宇都宮市と解体

家屋の取り壊しやリフォーム等を考えた時、把握しておきたいのが費用に関する事でしょう。
解体に掛かる費用は数十万円単位と高額ですから、事前にしっかりと用意しておきたいものです。

しかし、実は解体費用というのは地域によって異なります。
中でも今回は、栃木県の県庁所在地である「宇都宮市」の解体費用について、詳しく解説しましょう。

宇都宮市周辺で解体工事をお考えの方は、是非参考にしてみて下さい。

宇都宮市の解体費用の単価坪は?

宇都宮市で解体工事を行う場合、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。
坪単価や実際の費用例を見てみましょう。

宇都宮市の解体費用の坪単価

宇都宮市の解体費用の相場を、坪単価でまとめてみました。
解体費用の相場は、建物の構造によって異なります。

それは、頑丈な造りの建物ほど、解体するのにも手間が掛かるからです。

構造 坪単価
木造 2.9万円
鉄骨造 3.2万円
RC造 4.7万円

鉄骨や鉄筋などを使用した建物は、特殊な機械を用いたり、多くの人員を必要とします。
その分、解体費用も高くなるのです。

しかし、鉄筋などの金属類は、再利用できるため業者が買い取ってくれます。
その買取り金額によっては、解体費用の相場が木造より安くなる事もあり得ます。

また、解体工事では上記の他に、燃料費や設備費、廃棄物の処分代など様々な費用が掛かります。
ですから、予算は相場よりも多めに用意しておきましょう。

宇都宮市の解体工事の費用例

宇都宮市で実際に行われた解体工事の費用例を、ご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造2階建 51.3坪 263万円 10日間
鉄骨造2階建 36.3坪 94万円 10日間
木造2階建 35.4坪 95.6万円 8日間
鉄骨造2階建 32坪 112.6万円 9日間
RC造3階建てビル 140坪 744万円 36日間

上記は、数ある事例のほんの一部です。
解体費用は様々な条件により変動しますから、例え構造や大きさが似ていても、費用まで同じになるという訳ではありません。

ですから、おおよその参考として、お役立て下さい。

宇都宮市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

宇都宮市で解体費用が高くなるのはどんなケースか

解体費用は、様々な要因によって、相場より高くも安くもなり得ます。
宇都宮市で、解体費用が高くなるのは、どのようなケースなのでしょうか。

アスベストを含んだ建物

築数十年が経過するような、古い建物の解体の際に注意したいのが「アスベスト」の含有です。
アスベストとは、1990年代頃まで建材に多く使用されていた天然鉱物の一種。

耐久性や柔軟性に優れ、かつては「奇跡の鉱物」とも呼ばれていました。
しかし、のちに発ガン性など人体に影響を及ぼす事が発覚し、現在では使用が禁止されています。

アスベストは細かい繊維から成っており、空気中に飛散しやすいという特徴を持ちます。
解体の際に飛散したアスベストを吸い込んだ場合、肺に刺さり様々な病気の原因となるのです。

アスベストを含んだ建物の解体工事は、専門業者が行わなければならず、費用もその分高くなります。
宇都宮市でも、古い建物には未だにアスベストが含まれている可能性がありますから、事前にしっかりと調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

解体費用を大きく左右する要因の一つが「立地条件」です。
中でも、住宅密集地や狭い敷地に建てられた家屋などは、解体費用が高くなる可能性があります。

なぜなら、狭小地での作業には、非常に手間や時間が掛かるからです。
例えば、お隣との距離が近ければ、その分騒音や粉塵の影響で迷惑も掛かりやすいもの。

それを防ぐために、養生シート等の設備を強化します。
また、隣接する道路が狭ければ、作業車が入れず手作業となる事も少なくありません。

また場合によっては、交通誘導員を設置する場合もあります。
このように、狭小地での解体工事には手間が掛かるため、その分費用も高くなるのです。

宇都宮市は住み良い町として栄える都市ですから、家屋が密集する地域もあるでしょう。
解体予定の建物が狭小地に建っているという方は、費用が高くなる可能性があるという事を頭に置いておきましょう。

宇都宮市で解体費用を抑えるためのポイント

宇都宮市で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は、高くなるばかりではありません。
少しの手間や工夫次第では、安く抑える事も出来るのです。

宇都宮市で解体費用を抑えるポイントについて、いくつかご紹介しましょう。

宇都宮市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

宇都宮市には、解体工事の際に利用できる補助金制度が設けられています。
このような制度を利用する事も、解体費用を削減する方法の一つです。

制度 内容
老朽危険空き家除却費補助金 老朽化して倒壊や建築材の飛散の恐れがある、危険な空き家の除却に関する費用の一部を補助
宇都宮市民間建築物アスベスト除去等補助制度 建築物に使用されている吹き付けアスベストの除去等に掛かる費用の一部を補助

宇都宮市で、古い建物の解体を予定している方は、ぜひ活用してみて下さい。
ただし、これらの制度は誰でも簡単に受けられるというものではありません。

自治体の定めた基準を満たす建物のみが、補助金を受けられるのです。
それには、事前の申請や審査が必要ですから、前もって手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事に関わる作業には、業者に依頼せずとも、自分で出来る事もありますよね。
そういった事をなるべく業者に頼まず自分でやるというのも、解体費用を抑えるポイントの一つです。

まず、解体業者を選ぶ際は、紹介ではなく自分で探して直接契約をしましょう。
建て替えやリフォーム等の場合に多いのが、ハウスメーカーや工務店からの紹介です。

しかし、そのほとんどの場合に中間マージンが発生します。
また、家屋内に残る不要品の処分は、解体業者に依頼する事も出来ます。

ただし、産業廃棄物としての処分になるため、費用が割高になるのです。
宇都宮市のごみの回収や、粗大ごみの日を利用して自分で行えば、数百円~数千円で処分する事が出来ます。

このように、少しの手間を掛けるだけでも、解体費用は安く抑える事が出来るのです。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を抑えるためのポイントは、見積りの段階にもあります。
始めから1社に絞るのでは無く、複数の業者から見積りを取って比較しましょう。

業者同士を競わせる事で、見積り金額が安くなる可能性があります。
また、内容や対応を比べる事で、より自分に合った優良な業者を選ぶ事にも繋がります。

しかし、いくつもの業者を回って見積りを取るのは、非常に時間も労力も掛かる事でしょう。
そこでオススメなのが、見積りサイトです。

家に居ながら、ネットで簡単に複数の業者の見積りを取る事が出来ます。
そのようなサイトでは、登録する業者を厳しく審査していますから、いわゆる「悪徳」と呼ばれるような業者に当たるリスクを軽減できる点も、オススメの理由です。

当サイトがオススメする一括見積サイトには、宇都宮市周辺の解体業者の登録も数多くあります。
気になった方は是非一度、見積りだけでも取ってみ下さいね。

宇都宮市と解体のまとめ

宇都宮市と解体のまとめ

栃木県宇都宮市の解体費用の相場は、坪単価2.9~4.7万円ほどです。
しかし、解体費用は建物の構造や大きさ、立地などの様々な条件によって変動します。

ですから、予算は相場よりも多めに用意しておきましょう。
宇都宮市には、空き家の除却やアスベストに関する補助金制度が設けられています。

該当する場合は、ぜひ活用してみて下さい。
解体費用を抑えるためには、業者は自分で探して直接契約をしましょう。

複数の業者から見積りを取り比較する事も、価格競争に繋がり効果的です。
見積りサイトなどを活用すれば、初めてでも安全に業者選びが出来るでしょう。