常滑市の解体

知多半島西岸のほぼ中央に位置し、伊勢湾をのぞむ知多半島。
中部国際空港が出来た事で、他地域での知名度も上がりました。

そんな常滑市には、住宅街も多く存在します。
家屋や店舗のリフォームや建て替えなどをお考えの方もいる事でしょう。

しかし、解体費用の相場は、実は地域によって異なるのです。
今回は、愛知県常滑市の解体費用の相場について、詳しく解説したいと思います。

是非参考にしてみて下さい。

常滑市の解体費用の単価坪は?

愛知県常滑市で建物の解体工事を行う場合、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。
実際の工事の費用例や、坪単価などを見ていきましょう。

常滑市解体費用の坪単価

こちらは、常滑市の解体費用の坪単価です。

構造 坪単価
木造 2.5万円
鉄骨造 2.8万円
RC造 3.5万円

上記のように、建物の構造ごとに解体費用の相場は異なります。
それは、頑丈で複雑な造りの建物ほど、解体するのに手間が掛かるからです。

木造家屋などは、ある程度重機で一気に取り壊す事が出来ます。
しかし、鉄骨造やRC(鉄筋コンクリート)造の建物は造りが複雑な分、特殊な重機や様々な工程を踏まなければなりません。

その分、多くの人員や工期を要するため、相場が高くなるのです。
また、上記は建物の解体に掛かる費用の相場であり、工事の総額ではありません。

解体工事にはこの他に、人件費や産業廃棄物の処分代、設備費など様々な費用が掛かるのです。

常滑市の解体工事の費用例

常滑市でこれまでに、実際に行われた解体工事の費用例を少し越紹介しましょう。

構造 坪数 費用 日数
木造平屋 48坪 355万円 11日間
木造2階建 31.5坪 92.8万円 7日間
木造2階建 40.3万円 88万円 9日間
鉄骨造2階建 17坪 168.3万円 9日間
木素2階建 38.9万円 124万円 7日間

解体費用には相場こそありますが、実際には上記のように、その通りになるばかりではありません。
解体費用に坪単価だけでなく、人件費や設備費など様々な費用が上乗せされます。

解体工事と言っても、作業員の数や立地、依頼する業者の経験値など条件が異なります。
ですので、一見同じような条件の建物でも、解体費用に大きく差が出るケースは珍しくないのです。

上記のような費用例に関しては、おおよその参考程度にお役立て下さい。

常滑市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

常滑市で解体費用が高くなるのはどんなケース

様々な貢献に左右される解体費用ですが、予算を大幅に超えてしまうような事は避けたいものです。
常滑市で解体費用が高くなるのはどんなケースなのか、事前に把握しておきましょう。

アスベストを含んだ建物

常滑市には、昔から多くの住宅があります。
中には、老朽化の進んだ古い建物も存在するでしょう。

築年数の古い建物は、アスベストを含有しているかもしれません。
アスベストは、1990年代ごろまで建材に多く使用されていた天然鉱物の一種です。

耐久性や汎用性に優れていたことから、「奇跡の鉱物」と呼ばれ重宝されていました。
しかし、髪の毛の約5000分の1ほどの細かなその繊維は、知らず知らずのうちに吸い込む事で肺に蓄積され、様々な病気の原因になるのです。

その事実が発覚してから、アスベストは規制され、現在は使用が禁止されています。
しかし、それ以前に建てられた建築物には、未だに含まれている可能性があるのです。

危険を伴うアスベストの処分は、専門業者が行うため高い費用が掛かります。
常滑市で古い建物の解体をお考えの方は、事前にアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

解体費用を左右する要因の一つが、作業にどれほどの手間が掛かるかという事です。
中でも、狭小地や変形地での解体工事には、高い費用が掛かるでしょう。

重機や作業車が横付け出来ない場合には、地味に手作業で行われます。
その分、多くの工期や人手を要するのです。

また、状況によっては交通誘導員を設置するケースも少なくありません。
このように、通常よりも多く手間暇が掛かる狭小住宅の解体工事は、費用も割高になるのです。

常滑市のように住宅地の多い地域では、狭い場所に建つ建物も数多くあるでしょう。
解体予定の建物が、狭小地や変形地に建っているという方は、予算を多めに組んでおくと安心です。

