中央区の解体

東京の真ん中に位置し、東京駅や銀座、築地市場などで知られている「中央区」。
繁華街やオフィス街で賑わい、正に「都会」と言える街です。

そんな中央区は、「住む町」というよりも「行く町」というイメージが強いかもしれません。
しかし、近年高層マンションなどが増えており、中央区に移住するファミリー層が増えているようです。

そんな中央区で、建物の解体をお考えの方もいる事でしょう。
今回は、東京都中央区の解体工事に関する、費用や優良業者の選び方などについて解説したいと思います。

中央区の解体費用の単価坪は?

東京都中央区の解体費用の相場について。見ていきましょう。
単価坪や実際の費用例をまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

中央区の解体費用の坪単価

中央区の解体費用の坪単価は、以下のとおりです。

構造 坪単価
木造 3.8万円
鉄骨造 5.0万円
RC造 6.8万円

建物の解体費用の相場は、上記のように構造によって異なります。
解体するのに手間の掛かる頑丈な建物ほど、費用が高くなるのです。

ですから、通常は木造よりも、鉄筋や鉄骨などを使用した建物の方が、解体費用は多く掛かるでしょう。
また、解体工事には上記の他に、人件費や廃棄物の処分代を始め、外構などの付帯工事に関わる費用も掛かります。

解体費用は、建物の解体だけでなく、様々な費用が必要だという事を覚えておきましょう。

中央区の解体工事の費用例

東京都中央区で、これまでに実際に行われた解体工事の費用例を一部ご紹介します。
おおよその費用や掛かる工期の参考にして頂ければと思います。

構造 坪数 費用 工期
木造3階建 56.5坪 308万円 25日間
木造2階建 29坪 116万円 9日間
木造平屋 32坪 74.5万円 9日間
RC造2階建 22坪 85万円 20日間
木造2階建 35坪 88.3万円 10日間

解体費用の相場についてご紹介させて頂きましたが、実際にはそのとおりになるケースばかりではありません。
解体費用は、建物の立地や大きさ、依頼する業者など、様々な条件によって変動するのです。

また、アスベストや地中埋設物の有無、何をもって完了とするかによっても異なります。
ですから、事例だけを参考にするのではなく、業者に現場を見せた上で見積りを依頼すると良いでしょう。

中央区で解体費用が高くなるのはどんなケース?

中央区で解体費用が高くなるのはどんなケースか

様々な条件によって変動するのが解体費用の相場です。
しかし、解体費用は多額ですから、予想を遥かに超える額になってしまうのは避けたいものでしょう。

中央区で解体費用が高くなるのはどんなケースなのかをご紹介しますので、事前に把握しておきましょう。

アスベストを含んだ建物

老朽化に伴って建物を解体するという場合、注意したいのが「アスベスト」です。
アスベストは人体に有害であるため解体には危険を伴います。

専門業者による適切な処分が必要ですので、費用は高くなるのです。
アスベストは、髪の毛の5000分の1ほどの細い繊維から成る天然鉱物の一種。

吸い込む事で肺まで到達し、様々な病気の原因となるのです。
現在では使用が禁止されているアスベストですが、かつては建材に多く使用されていました。

その耐久性や耐熱性の高さから「奇跡の鉱物」とも呼ばれていたのです。
ですから、その時代に建てられた住宅やビルなどの建築物には、未だにアスベストが含まれている可能性があります。

中央区にも、老朽化の進んだ建物は数多く存在しているでしょう。
古い建物の解体をする際には、事前にアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

中央区は、東京都のど真ん中。
「都会」という言葉が当てはまる、非常に栄えた地域です。

狭い土地や入り組んだ場所に建つ建物は多い事でしょう。
そんな、狭小地での解体工事は、費用が割高になる傾向にあります。

重機や作業車が入れず、手間が掛かるからです。
人力作業には多くの人員や工期が必要ですから、その分費用が掛かります。

また、交通誘導員を設置しなければならないケースも少なくありません。
隣の建物との距離が近い場合も多く、騒音や粉塵対策の強化も必要になります。

狭小地や変形地での解体工事をお考えの方は、費用が割高になる可能性について、把握しておきましょう。

中央区で解体費用を抑えるためのポイント

中央区で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は、なるべく安く抑えたいものですよね。
実は、工夫次第では、解体費用は安く抑える事も出来るのです。

中央区で解体費用を抑えるためのポイントを把握し、安い方へと変動させましょう。

中央区に解体工事で利用できる補助金制度はある?

