解体工事と夜間

解体工事は、なるべくなら早く済ませたいものです。
一般的には、朝から夕方までの時間で行うものでしょう。

しかし、夜間も工事が出来るとしたら工期はとても短くて済みますよね。
費用も抑えられるかもしれません。

しかし、騒音や振動などご近所への迷惑が気になります。
そこで今回は、解体工事を夜間に行っても良いのかについて、詳しくお話しましょう。

夜間の解体工事は出来ない場合がほとんど

結論から申し上げますと、ほとんどの場合は夜間の解体工事は出来ないでしょう。
その理由はいくつか挙げられます。

詳しく見ていきましょう。

夜間に解体工事が出来ない理由は?

夜間に解体工事が出来ないのは、やはり騒音や振動などが理由です。
大きな建物を解体する訳ですから、どんなに気をつけて作業をしても、大きな騒音や振動と伴います。

夜間や早朝はほとんどの人が眠りについている時間です。
その時間に工事を行うという事は、近隣住民の睡眠を妨害し、健康や仕事などの日常生活に影響を及ぼす事になるでしょう。

ですから、その時間帯に騒音や振動の発生する工事は許されていないのです。

夜間などの解体工事の時間の規制

解体工事の作業時間についての様々な取り決めは、「騒音規制法」という法律に記されています。
住宅地や商業地などは「1号区域」、工業地域は「2号区域」とされ、作業時間や時間帯、騒音の大きさについても決められているのです。

第1号区域の作業時間帯は、午前7時~午後7時、第2号区域は午前6時~午後10時とされています。
騒音の大きさはいずれも85db(デシベル)以下です。

つまり、どんなに遅くても夜間10時~朝6時までの間は基本的に解体工事は出来ないという事になります。
自治体によっても条例などで様々な取り決めが違いますから、一度確認しておくと良いでしょう。

夜間に解体工事がしたい時は業者に相談してみよう

例えば、店舗の内装工事などでどうしても夜間に解体工事がしたい場合もあるでしょう。
そのような場合は、建物の管理人や解体業者に相談をしてみましょう。

立地条件や工事の種類によっては、特別に許可が出る場合もあるようです。

夜間や早朝の解体工事はご近所トラブルの元に

夜間や早朝の解体工事はご近所トラブルの元に

原則として夜間の解体工事はしてはいけません。
しかし、中には工期の遅れなどを取り戻すために夜間や早朝に工事を行う悪徳業者もいるのです。

もしも業者が勝手に夜間や早朝に解体工事を行ってしまった場合、ご近所からは苦情が来るでしょう。
そしてご近所トラブルへと発展してしまうかもしれません。

解体後、新たにそこに家を建てて住む場合などは特に、近隣住民とのトラブルは避けたいものです。

時間を守って解体工事を行う業者に依頼しよう

解体工事は、先ほどの規制をしっかりと守って作業を行ってくれる業者に依頼しましょう。
勝手に夜間や早朝に工事を行うなどの時間を守らない悪徳業者に依頼してしまった場合、近隣の住民に多大な迷惑をかけますし、ご近所トラブルにもなりかねません。

信頼出来る業者を選ぶには、事前に複数の業者から見積りを取りましょう。
とは言え、いくつもの業者に足を運ぶのは大変です。

オススメなのは、ネットで見積りが出来る一括見積りサイト。
一度に複数の見積りを取る事が出来ます。

独自の審査基準を設け、登録の時点で業者をふるいにかけていますから、短時間で優良業者と出会う事が出来るでしょう。

解体工事と夜間のまとめ

解体工事と夜間のまと

解体工事は基本的に、夜間や早朝には出来ません。
一般的に近隣住民が眠りについている時間帯に騒音や振動などを発生させる事は、多大な迷惑がかかるからです。

解体工事の時間については、「騒音規制法」で定められています。
しかし、中にはこの規定を守らず夜間や早朝に作業を行う解体業者もいるのです。

解体工事は、時間を守って工事を行う信頼出来る業者に依頼しましょう。