豊川市の解体

愛知県の東三河に位置する豊川市。
地元では、豊川稲荷などが有名です。

住宅街も多く、都会過ぎず田舎過ぎない住みやすい町。
そんな豊川市で、建物のリフォームや建て替えをお考えの方もいる事でしょう。

そこで今回は、愛知県豊川市の解体費用の相場について、詳しく解説したいと思います。
実は、地域によって相場の異なる解体費用。

事前に把握しておく事で、資金計画に役立てて下さいね。

豊川市の解体費用の単価坪は?

愛知県豊川市の解体費用の相場は、どれくらいなのでしょうか。
坪単価や実際の費用例をまとめてみましたので、参考にして下さい。

豊川市の解体費用の坪単価

こちらが、豊川市の解体費用の平均的な坪単価です。

構造 坪単価
木造 2.5万円
鉄骨造 2.8万円
RC造 3.5万円

ご覧のとおり、建物の造りによって相場が異なります。
鉄骨や鉄筋を使用した建物は、頑丈で複雑な構造をしています。

そのため、解体する際には特殊な重機を用いたり、いくつかの工程を踏みながら行われるのです。
非常に手間や時間が掛かるため、解体費用は高くなります。

ですから、一般的には木造よりも、鉄骨造やRC(鉄筋コンクリート)造の方が費用は高くなるでしょう。
また、上記は建物の解体のみの費用の相場です。

この他に、人件費や産業廃棄物の処分代、設備費など様々な費用が掛かるという事を、覚えておきましょう。

豊川市の解体工事の費用例

豊川市でこれまでに、実際に行われた解体工事の費用例の一部をご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 日数
木造2階建 34坪 138万円 10日間
鉄骨造2階建 22.5坪 54.5万円 9日間
鉄骨造2階建 42坪 48万円 10日間
木造平屋 14坪 48.8万円 6日間
木造2階建 48.5坪 247万円 9日間

解体費用には、坪単価など相場こそありますが、実際にはそのとおりになるケースばかりではありません。
解体費用は、建物の立地や大きさ、依頼する業者など様々な条件に左右されるからです。

ですから、例え同じ構造や坪数であっても、解体費用に大きく差が出る事も珍しくありません。
上記のような費用例は、おおよその参考程度にお役立て下さい。

豊川市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

豊川市で解体費用が高くなるのはどんなケース

様々な条件に左右される解体費用ですが、予算オーバーは避けたいものですよね。
豊川市で解体費用が高くなってしまうのは、どのようなケースなのでしょうか。

アスベストを含んだ建物

豊川市は、古くから住宅街の多い地域です。
築年数を重ねた古い建物も多く存在するでしょう。

古い建物の解体で気をつけたいのがアスベストです。
アスベストは、かつて建材などに多く使用されていた天然鉱物の一種。

「奇跡の鉱物」と呼ばれ、1970~1990年代ごろまで建設業を支えてきました。
しかし、後に健康被害が発覚。

アスベストの繊維を吸い込む事によって、様々な病気を引き起こす事が分かったのです。
それ以来、アスベストは規制され、現在では完全に使用禁止となっています。

しかし、それ以前に建てられた建築物には、未だに含まれている可能性があるのです。
アスベストの解体は危険を伴うため、高い費用が掛かります。

古い建物の解体をお考えの際は、事前にアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

解体費用を左右する大きな要因が、立地条件です。
中でも、狭い場所や変形地での解体作業には手間が掛かるため、費用は割高になります。

重機や作業車が横付け出来ない場合が多く、手作業が増えます。
そうなれば工期が伸び、人件費や設備費はかさむのです。

場合によっては別途、交通誘導員を設置するケースも少なくありません。
住宅街の多い豊川市には、狭小住宅も珍しくないでしょう。

このような条件下での解体工事をご予定の方は、多めに予算を組んでおくと安心です。

豊川市で解体費用を抑えるためのポイント

豊川市で解体費用を抑えるためのポイント

様々な条件によって変動する解体費用ですが、高くなるばかりではありません。
工夫次第では、削減する事も出来るのです。

ここからは、豊川市で解体費用を安く抑えるポイントを、いくつかご紹介しましょう。

豊川市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

豊川市には、解体工事の際に利用できる様々な補助金制度が設けられています。

木造住宅解体工事費補助金

木造住宅の解体工事に要する費用の一部について助成

老朽空家等解体費補助金

市内の老朽化した空き家や危険な空き家の解体工事に要する費用の一部を助成

このような制度を利用する事で、解体費用の削減が出来るでしょう。
豊川市にはこの他にも、様々な制度がありますから、気になる方は市役所などにお問い合わせください。

ただし、これらの制度は誰でも簡単に受けられるというものではありません。
事前に審査を受け、定められた基準を満たすと判断された場合にのみ、利用が出来るのです。

工事が始まってからでは申請できない制度もあります。
解体工事をすると決まったら、余裕を持って手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事と一口に言っても、どこまで解体するのか、何をもって完了とするのかは様々です。
そして、単に建物を壊すだけではありません。

様々な項目ごとに、費用が掛かります。
ですから、業者に依頼する項目を減らす事が、解体費用を抑えるポイントの一つです。

実は、自分で出来る事も意外に多くあります。

  • 倉庫やウッドデッキ等の簡単な解体
  • 不要品の処分
  • 建物滅失登記

DIYが得意な人なら、簡単な解体程度は自分で行えるでしょう。
カーポート等も、物によっては自分でバラす事が出来る物もあります。

家財などの不要品の処分は、業者に依頼すると産業廃棄物と見なされ、費用が割高です。
粗大ゴミとして豊川市に回収してもらいましょう。

また、建物滅失登記は、届出の中でも自分で出来る簡単なものです。
専門家に依頼すると費用が掛かりますから、時間のある方は自分で行いましょう。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を抑えたいのなら、業者選びも自分で行う事をオススメします。
リフォームや建て替え等の場合、ハウスメーカーからの紹介もありますよね。

安心感はありますが、ほとんどのケースで中間マージンが発生するのです。
自分で業者を選び直接契約する事で、直接マージンを節約できます。

そして、その際には複数の業者から見積りを取って比較をするのがポイント。
価格競争に繋げる事で、費用が安くなる可能性があります。

そこで、オススメしたいのが一括見積りサイトです。
素人の方でも、ネットで簡単に複数の業者から見積りを取る事が出来ます。

そのようなサイトでは、業者を登録する前に一定の基準で審査を行っています。
ですから、悪徳業者に当たるリスクを軽減できるのです。

当サイトがオススメしている見積りサイトには、豊川市周辺の解体業者も登録しています。
是非一度、見積りを取ってみて下さいね。

豊川市と解体のまとめ

豊川市と解体のまとめ

愛知県豊川市の解体費用の相場は、坪単価2.5~3.5万円ほどです。
しかし、建物の構造や大きさ、様々な条件によって変動しますので注意しましょう。

解体費用の削減には、業者に依頼する項目を減らす事です。
業者選びも自分で行えば、中間マージンの削減になります。

見積りサイトの利用で、素人の方でも簡単かつ安全に、優良業者を選ぶ事が出来るでしょう。