秋田市と解体

空き家の処分やリフォームなど、建物の取り壊しをお考えの方もいる事でしょう。
そこで、事前に確認しておきたいのが費用に関する事です。

リフォームや建て替えなどの場合には、解体費用はなるべく抑えて、新たな建築工事に充てたいという方もいるでしょう。
しかし、解体費用の相場と言うのは、地域によって異なります。

中でも今回は、秋田県の県庁所在地である「秋田市」の解体費用について、詳しくご紹介したいと思います。
費用を抑えるポイントや、業者の選び方などにも触れていきますので、是非参考にして下さい。

秋田市の解体費用の単価坪は?

秋田市の解体費用の相場は、どれくらいなのでしょうか。
坪単価や、実際の費用例などをご紹介しますので、詳しく見ていきましょう。

秋田市の解体費用の坪単価

解体費用の相場は、建物の構造によって異なります。
鉄筋や鉄骨などを使用した頑丈な建物は、解体するのにも手間が掛かります。

大きな重機を使用したり、多くの人員が必要となる分、解体費用も高くなるのです。
ですから、通常は木造よりも、鉄骨造やRC造の建物の解体の方が、相場は高くなるでしょう。

秋田市の解体費用の坪単価は、以下のとおりです。

構造 坪単価
木造 2.6万円
鉄骨造 2.8万円
RC造 4.5万円

また、上記は建物の解体そのものに掛かる費用の相場です。
解体工事ではこの他に、人件費や重機の運搬代、設備費や産業廃棄物の処分代など、様々な項目があります。

「坪単価×坪数」以外に、その他の費用が掛かるという事を、頭に入れておきましょう。

秋田市の解体工事の費用例

秋田市で実際に行われた、解体工事の費用例をいくつかご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造平屋 53坪 84.8万円 8日間
木造2階建 22坪 48.3万円 6日間
RC造2階建ビル 42坪 232万円 18日間
鉄骨造平屋 25坪 67.8万円 9日間
木造2階建 35坪 80万円 7日間

上記は、数ある事例のほんの一部です。
おおよその参考程度にお役立てください。

解体費用には坪単価などの相場はありますが、実際にはそれぞれの条件やその時の気候など、様々な要因によって変動します。
ですから、自身のケースと似た条件の事例であっても、費用まで近くなるとは限らないのです。

詳しく把握したいという場合は、業者の立ち合いの下に行われる「現場見積り」で確認をするのが一番確実と言えます。

秋田市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

秋田市で解体費用が高くなるのはどんなケースか

解体費用は、様々な条件によって変動します。
場合によっては相場よりも高くなる事は、珍しくありません。

秋田市で、解体費用が高くなるのはどんなケースなのでしょうか。
注意点も踏まえて解説しましょう。

アスベストを含んだ建物

近年、社会問題にもなっている「アスベスト」。
実は、このアスベストの含有が、解体費用を高くする要因の一つなのです。

アスベストは、今でこそ人体への影響が認知され使用が禁止となっていますが、一時期は多くの建材に使用されていました。
アスベスト全盛期とも言える1990年代に建てられた建造物には、未だにアスベストが含まれている可能性があるのです。

解体によって飛散したアスベストを吸い込んでしまうと、様々な病気の原因になります。
ですから、アスベストを含む建物の解体工事は、専門業者が行わなければなりません。

それによって、解体費用は高くなるのです。
秋田市にも、築年数の古い建物は多く存在します。

解体予定の建物が古いという方は、事前にしっかりと、アスベストの含有に関して調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

多くの建築物の中には、狭い土地や、入りくんだ場所に建てられたものがあります。
特に、もともとあった母屋の横に離れのように建てた場合は、そもそも道路にすら隣接していないというケースもあるでしょう。

このような、狭小地に建つ住宅の解体は、費用が高くなる可能性が高いのです。
道路が狭く重機が入れない場合には、地道に手作業で進められます。

また、隣の建物との距離が近い場合には、養生などの設備を強化し、騒音や粉塵を防ぐのです。
多くの手間や時間を要するため、解体費用は相場よりも高くなる傾向にあります。