中央区には、解体工事に関する補助金や助成金制度が設けられています。
このような自治体の制度を利用する事で、解体費用の削減が出来るのです。

制度 内容
建築物の耐震対策 建物の耐震診断や耐震性を向上させる補強工事などへの助成
緊急輸送道路沿道等建築物の耐震対策 敷地が緊急輸送道路等に面する建築物の耐震診断や補強工事に要する費用の一部を補助

中央区は、耐震に関する制度が充実しているようです。
高い確率で起こるとされている大地震に備えて、区民の安全を守るための制度でしょう。

この他にも様々な補助金制度がありますから、気になる方は、役所などに問い合わせてみて下さい。
ただし、これらの制度を利用するには、様々な条件があります。

自治体の定める基準があり、それを満たす場合にのみ、受ける事が出来ます。
それには、事前の審査や申請が必要です。

工事が始まる前に申請をしなければ受けられない制度がほとんどですので、余裕を持って手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事の多くの工程の中で、業者に依頼しなくとも出来るものがあります。
例えば、建物の中に残る不要品の処分は、地域のごみの日や粗大ごみとして中央区に回収してもらいましょう。

業者に依頼する事も出来ますが、産業廃棄物として見なされるため、費用が割高になるのです。
また、DIYが得意な方は、デッキや倉庫などの、簡単な解体作業に挑戦してみるのも良いでしょう。

その分、費用の削減に繋がります。
解体後に行う建物滅失登記は、専門家に依頼をすれば当然費用が掛かります。

しかし、実は書類を揃えて提出するだけの簡単な登記なのです。
このように、業者に依頼する項目を減らしていく事で、解体費用の削減に繋がります。

他に自分で出来る事はないか、一度探してみると良いでしょう。

複数の業者から見積りを取ろう

解体業者選びについても、自分で行う事をオススメします。
なぜなら、ハウスメーカーなどの建設業者からの紹介では、多くの場合に中間マージンが発生するからです。

リフォームや建て替えなどの際にも、紹介は出来れば断る方が費用は安くなるでしょう。
また、自分で業者を選ぶ際のポイントは、複数の業者から見積りを取り比較するという事です。

価格競争をさせる事によって、費用が安くなる可能性があります。
しかし、自分で業者を選ぶ事に慣れている人はそう多くはないでしょう。

そこで、不安に感じる人にオススメなのが、一括見積りサイトです。
ネットで簡単に複数の業者の見積りを取る事が出来ます。

また、このようなサイトでは、事前に業者を厳しく審査した上で登録しています。
この安全性の高さも、オススメ出来るポイントなのです。

当サイトがオススメする見積りサイトには、中央区周辺の解体業者の登録もあります。
気になる方は、是非一度、利用してみて下さい。

中央区と解体のまとめ

中央区と解体のまとめ

東京都中央区の解体費用の相場は、坪単価3.8~6.8万円程です。
建物の構造や立地など、様々な要因によって変動しますので、おおよその参考程度にお考え下さい。

解体費用の変動には、多くの事柄が関係しています。
高くなる要因については事前に把握し、安く抑えるポイントについては、実践してみましょう。

解体業者探しに関しても、自分で行う事によって中間マージンの削減に繋がります。
見積りサイトなどを利用する事で、簡単且つ安全に優良業者を選ぶ事が出来るでしょう。