山形市と解体

様々な理由により、持ち家などの解体工事を行う機会があるでしょう。
そんな時、把握しておきたいのが解体費用です。

リフォームなどの場合には特に、解体費用を抑えて建設工事に当てたいものですよね。
しかし、解体費用の相場というのは、実は地域によって差があります。

中でも今回は、山形県の県庁所在地である山形市の解体費用について、詳しく解説したいと思います。
山形市周辺で解体工事をお考えの方は、是非参考にしてみて下さいね。

山形市の解体費用の単価坪は?

山形市で家の解体工事を行う場合、費用はどれくらい掛かるのでしょうか。
詳しく見て行きましょう。

山形市の解体費用の坪単価

山形市の解体費用の相場を、坪単価でまとめてみました。

構造 坪単価
木造 2.2万円
鉄骨造 2.6万円
RC造 5.0万円

解体費用の相場は、建物の構造によって異なります。
それは、頑丈に作られている建物ほど、解体するのにも手間が掛かるからです。

ですから、主に木材で作られている建物よりも、鉄骨や鉄筋を使用した建物の方が、解体費用は高くなる傾向にあります。
ただし、金属の買取り金額によっては、結果的に解体費用が安くなる事はあり得ます。

また、解体工事では上記の他に、人件費や設備費、産業廃棄物の処分代など様々な費用が掛かります。
解体工事の予算は、相場よりも多めに用意をしておきましょう。

山形市の解体工事の費用例

山形市でこれまでに、実際に行われた解体工事の費用例をご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造2階建 30坪 189.3万円 25日間
木造2階建 62坪 166.5万円 12日間
木造平屋 20坪 72.8万円 5日間
鉄骨造2階建 45坪 132万円 16日間
木造2階建 39坪 158万円 12日間

解体費用に相場があるとは言え、実際にはその物件ごとの様々な条件により変動します。
ですから、坪単価と坪数だけで予算を見積るのは少々危険です。

また、工事が始まってから地中埋設物が発見されたり、予想外の事態によって追加費用が掛かる事もあります。
ですから、上記はおおよその参考程度にご活用下さい。

山形市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

山形市で解体費用が高くなるのはどんなケースか

解体費用は、様々な条件により変動します。
山形市の解体工事で、費用が高くなってしまうケースは、どんな場合なのでしょうか。

アスベストを含んだ建物

古い建物の解体で気を付けたいのが「アスベスト」です。
アスベストについて騒がれ始めてから数十年が経ちますが、未だに解決はしていません。

アスベストとは、天然の鉱物繊維の一種です。
使い勝手の良さやコストの安さから「奇跡の鉱物」と呼ばれ、1990年代まで建材などに多く使用されていました。

しかし、肺がんなどの健康被害を招く可能性がある事が発覚。
現在は使用が完全に禁止されています。

しかし、規制がされる前に建てられた古い建物には、未だにアスベストが含まれている可能性があるのです。
アスベストは空気中に飛散しやすく、解体によって舞い上がった繊維を吸い込むと様々な病気の原因となります。

アスベストを含む建物の解体工事は、専門業者が行う事が義務づけられており、その分費用が高くなるのです。
山形市にも、築年数を重ねた古い建物は数多くあります。

事前にしっかりと、アスベストの含有の有無について調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

狭小地や入り組んだ場所などに建てられた家屋の解体は、非常に手間が掛かります。
重機や作業車が入れず手作業になったり、交通誘導員を設置したりと、その分費用が高くなる傾向にあるのです。

また、隣家との距離が近いケースでは、足場が組みにくい事や、騒音・粉塵対策の強化などによっても費用は嵩みます。
このように、立地条件は解体費用を大きく左右する一因なのです。

山形市にも、狭小地に建つ建物は数多くあるかと思います。
そのような建物の解体をお考えの方は、相場よりも費用が高くなる可能性がある事を、頭に入れておきましょう。

山形市で解体費用を抑えるためのポイント

山形市で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は変動するものですが、高くなるばかりではありません。
工夫次第では、相場より安く抑える事も可能です。

山形市で、解体費用を抑えるポイントについて、詳しく解説しましょう。

山形市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

山形市には、解体工事の際に利用できる補助金や助成金制度があります。
そのような制度を上手く活用する事で、トータル的に解体費用は安く抑えられるでしょう。

制度 内容
老朽危険空き家除却補助事業 老朽化し、危険な空き家の除却に関する費用の一部を補助
在宅介護支援住宅改修補助事業 住宅を高齢者・障がい者等に適するように改修工事(バリアフリー工事)を行う際の、費用の一部を助成

これらの制度は、無条件に誰でも受けられるものではありません。
定められた基準があり、それを満たす場合にのみ受ける事が出来るのです。

工事が始まってからでは受けられない制度もあります。
空き家の除却やバリアフリー工事などをお考えの方は、是非一度、お住まいの地域を管轄する役所などに問い合わせてみましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事に関わる項目には、様々なものがあります。
業者に依頼しておけば自ずと工事は終わりますが、当然その分費用が掛かります。

ですが実は、自分で行う事で、解体費用の削減になる項目は、意外に多くあるのです。
例えば、家屋内に残る不要品は、工事の際に業者に依頼する事が出来ます。

しかしその場合、産業廃棄物としての処分になるため、費用が割高になるのです。
そこで、山形市の地域のごみの回収などを利用して自分で行えば、粗大ごみであっても費用はそれほど掛かりません。

また、解体業者を選ぶ際も、建設業者などからの紹介では、中間マージンが発生するケースがほとんどです。
ですので、自分で探して直接契約をしましょう。

解体後に行う「建物滅失登記」も、専門家に依頼をすると平均で5万円以上の費用が掛かります。
しかし、実は登記と言っても必要な書類を揃えて提出するだけの簡単なものです。

自分で行えば、費用はほとんど掛かりません。
このように、少しの手間をかけるだけでも、解体費用は節約できるのです。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を抑えたいのなら、業者選びは重要なポイントです。
目星をつけるのは良い事ですが、始めから1社に決めるのではなく、複数の業者から見積りを取って比較をしましょう。

価格競争をさせる事で、費用が安くなる可能性があります。
また、いくつかの業者の見積り内容や対応を比べるうちに、優良業者を選ぶ事に繋がるのです。

しかし、複数の業者の見積りを取ると言っても、手間や時間が掛かります。
そこで、オススメなのが、一括見積サイトです。

ネットで簡単に、相見積もりを取る事が出来ます。
また、そのようなサイトでは、事前にしっかりと業者を審査してから登録しています。

ですから、いわゆる「悪徳業者」を避ける事が出来る点も、オススメのポイントなのです。
当サイトがオススメしている見積りサイトには、山形市周辺の解体業者の登録もあります。

気になる方は、ぜひ一度、見積りを取ってみて下さい。

山形市と解体のまとめ

山形市と解体のまとめ

山形市の解体費用の相場は、坪単価2.2~5.0万円ほどです。
ただし、建物の構造や立地条件など、金額を左右する要因は数多くあります。

ですから、実際の費用は相場とは異なるケースも多いのです。
費用を安く抑えるには、解体工事業者選びは自分で行いましょう。

複数の会社から見積りを取って価格競争をさせ、比較するのがポイントです。
また、山形市には、解体工事の際に利用できる補助金制度が設けられています。

そのような制度を活用する事でも、解体費用は大きく削減できるでしょう。