常滑市で解体費用を抑えるためのポイント

常滑市で解体費用を抑えるためのポイント

時に相場よりも高くなってしまう解体費用ですが、工夫次第では安く抑える事も可能なのです。
ここからは、常滑市で解体費用を抑えるためのポイントについてご紹介しましょう。

常滑市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

常滑市には、解体工事の際に利用できる補助金や助成金制度が設けられています。
その一部をご紹介しましょう。

常滑市耐震改修費補助事業(無料耐震診断も実施)

耐震診断の結果、危険であると判断された木造住宅の一定の基準を満たす改修を行う場合、費用の一部を補助

愛知県住宅用地球温暖化対策設備導入促進費補助金

住宅用地球温暖化対策設備(太陽光発電施設、家庭用エネルギー管理システム、燃料電池、蓄電池、電気自動車等充給電設備)を導入する個人に対し補助

常滑市には、この他にも様々な制度がありますから、詳しくは市役所などに問い合わせてみると良いでしょう。
ただし、これらの補助金は誰でも無条件に受けられるものではありません。

制度ごとに一定の条件が定められており、それを満たす場合にのみ利用が出来るのです。
それには、事前に審査を受ける必要があります。

工事が始まってからでは申請できない制度がほとんどですので、余裕を持って手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事が完了するまでには、様々な工程を踏みます。
その一つ一つに、費用が掛かっているのです。

ですから、業者に依頼する項目を減らす事で、解体費用は削減できるでしょう。
実は、自分で出来る事と言うのも、意外に多くあるのです。

例えば、ウッドデッキや木製の倉庫などの簡単な解体であれば、自分で出来る人もいる事でしょう。
建物内に残る家財や寝具などの不要品も、常滑市に粗大ゴミとして回収してもらうのがポイントです。

業者に依頼する事も出来ますが、産業廃棄物として見なされるため、費用が割高になってしまいます。
登記などの申請に関しても、書類を提出するだけの簡単なものもあります。

自分で出来る事を探して、解体費用を少しずつでも削減していきましょう。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を抑えたいのなら、業者選びも自分で行いましょう。
建て替えやるフォームのさいに多いのが、建設業者経由での解体業者の紹介です。

紹介なら安心感はありますが、そこには中間マージンが発生するケースがほとんどでしょう。
中間マージンは解体費用の約10%とも言われています。

ですから、業者と直接契約するだけでも、大きな費用の削減になるのです。
そして、その際には複数の業者から見積りを取り、比較をしましょう。

価格競争に繋がる事で、費用が安くなる可能性があります。
そこで、オススメしたいのが一括見積りサイトです。

ネットで簡単に、複数の業者から見積りを取る事が出来ます。
また、そのようなサイトでは、しっかりと事前審査をした上で、優良な業者だけを登録しています。

ですので、いわゆる悪徳業者に当たるリスクを軽減できるのです。
当サイトがオススメしている見積りサイトには、常滑市周辺の解体業者も登録しています。

気になる方は、ぜひ一度見積りだけでも取ってみて下さいね。

常滑市と解体のまとめ

常滑市と解体のまとめ

愛知県常滑市の解体費用の相場は、坪単価2.5~3.5万円ほどです。
ただし、建物の構造や大きさ、立地条件などの様々な要因によって変動します。

解体費用を安く抑えたいのなら、自治体の運営する補助金制度を利用しましょう。
また、業者に依頼する項目を減らす事も、費用を抑えるポイントです。

業者選びも自分で行い直接契約する事で、中間マージンを削減できます。
見積りサイトを利用する事で、素人の方でも簡単かつ安全に、業者選びが出来るでしょう。