秋田市にも、狭小地に建つ建物はあるでしょう。
解体予定の建物が、狭い場所に建っているという方は、相場よりも多めの予算を組んでおくと安心です。

秋田市で解体費用を抑えるためのポイント

秋田市で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は様々な要因によって変動しますが、高くなるばかりではありません。
秋田市で、解体費用を安く抑えるポイントについて、いくつかご紹介しましょう。

秋田市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

秋田市には、解体工事の際に利用できる補助金や助成金制度が設けられています。

制度 内容
秋田市老朽危険空き家等解体撤去補助金 老朽化した危険空き家の除却の際の費用の一部を補助
秋田市住宅リフォーム支援事業 市民の住環境の向上のため、該当のリフォーム工事の際に補助金を交付

このような国の制度を活用する事で、解体費用は大きく削減できるでしょう。
ただし、これらの制度は、誰でも自動的に受けられるというものではありません。

それぞれに条件があり、それを満たす建物の解体時に利用できるのです。
ですから、事前に手続きを行い審査を受ける必要があります。

工事が始まってからでは申請できない制度がほとんどですので、前もって手続きを行いましょう。
詳しくは、お住まいの地域を管轄している役所などに問い合わせてみて下さい。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体費用を抑えるには、業者に依頼する項目を減らしましょう。
業者に頼まなくとも、自分で出来る事は意外とあります。

  • 業者探し
  • 不要品の処分
  • 建物滅失登記

まず、建て替えやリフォームなどのケースで多いのが、業者の紹介です。
ハウスメーカーや工務店が、業者を勧めてくれるのですが、ここで多くの場合に中間マージンが発生します。

自分で解体業者を探して直接契約をすれば、費用は掛かりません。
また、住宅内の不要品の処分は、業者に依頼する事も可能です。

しかし、産業廃棄物としての処分となるため、費用が割高になってしまいます。
大きな家財道具であっても、秋田市の粗大ごみの回収を利用すれば、数百円~数千円の費用で済むのです。

そして、解体後に必要となるのが「建物滅失登記」。
専門家に依頼をするのは楽ですが、実は自分でも簡単に出来る登記なのです。

このように、少しの手間を掛ける事で、解体費用は安く抑える事が出来ます。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を抑えるには、複数の業者から見積りを取り比較しましょう。
価格競争をさせる事で、費用が安くなる可能性があります。

また、複数の業者の見積り内容を比べる事は、より自分に合った優良な業者を見極めるポイントにもなります。
とは言え、いくつもの業者に足を運び見積りを取るのは、簡単な事ではありません。

そこで、オススメなのが「一括見積りサイト」です。
ネットで簡単に、複数の業者の見積りを取る事が出来ます。

条件を入力すると、それに合う解体業者を紹介してくれますから、初めての方でも業者探しがしやすいでしょう。
また、このようなサイトでは、登録の際に業者を厳しく審査しています。

いわゆる「悪徳業者」に当たるリスクを軽減できるのも、オススメのポイントです。
当サイトがご紹介している見積りサイトには、秋田市周辺の解体業者も多数登録しています。

気になる方は、是非見積りだけでも取ってみて下さいね。

秋田市と解体のまとめ

秋田市と解体のまとめ

坪単価2.6~4.5万円ほどです。
ただし、建物の構造や立地条件など、様々な要因によって変動します。

秋田市には、解体工事の際に利用できる補助金制度があります。
事前の審査が必要ですから、条件に該当しそうな方は、しっかりと手続きを行いましょう。

解体費用を抑えるためには、自分で出来る事は自分で行うのがポイントです。
解体業者とは直接契約をし、中間マージンを削減しましょう。

また、事前に複数の業者から見積りを取り、比較する事も重要です。
見積りサイトなどを上手に活用し、自分に合った解体業者を探しましょう。