和歌山市の解体

紀伊半島に位置する和歌山県。
山々に囲まれた、自然豊かな街です。

そんな和歌山県で、所有する家屋や店舗などの解体工事をお考えの方もいるでしょう。
そこで、把握しておきたいのが費用です。

しかし、解体費用の相場は、地域によって異なります。
そこで今回は、和歌山県の中でも、県庁所在地である「和歌山市」の解体費用について、詳しく解説したいと思います。

是非、参考にしてみて下さい。

和歌山市の解体費用の単価坪は?

和歌山県和歌山市の解体費用の坪単価は、どれくらいなのでしょうか。
実際の費用例とあわせてご紹介しましょう。

和歌山市の解体費用の坪単価

和歌山市の解体費用の平均的な坪単価は、以下のとおりです。
建物の構造によって相場は異なります。

構造 坪単価
木造 2.6万円
鉄骨造 2.8万円
RC造 3.1万円

木造に比べて、鉄骨や鉄筋を使用した建物は、頑丈に出来ています。
しかしその分、解体するのにも手間が掛かるのです。

ですから、一般的には木造よりも鉄骨造やRC(鉄筋コンクリート)造の建物の方が、解体費用は高くなる傾向にあります。
ただし、鉄筋や鉄筋などの金属は、再利用が出来るため業者が買い取ってくれるケースが多いのです。

和歌山市は、他の地域に比べ鉄骨造やRC造の解体費用が安いのが特徴と言えます。
これは、金属の買取り金額の相場が高いのが理由なのではないかと予想されます。

また、解体工事ではこの他にも、重機の燃料費や産業廃棄物の処分代、設備費など様々な費用が掛かります。
「坪単×坪数」という計算だけでは足りないケースがほとんどですので、予算は多めに見積っておきましょう。

和歌山市の解体工事の費用例

和歌山市で実際に行われた、解体工事の費用例を少し見て行きましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造平屋 13.5坪 40.7万円 3日間
木造2階建 32.7坪 65.8万円 7日間
鉄骨造2階建 55坪 156万円 11日間
RC造2階建 53坪 158万円 12日間
木造2階建 15.2坪 45万円 5日間

相場があるとは言っても、実際に工事に掛かる費用は上記のように様々です。
それぞれの物件が持つ立地条件や、依頼する業者によっても変動します。

ですから、おおよその参考として、ご活用下さい。

和歌山市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

和歌山市で解体費用が高くなるのはどんなケースか

解体費用は、様々な要因によって変動します。
ですので、相場よりも高くなってしまう事があるのです。

和歌山市で、解体費用が高くなるのは、どのようなケースなのでしょうか。
注意点などもご一緒に解説します。

アスベストを含んだ建物

築年数の古い建物の解体で気を付けたいのが、「アスベスト」です。
アスベストは、1990年代ごろ多くの建材に使用されていた天然の鉱物繊維の一種。

「奇跡の鉱物」として重宝されていましたが、後に人体への影響がある事が発覚し、現は使用が禁止されています。
しかし、アスベストが使用されていた時代に建てられた古い建物には、未だに含まれている可能性があるのです。

アスベストは、非常に細かい繊維から成っています。
そこにあるというだけでは特に問題はないのですが、解体工事となると話は違ってきます。

解体によって飛散したアスベストの繊維を吸い込むと、肺に刺さり様々な病気の原因となるのです。
ですから、アスベストを含む建物の解体工事は、専門業者が行わなければなりません。

当然、その分費用が高くなるのです。
和歌山市にも、築年数の古い建物は数多く存在するでしょう。

古い建物の解体をお考えの方は、事前にしっかりとアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

解体費用を左右する要因は様々ですが、中でも「立地条件」によって高くなるケースは多いもの。
特に、住宅密集地などの狭小地に建つ家屋の解体費用は、相場よりも高くなると考えてよいでしょう。

隣接する道路が狭く重機が入れない場合、機械で行う作業を人の手で行う事になります。
人件費や工期が掛かる分、解体費用は高くなるのです。

交通誘導員を設置する場合もあり、それもまた費用が嵩む原因になります。
また、周辺の建物との距離が近ければ、騒音や粉塵対策の設備を強化しなくてはなりません。

このように、狭小地での解体工事は非常に手間が掛かるため、費用が高くなる傾向にあるのです。
和歌山市で、狭い土地や住宅街での解体工事を予定している方は、多めに予算を組んでおくと安心でしょう。

