解体工事と助成金

建て替えや土地の売却など、家屋を解体しようと思う機会はあるでしょう。
しかし、どんなに安い業者に依頼をしたとしても、解体工事には多くの費用がかかるものです。

実は、ある一定の条件を満たしている家屋の解体工事では、助成金が出る場合があります。
解体費用が少しでも安く済ませられるなら、是非利用したいものですよね。

そこで今回は、解体工事の助成金について、詳しく解説したいと思います。

解体工事の助成金とは?

解体工事の助成金とは、家屋などを解体する際に自治体がその費用の一部を負担してくれるというものです。
金額パーセンテージのや上限などは自治体ごとに異なります。

自治体によっては助成金の制度がない所もありますから、事前の確認が必要でしょう。
また、すべての解体工事が助成金の対象となるわけではありません。

助成金を受けるには、自治体によって定められた基準を満たす必要があります。
ですから、確認せずそれをあてにして工事の依頼をしてしまわないように気を付けましょう。

解体工事で助成金の対象となる建物とは?

解体工事で助成金の対象となる建物

解体工事の助成金の対象となる建物とは、どんなケースを指すのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

解体工事で助成金の対象となるのは空き家

解体工事で助成金の対象となるのは、「空き家」です。
しかし空き家と言ってもただ空き家であれば良いというわけではありません。

審査の基準は自治体によって異なりますが、一般的な条件をまとめてみました。

  • 1年以上空き家である
  • 個人が所有している建物である
  • 老朽化によって倒壊の危険がある
  • 害虫など衛生上の害を及ぼす可能性がある
  • 住民税の滞納がない

つまり、老朽化が進み放置した場合に様々な害を及ぼすと判断された空き家の解体を、自治体が助成金を出す事で勧めているのです。
管理が行き届かない空き家によって、事故などが発生するのを未然に防ぐために設けられた制度でしょう。

もしも、自身の所有する建物が空き家の場合には、助成金の対象になるかを事前に確認する事をオススメします。

足立区での解体工事の助成金の例

解体工事の助成金制度がある地域は多く存在しますが、実際に東京都の足立区の例を見てみましょう。
足立区では「老朽家屋等審議会」で認められた特に危険な老朽家屋等を対象に、「老朽家屋等解体工事助成」を実施しています。

足立区のホームページによると、助成金制度の対象となる基準は以下のような項目が挙げられています。

助成の対象となる建物

・戸建住宅(木造・非木造)
・共同住宅(木造・非木造)
・住宅兼店舗(作業場)
・工場・倉庫・物置
・塀・門等

助成の条件

・老朽家屋等審議会で、特に周囲に危険を及ぼしている建物と認定されたもの
・申請者は、建物等の所有権(共同所有の場合は全員の同意)を有する事
・申請者は、市町村民税等を滞納していない事
・建物には、所有権以外の権利が登記されていない事
・国、地方公共団体等や宅地建物取引業者は対象から除外

助成額は、木造の場合は10分の5とされており、上限は50万円まで。
非木造も助成率は10分の5ですが、助成額は上限100万円までとなっています。

解体工事で助成金の対象となるかを調べる方法は?

解体工事で助成金の対象となるかを調べる方法

解体工事で助成金の対象となるかどうかを調べるには、お住まいの自治体に連絡をして調べましょう。
そもそも、まず解体工事での助成金制度があるのかという点が重要です。

あった場合には、解体予定の建物がその条件を満たしているかどうかを調べる必要があります。
自治体のホームページ等にも詳細が載っている場合がほとんどですから、そちらから調べるのも良いかと思います。

助成金についての相談にも出来る解体工事業者を選ぼう

助成金についての相談にも出来る解体工事業者を選ぼう

解体工事を行うにあたって、業者選びは重要なポイントです。
空き家を解体したい場合には、助成金についての相談にも乗ってくれるような信頼出来る業者に依頼をしましょう。

信頼性の高い解体業者を選ぶには、始めから1社に決めず複数の業者から見積りを取るのがポイント。
見積りの費用や内容を比較する事で、より優良な業者を選ぶ事が出来ます。

また、業者を競わせる事で解体費用を抑える事にも繋がるでしょう。

解体工事と助成金のまとめ

解体工事と助成金のまとめ

老朽化し危険を伴うと判断された空き家の解体工事には、助成金制度があります。
しかし制度の有無や条件、金額などは自治体によって異なるため、事前にしっかりと確認をしましょう。

助成金についても相談に乗ってくれるような信頼出来る解体業者を選ぶには、事前に複数の見積りを取るのがポイントです。
ネットの「一括見積りサイト」では、簡単に最大3社までの見積りを取る事が出来ます。

登録の際に独自の基準で業者を審査していますから、いわゆる「悪徳業者」にあたるリスクを低減出来るのもオススメのポイントです。