蒲郡市の解体

愛知県の東三河地方にある「蒲郡市」。
海に面しており、竹島やラグーナテンボス、温泉などの観光スポットが有名です。

また、意外にもみかん(温室)の産地でもあります。
温暖な気候や豊かな自然がある一方で、名古屋市へのアクセスも悪くありません。

ですから、一度地元を離れたが、結婚や子育てを機にUターンをする人も多いようです。
そんな蒲郡市で、家屋の解体工事やリフォームをお考えの方もいる事でしょう。

そこで今回は、愛知県蒲郡市の解体費用の相場について、詳しく解説したいと思います。
地域によって異なる解体費用の相場ですので、事前に把握しておく事で、資金計画にお役立てください。

蒲郡市の解体費用の単価坪は?

愛知県蒲郡市で建物の解体を行う場合、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。
坪単価や実際の費用例をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

蒲郡市の解体費用の坪単価

こちらが、蒲郡市の解体費用の坪単価です。

構造 坪単価
木造 2.5万円
鉄骨造 2.8万円
RC造 3.5万円

上記のように、建物の造りによって相場は異なります。
ある程度一気に解体する事が出来る木造建築に比べ、鉄骨や鉄筋を使用した建物は解体する手順も複雑。

段階的な工程を踏みながら作業を行ったり、廃棄物を材料ごとに分けたりなど、非常に手間が掛かるのです。
そのため、通常は木造よりも鉄骨造やRC(鉄筋コンクリート)造の方が、解体費用は高くなる傾向にあります。

また、上記は建物の解体のみの費用の相場です。
解体工事ではこの他にも、設備費や人件費などの様々な費用が掛かるという事を覚えておきましょう。

蒲郡市の解体工事の費用例

蒲郡市でこれまでに、実際に行われた解体工事の費用例を少しご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 日数
木造2階建 60坪 239万円 14日間
木造平屋 14.2坪 24.5万円 5日間
木造平屋 23.4坪 54万円 5日間
木造2階建 30坪 75万円 8日間
2階建アパート 72坪 151.9万円 13日間

先ほどお伝えしたように、解体費用にはおおよその相場があります。
しかし、実際の工事ではその通りになるものばかりではありません。

解体費用は、建物の立地や大きさ、依頼する業者など様々な条件によって変動するからです。
また、アスベストや地中埋設物の発見などにより、追加費用が掛かる事もあります。

ですので、上記のような事例に関しては、おおよその参考程度にお考え下さい。

蒲郡市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

蒲郡市で解体費用が高くなるのはどんなケース

様々な条件に左右される解体費用ですが、予算を大きくオーバーするという事は避けたいものですよね。

蒲郡市で解体費用が高くなってしまうのはどんなケースなのかを、事前に確認しておきましょう。

アスベストを含んだ建物

老朽化した建物は、解体して建て替えたり、リフォームを行う必要があります。
古い建物を解体するにあたって気をつけたいのが、アスベストです。

アスベストとは、天然鉱物の一種ですが、かつて建材として広く使用されていました。
しかし、後に健康被害が発覚。

アスベストの繊維を吸い込む事によって、様々な病気を招いてしまうのです。
その事実が判明してから、アスベストは規制され現在では使用が禁止されています。

ただし、それ以前に建てられた建築物には、未だに含まれている可能性があるのです。

アスベストの処理は危険を伴いますから、解体費用は通常よりも高額になります。
蒲郡市は、古くから住宅の多い地域です。

蒲郡市で築年数の古い建物を解体する際には、事前にアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

住宅街など、建物が密集している場所での解体工事では、費用が割高になる傾向にあります。
蒲郡市にも、住宅密集地は多数ありますから、注意が必要でしょう。

狭い場所では重機や作業車が入れず、作業が人力となるケースが多いのです。
その分工期が延び、人件費や設備費などがかさみます。

場合によっては、交通誘導員の設置も必要でしょう。
このように、非常に手間が掛かる事から、狭小地での解体工事は高くなるのです。

狭小住宅の解体をお考えの方は、事前に多めの費用を用意しておきましょう。

蒲郡市で解体費用を抑えるためのポイント

蒲郡市で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は様々な条件に左右されますが、高くなるばかりではありません。
工夫次第では、安く抑える事も出来るのです。

ここからは、蒲郡市で解体費用を削減するためのポイントをいくつかご紹介しましょう。

蒲郡市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

蒲郡市には、解体工事の際に利用できる補助金や助成金制度が設けられています。

耐震不適格木造住宅除却費補助金

耐震診断結果が「判定値0.7未満」と診断された住宅を除却(解体)する工事等を対象に、工事費の一部を補助

ブロック塀等撤去補助事業

倒壊の危険性のあるブロック塀等を撤去される方に対して、撤去費用の一部を補助

民間木造住宅耐震改修費補助金

耐震診断結果が「判定値1.0未満」と診断された住宅を対象に、耐震改修工事を行う際の費用の一部を補助

蒲郡市では、耐震対策に関わる補助金制度が多いようです。
この他にも、様々な制度を設けていますから、気になる方は役所などに問い合わせてみましょう。

ただし、これらの制度は無条件に受けられるものではありません。
定められた基準があり、事前の審査を受けた上で、それを満たすと判断された場合に利用が出来るのです。

工事が始まってからでは申請できない制度がほとんどですので、余裕を持って手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事の完了までには、建物の解体以外にも様々な工程を踏みます。
その一つ一つに、費用が掛かっているのです。

ですから、業者に依頼する項目を減らす事が、解体費用を抑えるポイントと言えます。
例えば、小さな倉庫やデッキ、カーポートなどの簡単な解体であれば、自分で出来る人もいる事でしょう。

また、家屋内に残る家財などの不要品は、蒲郡市に粗大ゴミとして回収してもらいましょう。
業者に処分を依頼すると、産業廃棄物として見なされるため、費用が割高になるのです。

登記などの届出関係にも、書類を揃えて提出するだけで完了する簡単なものもあります。
自分で出来る事を探し、解体費用を削減しましょう。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を安く抑えたい方は、業者選びも自分で行う事をオススメします。
リフォーム会社などから紹介を受ける機会もあるかと思いますが、ほとんどの場合に中間マージンが発生するのです。

自分で選んで直接契約をすれば、費用は掛かりません。
中間マージンは解体費用の約10%とも言われていますから、大きな節約になるでしょう。

また、その際には複数の業者から見積りを取り、比較する事がポイントです。
価格競争に繋げる事で、費用が安くなる可能性があります。

そこで、オススメなのが見積りサイトです。
ネットで簡単に、複数の業者から見積りを取る事が出来ます。

そのようなサイトでは、事前の厳しい審査をクリアした優良業者のみが登録されています。
解体工事に詳しくない方には特に、安全性の面でオススメなのです。

当サイトがオススメしている一括見積りサイトには、蒲郡市周辺の解体業者も複数登録しています。
気になる方は、ぜひ一度見積りを取ってみて下さいね。

蒲郡市と解体のまとめ

蒲郡市と解体のまとめ

愛知県蒲郡市の解体費用の相場は、坪単価2.5~3.5万円ほどです。
ただし、建物の構造や立地、依頼する条件などにより変動します。

解体費用を抑えるためには、業者に依頼する項目を減らす事で、中間マージンを削減しましょう。
見積りサイトなどを利用する事で、素人の方でも簡単かつ安全に、業者探しが出来るのです。