解体工事現場での防音シートの効果

大きな建物を取り壊す解体工事では、重機などを使用するためどうしても騒音が発生してしまいます。
仕方のない事とは言え、近隣の住民のストレスを少しでも軽減するよう努める事が大切でしょう。

そこで、多くの解体工事現場で用いられるのが「防音シート」です。
この防音シートには、どれくらいの効果があるのでしょうか。

また、防音シートによって質の良い解体業者を選ぶ事も出来るのです。
詳しくみていきましょう。

騒音対策に効果的な解体工事現場用防音シートとは?

工事現場用防音シートとは、「防災シート」「メッシュシート」と共に「養生シート」と呼ばれている物の1つです。

厚さは約0.5ミリ~1ミリ程度しかありませんが、現場をこのシートで完全に覆うと、しっかりとした防音効果が期待出来ます。

また、メッシュシートの様に穴が空いていないので、解体工事で発生する粉塵(ほこり)対策の効果もあるのです。

解体工事現場の防音シートを見れば業者の質が分かる

工事現場の防音シートを見れば業者の質が分かる

一見、解体工事現場では当たり前の光景のように感じる養生シート。
しかし、防音シートなどの養生シートをチェックすれば、その解体業者の質がある程度分かるのです。

ボロボロの解体工事現場用防音シートを使う業者は良くない

使用している解体工事現場の防音シートを見れば、その解体業者がどのような事に気を配って作業をしているのかがある程度分かるでしょう。
例えば、破れたり壊れたりしている解体工事現場用防音シートを使っている業者は要注意です。

そもそも、壊れた防音シートでは本来の機能を果たせず騒音や粉塵が漏れてしまうでしょう。
解体工事でのクレームやトラブルは、その多くを騒音や粉塵に関する問題が占めているのです。

また、壊れていなくともボロボロの防音シートを使っている解体業者は、物に対する扱いが雑だという事が見て取れます。
ですから、ボロボロの防音シートを使っている業者は、物の扱いが乱雑で近隣への配慮の意識も低い可能性が高いのです。

解体工事現場用防音シートに会社名を入れている業者は良い

解体工事現場用防音シートに会社名を入れている業者を見かける事がありますよね。
そのような会社は、クレームが少なく自信を持って解体工事にを行っている所が多いものです。

また、消耗品である防音シートにわざわざ会社名を入れているという事は、利益を多く出している会社とも言えます。
儲かっている会社は、多くの場合質の良い解体工事を行ってくれるでしょう。

解体工事現場用防音シートは古くてもキレイに使用しているか

古くてもキレイな解体工事現場用防音シートを使っている業者は、丁寧で質の高い解体工事を行えると考えられます。
長い間、1つの防音シートを穴を空けずに使用出来るのは、作業員の気持ちと高い技術が無ければ出来ません。

ですから、防音シートをチェックする際は、古いか新しいかという点ではなく、キレイに使用しているかどうかを見てみましょう。

工事現場用防音シートを効果的に使う解体業者を探すには?

工事現場用防音シートを効果的に使ってくれる業者を探すには

解体工事現場用防音シートを効果的に、安全に使用して工事を行ってくれる業者を探すには、工事現場を見られたら早いものです。
しかし、実際に解体工事現場見にいく事は簡単ではありません。

そこでオススメなのが、事前に幾つかの解体業者の見積もりを取る事が出来るネットサービスです。
一括見積もりサイトでは、独自の基準を基に前もって業者を篩にかけています。

ですから、ボロボロの防音シートを使うような雑な作業を行う業者はほとんどいません。
また、幾つかの業者の見積もりを同時に取る事で、工事費用も抑えられるでしょう。

短時間で簡単に、質の良い業者から見積もりを取る事が出来るためオススメです。

解体工事現場の防音シートの効果のまとめ

工事現場の防音シートの効果のまとめ

工事現場の防音シートとは、養生シートの一つ。
密度が高く、現場を覆う事でしっかりとした防音効果や粉塵対策が出来ます。

しかし、壊れたり破れたりしている防音シートを使っている業者は、作業も乱雑な可能性があるためオススメ出来ません。
逆に、古くてもキレイに防音シートを使用していたり、シートに社名を入れている会社は信頼出来る業者である可能性が高いと言えます。

工事現場用防音シートをしっかりと効果的に使ってくれる業者を探すには、事前に幾つもの業者から見積もりを取る事がオススメです。
優良な業者を厳選している一括見積サイトなどを利用すると、短時間で質の良い業者と出会う事が出来るでしょう。