解体工事の残置物

解体工事の際の追加費用などでも問題になるのが「残置物」です。
残置物とは読んで字の如く、解体する建物に残った物。

依頼主が置いていった不要な物です。
残置物の処分は解体業者が請け負ってくれる場合もありますが、かなり高額となるでしょう。

そこで今回は、解体工事の際の残置物の処分について、詳しくお話したいと思います。

解体工事の残置物の処分費用は?

解体工事の残置物処分を業者に依頼した場合の費用は、業者によっても異なります。
一般的な相場としては、4トントラック1台分あたり約7万円~10万円ほどのようです。

費用は4トン単位ですから、処分してほしい残置物がそれほどない場合は、かなり割高になってしまうでしょう。

解体工事の残置物の処分は業者に頼むと高い?

そもそも解体工事の際に出る残置物は、業者に処分を依頼すると割高になるでしょう。
解体工事の際に出る廃棄物は、残業廃棄物です。

一方、残置物とは一般廃棄物にあたります。
多くの業者は産業廃棄物に関する許可は得ていますが、一般廃棄物の処分の許可は得ていません。

ですから、業者が依頼を受けたとしても、更にまた他の専門業者に依頼をして処分しなければならないのです。
残置物の処分は、業者も他の専門業者に費用を支払って行うため、割高になるでしょう。

ただし、解体工事の際にも多く出る「金属」「プラスチック」「木材」に関しては、残業廃棄物と一緒に安く処分してくれる業者もあるようです。
いらなくなった木製の家具や金属製品などがある場合は、事前に業者に相談してみると良いでしょう。

解体工事の残置物の処分はなるべく自分でしよう

解体工事の残置物の処分はなるべく自分でしよう

基本的に、解体工事の残置物は業者に依頼をすると高額な費用がかかります。
しかし、地域のゴミの日や不要品リサイクルなどを利用し自分で処分すれば、費用を大幅に抑える事が出来るでしょう。

ですから、残置物は解体工事が始まる前に、なるべく自分で処理する事がポイントなのです。

自分で処分出来る解体工事の残置物

自分で処分出来る残置物にはどんな物があるのでしょうか。

  • 家庭ゴミ
  • 粗大ゴミ
  • リサイクル出来るもの

食品や衣類、本などの家庭ゴミは、地域のゴミの日に出す事で費用はほとんどかかりません。
布団やマットレスなどは業者に依頼すると数千円~数万円の処分費用がかかるでしょう。

しかし、粗大ゴミとして出せば1点あたり数百円~2,000円程度で済みます。
また、まだ使える物に関しては、リサイクルショップや買い取り専門店に持ち込めば利益になる事もあるでしょう。

知り合いに譲るというのも一つの方法です。
このように、解体工事の残置物はなるべく自分で処分をする事で、費用を抑える事が出来ます。

リサイクル家電の残置物処分には注意

テレビやエアコン、冷蔵庫、洗濯機、パソコン等はリサイクル家電といい、決められた方法で処分しなければなりません。
これらの残置物は、購入した家電量販店などで引き取りをしてくれる場合もありますので、事前に確認をしておきましょう。

解体工事で不要となったリサイクル家電を自分で処分する場合は、自治体によっても方法が異なりますから注意が必要です。

解体工事の残置物に関して相談出来る業者を選ぼう

解体工事の残置物に関して相談出来る業者を選ぼう

解体業者を選ぶ際に、残置物の処分についての相談にも乗ってくれる業者を選ぶ事もポイントの一つです。
また、中には処分依頼を受けた廃棄物を不法投棄するような悪徳業者も存在します。

不法投棄に関しては、業者だけでなく依頼主側も責任を問われる可能性もありますから注意が必要です。
そのような悪徳業者を避けるためには、事前に複数の業者から見積りを摂る事がポイントでしょう。

一括見積りサイトなどを利用すれば、短時間で優良な解体業者を見つける事が出来ます。
多くの見積りサイトでは、独自の審査基準を設け、登録の際に業者をふるいにかけているからです。

また、複数の業者を競わせる事で、解体工事の費用を抑える事も出来るでしょう。

解体工事と残置物のまとめ

解体工事と残置物のまとめ

解体工事の際の残置物の処分は、解体業者に依頼をする事も出来ます。
しかし、解体業者自身もまた別の専門業者に費用を支払って処分をするため、高額になるケースが多いのです。

家庭ゴミとして処分出来る物は、事前に自分で処分しておく事で費用を抑える事が出来るでしょう。
また、木材や金属などに関しては、解体工事で出る廃棄物と一緒に処分してくれる場合があります。

残置物は、自分で処分する物と業者に依頼する物とを事前に決めておく事が重要です。
前もって計画的に処分する事で、費用を抑える事が出来るでしょう。