解体 横浜市

どんなに頑丈な建物も、老朽化等により取り壊さなくてはならない時が来ます。
また、家族構成の変化などに伴い、リフォームを行う場合もあるでしょう。

そこで、把握しておきたいのが掛かる費用です。
しかし、解体費用の相場は、実は地域によって異なります。

中でも今回は、中華街や横浜ランドマークタワーなどで賑わう、神奈川県横浜市での解体工事について、詳しく解説したいと思います。
横浜市にお住まで、家屋の解体工事をお考えの方は、ぜひ参考にして下さい。

横浜市の解体費用の単価坪は?

横浜市で解体工事を行う場合の費用の相場について、詳しく見ていきましょう。

横浜市の解体費用の坪単価

横浜市の解体費用の坪単価は、以下の通りです。

構造 坪単価
木造 4.2万円
鉄骨造 4.9万円
RC造 7.3万円

解体費用の相場は、建物の構造によって異なります。
RC造(鉄筋コンクリート造)などの建物は、木造に比べて頑丈なため、解体するのにも手間が掛かるからです。

また、上記は解体するのに掛かる費用の相場であり、工事のトータルの金額ではありません。
解体工事ではこの他にも、人権費や設備費、立地条件に合わせた様々な費用が掛かるのです。

ですから、解体費用は、相場よりも多めに準備をしておきましょう。

横浜市の解体工事の費用例

横浜市で、実際に行われた解体工事の費用例を少しご紹介しましょう。

所在地 構造 坪数 費用 工期
横浜市 木造2階建 15坪 54.8万円 5日間
横浜市鶴見区 木造2階建 35.8坪 198万円 13日間
横浜市都筑区 鉄骨造3階建 65坪 416万円 45日間
横浜市 木造平屋 16.3坪 96.5万円 9日間
横浜市旭区 RC造3階建ビル 63坪 956万円 50日間

   

これらは、数ある事例のほんの一部です。
ですから、おおよその参考程度にご活用下さい。

解体工事は、立地条件や工事を行う時期、業者のやり方などによっても変動します。
詳しい費用に関しては、業者の立ち会いで行われる「現場見積り」の際に確認するのが確実でしょう。

横浜市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

横浜市で解体費用が高くなるのはどんなケースか

建物の解体に掛かる費用は、同じ広さや構造であっても、物件によって異なります。
横浜市で解体費用が相場よりも高くなるケースには、どのような要因があるのでしょうか。

アスベストを含んだ建物

横浜市に限った事ではありませんが、解体費用が高くなる要因の一つが「アスベスト」の含有です。
アスベスト問題は、これまでメディアでも多く取り上げられてきましたので、一度は耳にした事があるのではないかと思います。

アスベストは、1990年代始め頃まで建材や車の部品などに多く使用されていた、天然の鉱物繊維です。
酸やアルカリに強く、耐久性や耐熱性にも優れているため「奇跡の鉱物」とも呼ばれていました。

しかし、後に発ガン性などのリスクがある事が発覚。
段階的な規制を経て、現在は使用が完全に禁止されています。

解体によって飛散したアスベストを吸い込んだ場合、肺がんや中皮腫などの健康被害を招く危険性があるのです。
そのため、アスベストを含んだ建物の解体は、専門業者による適切な処理が法律で義務づけられています。

ですから、その分解体費用は高くなるのです。
完全に使用が禁止となった2006年以前に建てられた建物には、アスベストが含まれている可能性があります。

人の健康に関わる事ですから、例え費用が高くなっても、アスベストの処理は専門業者に依頼をしましょう。

狭小地での解体工事

住宅や店舗などが密集した地域では、狭小地に建っている建物が多くあります。
そのような建物の解体工事では、重機や作業車が中まで入れません。

その場合、地道に手作業で行われる事があります。
本来、重機や作業車で行う作業を人の手で行う訳ですから、その分手間も工期も掛かります。

そのため、解体費用は高くなる傾向にあるのです。
横浜市は栄えた土地ですから、狭小地に経つ建物も珍しくないでしょう。

解体予定の建物が狭小地に建っているという方は、事前に費用に関して業者に確認をしておくと安心です。

横浜市で解体費用を抑えるためのポイント

横浜市で解体費用を抑えるためのポイント

横浜市で解体費用を抑えるためには、どのようなポイントを抑えたら良いのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

横浜市に解体工事で利用出来る補助金制度はある?

横浜市には、解体工事の際に利用出来る以下のような補助金制度が設けられています。

制度 内容
木造住宅耐震改修促進事業 耐震診断の結果、倒壊の危険性が高いと判断された家屋に対し、耐震改修のための工事費用の一部を補助
横浜市民間建築物吹き付けアスベスト対策事業 店舗や事務所などの民間施設において、アスベストの含有が認められた場合に、処理費用の一部を補助
横浜市金沢区「茶の間」支援事業 金沢区内の空き家や空き店舗等を賃貸し、地域の活性化に向けた取組みをする際に、開設にあたっての費用の一部を助成金により支援

これらの制度を利用する事によって、解体費用は大きく削減出来るでしょう。
ただし、補助金制度を利用出来るのは、横浜市が定めた基準を満たす建物だけです。

事前の申請や審査も必要ですから、前もって手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体費用を抑えるには、自分で出来る事は業者に依頼しないという事がポイントです。
例えば、解体工事の前には、不要品の処分をしなくてはいけません。

空き家であった場合は、特に多くの不要品が出る事でしょう。
不要品の処分は、実は解体業者に依頼することも可能です。

しかし、その場合には産業廃棄物として処分されますから、費用が高くなります。
ですから、不用品の処分は自分で行いましょう。

横浜市のごみの日や、リサイクルなどを利用すれば、処分費用はほとんど掛かりません。
箪笥やベッドなどの大きな家具も、粗大ごみとして出せば数百円~数千円程度で処分が出来るのです。

また、解体業者探しも、紹介の場合には中間マージンが発生するケースが多いもの。
自分で探して直接契約する事で、中間マージン分の費用の削減になります。

このように、業者に依頼しなくても出来る事を自分で行えば、解体費用の節約になるのです。

複数の業者から見積りを取ろう

解体業者を選ぶ際には、始めから1社に決めるのではなく、複数の会社から見積りを取るのがポイントです。
見積りを比較する事で相場も分かりますし、価格競争に繋がり費用が安くなる可能性があります。

とは言え、いくつもの見積りを自分で取るのは手間も時間も掛かります。
そこで、オススメしたいのが「一括見積サイト」です。

ネットで簡単に、複数の業者から見積りを取る事が出来ます。
また、このようなサイトでは、登録の際に業者をしっかりと審査しています。

ですから、いわゆる悪徳業者に当たるリスクが少ない点も、オススメのポイントなのです。
当サイトがオススメしている見積りサイトには、横浜市の業者も多数登録しています。

気になる方は、ぜひ一度、見積りを依頼してみて下さい。

横浜市と解体のまとめ

横浜市と解体のまとめ

横浜市の解体工事の費用の坪単価は、4.2~7.3万円ほどが相場です。
建物の構造や立地条件等によっても変動します。

横浜市で解体費用を抑えるには、補助金制度の利用がオススメです。
事前の審査が必要ですから、工事が始まる前に手続きをしましょう。

また、複数の業者から見積りを取る事や、出来る事は自分で行うという事も、費用を抑えるポイントです。