解体工事と安い

家屋の解体工事には、多くの費用がかかります。
なるべくなら安い金額で済ませたいものですよね。

解体工事の費用を抑えるには、どうしたら良いのでしょうか。
そこで今回は、解体工事を安い費用で行うポイントについて、詳しく解説したいと思います。

安い費用で解体工事をするポイント

なるべく安い費用で解体工事を行うには、いくつかのポイントがあります。
事前に知っておく事で費用を抑えられますから、しっかりと押さえておきましょう。

補助金を利用して安い費用で解体工事をする

築数十年が経ち老朽化が進んだ家屋は、倒壊の恐れがあります。
そう言った危険を伴う家屋には、解体工事をするにあたって補助金が出る事があるのです。

そのような補助金制度を利用する事で、安い費用で解体工事が出来るでしょう。
しかし、補助金はどんなケースでも受けられるという訳ではありません。

自治体によってその金額も審査基準も異なるのです。
審査結果が出るのにしばらく時間もかかりますから、事前に自治体に確認をし、早めに審査を受けましょう。

安い費用で解体工事をするには業者に直接依頼する

解体工事をなるべく安い費用で行いたいのなら、解体業者に直接依頼をしましょう。
ハウスメーカーや工務店などに紹介を依頼すると、中間マージンが発生し割高になります。

数パーセントとは言え、解体工事の費用自体がもともと高額ですから、大きな金額になるのです。
そこを押さえるだけでも、費用に差が出るでしょう。

安い費用で解体工事をするために自分で出来ること

安い費用で解体工事を行うためには、自分で出来る事はなるべく自分で行うというのがポイントの一つです。
例えば、家具や家電などの不要品の処分は、解体業者に依頼する事も出来ますが、産業廃棄物の処理には当然費用もかかります。

しかし、地域の粗大ゴミやリサイクル等を利用して自分で処分すれば、数百円~数千円で処分出来てしまうのです。
また、庭の木を切っておく等のDIYを行う事も、解体費用を抑える事に繋がるでしょう。

安い費用で解体工事をするには相見積もりを

解体工事の費用を抑えるには、複数の業者から同時に見積りを取る「相見積もり」がオススメです。
業者同士を競わせる事によって、安い費用で工事を行う事が出来るでしょう。

しかし、複数の業者を探して連絡を取り見積りを依頼するのは時間も労力もかかります。
オススメなのが、ネットで簡単に相見積もりが取れる一括見積りサイトなどを利用する事です。

多くの見積りサイトでは、独自の審査基準を設け登録の際に業者をふるいにかけています。
ですから、悪徳業者と呼ばれる業者を避ける事が出来るのです。

短時間で優良業者を見つけるには、オススメでしょう。

あまりにも安い解体工事業者には要注意

あまりにも安い解体工事業者には要注意

できるだけ安い費用で解体工事を行いたいと思うのは当然の事です。
しかし、あまりにも安い解体業者には注意が必要でしょう。

費用を抑えるために、産業廃棄物の不法投棄などを行う悪徳業者も存在するのです。
当然の事ながら、不法投棄は犯罪。

業者だけでなく、施主側も罰せられる可能性があります。
また、費用を抑えるために工事中の散水を怠ったり、ボロボロの養生シートを使用する業者もあるでしょう。

この場合、粉塵や騒音が防ぎ切れず近隣に迷惑をかける事があります。
クレームやご近所トラブルの元となりますから、散水などの工程をしっかりと行ってくれる業者に依頼する事が大切です。

解体工事と安いのまとめ

解体工事と安いのまとめ

安い費用で解体工事を行うには、補助金を利用したり業者に直接依頼をする等の様々なポイントがあります。
いずれも、事前の準備が重要なポイントとなるでしょう。

しかし一方で、あまりにも安い解体業者はオススメ出来ません。
解体費用を抑えるために、必要な作業を怠ったり産業廃棄物の不法投棄を行う悪徳業者も存在するからです。

必要な事はしっかりと行い、不要な部分で費用を抑えてくれる信頼出来る解体業者を選びましょう。
そのためにも、一度に複数の業者から見積りを取る「相見積もり」がオススメです。