取市で解体費用が高くなるのはどんなケースなのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

アスベストを含んだ建物

取り壊しの時期が来た建物は、長い築年数を重ねている物が多い事でしょう。
古い建物の解体工事の際に気を付けたいのが、「アスベスト」です。

1990年代ごろ、「奇跡の鉱物」として多くの建材に使用されていたアスベスト。
肺がんなど、健康被害を招くリスクがある事が発覚して以来、段階的な規制を経て現在では使用が禁止されています。

しかし、アスベストが使用されていた時代に建てられた建物には、未だに含まれている可能性があるのです。
アスベストは、非常に細かな繊維から成る天然鉱の一種。

解体工事によって空気中に飛散したアスベストを吸い込んだ場合、肺に刺さり様々な病気の原因となるのです。
そのため、アスベストを含む建物の解体工事は専門業者が行わなければならず、その分費用が高くなります。

鳥取市にも、古い建物は数多く存在します。
築年数を重ねた建物の解体をお考えの方は、事前にアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

住みやすい街として、住宅街の多い鳥取市。
中には、狭小地や入り組んだ場所に建つ建物もあるでしょう。

この「立地条件」は、解体費用を左右する大きな要因の一つです。
結論から申し上げますと、狭小地での解体工事には手間が掛かるため、費用は相場よりも高くなる傾向にあります。

重機が入れず手作業になれば、多くの作業員が必要ですから人件費が掛かります。
隣家との距離が近ければ、騒音や粉塵対策として養生などの設備を強化しなければなりません。

また、場合によっては交通誘導員を置くため、その分の費用も掛かるでしょう。
このように、狭小地での解体工事には、非常に手間が掛かるのです。

解体予定の建物が、狭小地や入り組んだ場所に建っているという方は、相場よりも費用が掛かるという事を覚えておきましょう。

鳥取市で解体費用を抑えるためのポイント

鳥取市で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は、高くなるばかりではありません。
なるべく安く抑えて、リフォームなどの建設費用に充てたいものです。

ここからは、鳥取市で解体費用を抑えるためのポイントについて、いくつかご紹介していきましょう。

鳥取市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

鳥取市には、解体工事の際に利用できる補助金制度がいくつか設けられています。

制度 内容
鳥取市街なか空き家改修支援事業 市内の空き家の改修に関する費用の一部を補助
鳥取市空き家等除却事業費補助金 管理不全な状態の空き家等であって、危険な空き家の除却に関する費用の一部を補助
石綿の飛散防止対策に対する補助制度 吹付け石綿(アスベスト)の除去等に要する費用の一部を補助

鳥取市の補助金制度は、空き家やアスベストに関するものなど、充実しています。
これらの制度を利用する事で、解体費用の削減になるでしょう。

しかし、このような制度には、自治体の定めた基準があります。
事前に審査を受け、それを満たしていると判断されて初めて、利用が出来るのです。

工事が始まってからでは、申請できない制度がほとんどですから、前もって手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体費用を抑えるポイントの一つが、業者に依頼する項目を減らすという事です。
解体工事に関わる項目の中には、自分で出来るものも意外とあります。

  • 不要品の処分
  • 解体業者選び
  • 建物滅失登記

上記の項目は、業者に依頼しなくとも、自分で行えるでしょう。
建物内の不要品は、そのままにしておいても工事の際に処分をしてくれる業者もあります。

しかし、産業廃棄物としての処分になるため、費用が割高になるのです。
そこを、鳥取市のゴミの日や不要品の回収、リサイクルショップなどを利用して自分で処分をすれば、廃棄物の処分代を削減できます。

また、解体業者を選ぶ際に、ハウスメーカーなど他社からの紹介を受ける事があるでしょう。
しかし、その場合には中間マージンが発生しているケースがほとんどなのです。

そして解体工事の終了後に行うのが、「建物滅失登記」。
登記と聞くと、何だか難しい事のように感じますが、実はこれも自分で簡単に出来る手続きなのです。

専門家に依頼すると、当然費用が掛かりますから、出来れば自分で行う事をオススメします。
このように、少しの手間を掛かるだけでも、解体費用の節約になる事は沢山あるのです。

複数の業者から見積りを取ろう

解体工事を行う機会は、頻繁に訪れるものではありません。
ですから業者選びにも、慣れていない方が多いでしょう。

何となく「近いから」「メディアで見たから」などの理由で、始めから1社に決めてしまうのはオススメ出来ません。
解体費用を抑えたいのなら、複数の業者から見積りを取って比較しましょう。

価格競争をさせる事で、費用が安くなる可能性があるのです。
また、複数の業者を比較する事で、優良な業者を見極める事にも繋がります。

そこで、オススメなのが「一括見積りサイト」です。
ネットで簡単に、複数の業者の見積りを取る事が出来ます。

また、このようなサイトでは、登録の際に業者を審査しふるいに掛けています。
ですから「悪徳」と呼ばれるような業者にあたるリスクを軽減できるのも、オススメのポイントです。

当サイトがオススメする見積りサイトには、鳥取市周辺の業者も多数登録しています。
気になる方は、ぜひ見積りだけでもお試し下さい。

鳥取市と解体のまとめ

鳥取市と解体のまとめ

鳥取県鳥取市の解体費用の相場は、坪単価2.6~5.3万円ほどです。
建物の構造や大きさ、立地条件など、様々な要因によって変動します。

ですから、解体工事の予算は、相場よりも多めに見ておきましょう。
鳥取市には、解体工事の際に利用できる費補助金制度が設けられています。

事前の審査が必要ですから、工事が始まる前に手続きを行いましょう。
解体費用を抑えるには、複数の業者から見積りを取って比較するのがポイントです。

見積りサイトなどを利用すれば、解体工事に詳しくない方でも、簡単かつ安全に業者選びが出来るでしょう。