和歌山市で解体費用を抑えるためのポイント

和歌山市で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は、高くなるばかりではありません。
相場よりも安く抑えるポイントがあるのです。

和歌山市で、解体費用を安くするにはどうしたらよいのか、詳しく見て行きましょう。

和歌山市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

和歌山市には、解体工事の際に利用できる補助金や助成金制度が設けられています。
その一部をご紹介しましょう。

制度 内容
和歌山市不良空家の除却に係る補助金 老朽化の進んでいる危険な空き家の撤去費用の一部を補助
住宅耐震改修事業 耐震診断の結果、耐震性が低いと判定された旧耐震基準の戸建て住宅の建替え費用の一部を補助
和歌山市ブロック塀等耐震対策事業 道路に面した危険なブロック塀などの撤去や、軽量の塀などへのやり替えに要する費用の一部を補助

このような制度を利用する事で、解体費用の削減になるでしょう。
特に、長年放置された空き家は事故などの心配もあり、非常に危険です。

市の補助だけでは足りないかもしれませんが、これを機に解体工事を検討してみると良いでしょう。
ただし、これらの制度は、誰でも無条件に利用できるものではありません。

それぞれに定められた基準があり、それを満たす建物の解体時にのみ利用出来るのです。
事前に申請をし、審査を受ける必要があります。

該当しそうな方は、前もって手続きを行いましょう。
詳細については、お住まいの地域を管轄する役所などにお問い合わせください。

自分で出来る事は業者に依頼しない

見積りを取ると分かるかと思いますが、解体工事に関する項目は非常に多くあります。
業者に依頼する事が多ければ多いほど、当然費用も高くなります。

しかし、中には自分で出来るものもあるのです。
そのような事を、少しの手間をかけて自分で行う事で、解体費用の節約になります。

例えば、家財などの不要品は、工事の際に処分をしてもらう事も出来ます。
しかし、業者に依頼をすると産業廃棄物としての処分になるため、費用が割高になるのです。

和歌山市の粗大ごみの回収などを利用すれば、費用は数百円~数千円程度で済むでしょう。
また、解体業者選びもなるべく自分で行いましょう。

他社からの紹介の場合、中間マージンが発生するからです。
解体後の建物滅失登記も、専門家に依頼せずとも自分で出来る簡単な申請と言えます。

このように、業者に依頼する項目を減らす事で、解体費用の削減になるのです。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を抑えたいのなら、複数の業者から「相見積り」を取るのがポイントです。
業者同士を競わせる事で、費用が安くなる可能性があります。

また、近年では不法行為や事故などが相次ぎ、解体工事業界には「悪徳」と呼ばれる業者も存在します。
そのような業者にあたらない為にも、複数の見積りを取り内容を比較するのは効果的なのです。

しかし、相見積りを取っている暇がない人や、自分で業者を探すのが不安だという方もいますよね。
そんな時には、是非「一括見積サイト」を利用してみて下さい。

ネットで簡単に、複数の業者の見積りを取る事が出来ます。
このようなサイトでは、業者を厳しく審査した上で登録していますから、悪質な業者を避ける事が出来るのも、オススメのポイントなのです。

当サイトがオススメしている見積りサイトには、和歌山市近郊の業者の登録もあります。
気になる方は、是非一度、見積りを取ってみてくださいね。

和歌山市と解体のまとめ

和歌山市と解体のまとめ

和歌山市の解体費用の相場は、坪単価2.6~3.1万円ほどです。
構造や大きさ、立地など、様々な条件によって変動しますから、おおよその参考として活用してください。

和歌山市には、解体工事の際に利用できる補助金制度があります。
補助金を受ける事で、解体費用の削減に繋がるでしょう。

事前の審査が必要ですので、前もって申請を行いましょう。
また、解体費用を抑えるためには、複数の業者から見積りを取って比較する事がポイントです。

見積りサイトなどを利用すれば、初めてでも安全に業者選びが出来るでしょう。