江戸川区の解体

東京23区で最も東に位置しているのにも関わらず、中心部への交通の便の良さなどから、人口が増加している「江戸川区」。
古くから、住宅街の多い地域ですが、近年はマンションなども多く建設されています。

そんな江戸川区で、建物の解体をお考えの方もいる事でしょう。
解体費用の相場は、実は地域によって異なるものです。

今回は、東京都江戸川区の解体費用の相場について、詳しく解説しましょう。

江戸川区の解体費用の単価坪は?

東京都江戸川区で住宅などを取り壊す場合、どれくらいの費用が必要なのでしょうか。
解体費用の単価坪や、実際の費用例を見ていきましょう。

江戸川区の解体費用の坪単価

こちらは、江戸川区の解体費用の坪単価です。

構造 坪単価
木造 3.9万円
鉄骨造 4.9万円
RC造 6.8万円

木造に比べ、RC(鉄筋コンクリート)造の解体費用は非常に高くなっていますね。
これは、解体に掛かる「手間」が関係しています。

頑丈な造りの建物ほど、解体するのも大変です。
特殊な重機を使用したり、多くの作業員を動員するため、費用は高くなる傾向にあります。

ですから、解体費用の坪単価は、建物の構造によって異なるという事を覚えておきましょう。
一般的には、木造よりも鉄骨造やRC造の解体費用の方が、高くなると考えられます。

江戸川区の解体工事の費用例

江戸川区で実際に行われた解体工事の費用例をご覧ください。

構造 坪単価 費用 日数
木造2階建 36坪 89.5万円 8日間
木造平屋 22.5坪 85万円 5日間
木造2階建 71.7坪 280.4万円 15日間
内装解体 3坪 7万円 1日間
鉄骨造2階建 39坪 184万円 25日間

解体費用は、様々な条件によって変動します。
先程の坪単価と照らし合わせても、そのとおりになる事例ばかりではないのです。

解体工事と一口に言っても、その範囲や種類は様々。
条件や時期、依頼する業者によっても、解体費用は変わります。

ですので、上記はおおよその参考程度にお考えください。

江戸川区で解体費用が高くなるのはどんなケース?

江戸川区で解体費用が高くなるのはどんなケース

様々な要因に影響される解体費用ですが、予想よりも高くなる事は避けたいものです。
江戸川区で解体費用が高くなるのはどんなケースなのかを、解説しましょう。

アスベストを含んだ建物

通常の解体工事では済まなくなる可能性が高いのが、「アスベスト」です。
アスベストを含む建物の解体は危険を伴うため、専門業者が行わなければなりません。

その分、通常よりも費用が掛かるのです。
アスベストは、1990年代ごろまで、建材に使用されていた天然鉱物の一種。

耐久性の高さや加工のしやすさから「奇跡の鉱物」と呼ばれ、重宝されていました。
しかし、アスベストの繊維は髪の毛の約5000分の1ほど。

吸い込む事で肺に刺さり、様々な病気を引き起こす事が分かったのです。
それ依頼規制が始まり、現在では使用が禁止されています。

しかし、それ以前に建てられた建物には、未だに含まれている可能性があるのです。
江戸川区は、古くから団地や住宅街の多い地域ですから、古い建物も数多く存在するでしょう。

そのような建物を解体する際には、事前にアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

江戸川区のような住宅街の多い地域では、狭小地や入り組んだ場所に建つ建物も少なくないでしょう。
そのような立地条件での解体工事には、多くの費用が掛かる可能性があります。

狭い場所での解体作業には、非常に手間が掛かるからです。
機械が入れず人力解体になる事も多く、工期が長引けばその分人件費や設備費は嵩みます。

また、道路の幅や交通状況によっては、交通誘導員を置くケースも少なくないでしょう。
このように、狭小地での解体工事には非常に手間が掛かるため、解体費用は高くなるのです。

江戸川区で解体費用を抑えるためのポイント

江戸川区で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用を高くしてしまう要因について解説しましたが、工夫次第では安く抑える事も出来るのです。
ここからは、江戸川区で解体費用を抑えるためのポイントについて、ご紹介したいと思います。

江戸川区に解体工事で利用できる補助金制度はある?

江戸川区には、解体工事に関わる補助金や助成金制度が設けられています。
以下のような制度を利用する事で、解体費用を大きく削減できるでしょう。

制度 内容
老朽木造住宅除却工事助成制度 区内の老朽木造住宅の除却に対し、工事費用の一部を助成
住宅・建築物の耐震化助成制度 昭和56年5月31日以前の旧耐震基準で建てられた住宅や分譲マンション、緊急輸送道路沿道建築物、特定緊急輸送道路沿道建築物等を対象に、耐震性を高めるための工事に掛かる費用の一部を助成
不燃化特区内の危険老朽建築物除却助成 不燃化特区内の危険老朽建築物の除却費用の一部を助成

江戸川区の一部は、都の行う「木密地域不燃化10年プロジェクト」の不燃化特区に指定されています。
それによって、区だけでなく都の設ける制度も利用が可能なのです。

該当する地域の方は、是非活用してみましょう。
ただし、これらの制度を利用できるのは、自治体の定める基準を満たす場合のみです。

それには、事前に審査を受ける必要があります。
工事が始まる前までに手続きを完了させなければならない制度がほとんどですので、注意しましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体費用の項目の中には、様々なものがあります。
その項目を減らす事で、解体費用の削減になるのです。

例えば、小さな倉庫やデッキなどの簡単な解体は、DIYが得意な人なら自分でする事も出来るでしょう。
また、不要品の処分も業者に依頼すると費用が割高ですが、粗大ごみとして江戸川区に回収してもらえば、費用はほとんど掛かりません。

建物滅失登記などの各種届出に関しても、実は自分で見出来る簡単なものもあるのです。
このように、自分で出来る事は業者に依頼しないという事が、費用を押さえるポイントの一つと言えます。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を削減したいのなら、業者選びも自分で行うと良いでしょう。
建設業者などからの「紹介」となると、中間マージンが発生するケースが多いからです。

また、その際には複数の業者から見積りを取って比較をしましょう。
業者同士を競わせる事で、費用が安くなる可能性があるからです。

しかし、解体工事に慣れている人は、そう多くは無いでしょう。
業者選びに不安や手間を感じる人も、いるかと思います。

そこで、オススメしたいのが「一括見積りサイト」です。
ネットで簡単に、複数の業者の見積りを取る事が出来ます。

このようなサイトでは、安全管理もしっかりと行っています。
業者の登録の前に、厳しく審査を行っていますから、いわゆる悪徳業者にあたるリスクを軽減できるのです。

当サイトがオススメしている見積りサイトには、江戸川区周辺の解体業者も登録しています。
見積りだけでも出来ますので、是非一度、利用してみて下さいね。

江戸川区と解体のまとめ

江戸川区と解体のまとめ

江戸川区の解体費用の相場は、坪単価3.9~6.8万円ほどです。
様々な条件や状況によって変動しますから、参考程度にお役立てください。

アスベストの有無や、条件の悪い立地では、費用が高くなる可能性があります。
見積りの際に、業者としっかり話をしておく事が重要です。

また、解体費用を安く抑えるには、業者選びは自分で行う事をオススメします。
見積りサイトなどを利用する事で、簡単、且つ安全に優良業者を探す事が出来るでしょう。