解体工事と事前周知

解体工事では、騒音や粉塵、振動などご近所に様々な迷惑をかけてしまいます。
事前に挨拶に伺うのはもちろんですが、だからと言ってその後のトラブルを全て防げる訳ではありません。

そこで、地域によっては解体業者を行う際の事前周知に関して取り決めがされている所があるのです。
しかし、そもそも事前周知とは何なのでしょうか。

何をすれば良いのかについても、ほとんどの人は知らないのではないかと思います。
そこで今回は、解体工事の事前周知について、詳しく解説しましょう。

解体工事の事前周知とは?

解体工事の事前周知とは、工事の前に標識の設置などを行い、近隣住民に詳細をお知らせする事です。
工事への理解を深める事で、苦情などの様々やトラブルを未然に防ぐ事を目的としています。

解体床面積の合計が80平方メートル以上の建物の解体の場合、自治体によってはこの事前周知が義務づけされている地域があるのです。
期間に関しては、次長や建物の造りによっても異なります。

解体工事の着工に入る7日前~15日前までと定められている地域が多いようです。
しかし、中には30日前などもっと前から事前周知を行わなければならない地域もあります。

解体工事の事前周知は誰がするの?

解体工事の事前周知に関しては、ほとんどの場合は解体業者が行います。
ただし、期間に関する決まりが自治体によって異なりますから、契約から着工までの時間がかかってしまう場合があるのです。

次に新築工事や土地の売却などが控えている場合は、事前周知の期間を把握し余裕を持ってスケジュールを組む事をオススメします。

解体工事前の標識の設置は事前周知の基本

まず、解体工事の事前周知で基本となるのが標識の設置です。
工事前の現場に看板が設置してあるのを見た事がある人も多いでしょう。

つまり、これから解体工事をする事や、工事の詳細を事前にご近所に知らせるために看板を設置しましょうという事です。
内容に関してはそれぞれの自治体によっても異なります。

また、「標識の設置期間」などが定められていますが、工事着工の「7日前」や「15日前」などが多いようです。
設置をしたら自治体に報告もしなければなりません。

しかし、アスベストを含む建物の解体に関しては、これよりも前からの事前周知が必要となりますので注意してください。

事前周知には解体工事前の近隣への説明も

各自治体の事前周知に関する規定には、近隣への説明に関する事も決められています。
「説明時期」や「説明範囲」「説明内容」などが細かく記されているのです。

解体工事業者はこの規定に則って近隣に説明を行います。
そのため、事前のご近所への挨拶ではほとんどの場合、業者も一緒に行ってくれるのです。

事前周知が終わったら解体工事前に自治体へ報告

事前周知が終わったら、それについて自治体に報告をしなければなりません。
もちろん、これも業者が行う事ですから依頼主は何もする必要はないでしょう。

解体工事前に無事、事前周知が終わった事で安心して着工に取りかかれるのです。

解体工事の事前周知に関する事は自治体に確認しよう

解体工事の事前周知は、解体業者が行う事です。
しかし、自治体によって規定は異なります。

決められている期間が「30日前まで」など、長い場合もありますから、ご自分の解体工事の事前周知に関して知りたい場合は、お住まいの自治体に確認しておきましょう。
多くの自治体では、ホームページ等でも公開しています。

解体工事の事前周知をしっかりと行う業者を選ぼう

解体工事の事前周知をしっかりと行う業者を選ぼう

解体工事において、事前周知はとても重要な事です。
法律で定められているという事だけでなく、工事の詳細を事前にご近所に伝える事で、様々なトラブルを防げる可能性が高くなります。

ですから、事前周知をしっかりと行う業者に依頼をしましょう。
信頼性の高い解体業者を選ぶには、合見積りを取るのがオススメです。

事前に複数の業者の見積りを見比べる事で、自分に合った業者を見つけられるでしょう。
見積りの段階で事前周知についても相談する事が出来ます。

とは言え、いくつもの業者の見積りを自分で取るのは手間も時間もかかる事。
ネットで簡単に複数の業者の見積りが取れる「見積りサイト」等を利用するのもオススメです。

このようなサイトでは、登録の段階で業者を審査していますから、いわゆる「悪徳業者」に当たるリスクが低いのもメリット。
また、業者同士を競わせる事で、解体費用を抑える事にも繋がるでしょう。

解体工事と事前周知のまとめ

解体工事と事前周知のまとめ

解体工事の事前周知とは、ご近所などに対して工事に関する詳細を事前に知らせる事です。
自治体によって、看板の設置や近隣への説明など様々な規定がされている所があります。

事前周知は解体業者が行うものですが、気になる場合はお住まいの自治体などに確認してみましょう。
また、様々な苦情やトラブルを防ぐために、事前周知をしっかりと行う信頼性の高い業者を選ぶ事をオススメします。