解体工事の家屋調査

解体工事後の様々なトラブルを防ぐために行われるのが「家屋調査」です。
家屋調査士という資格を持った専門家によって行われます。

解体工事の他に、別途費用がかかりますから、出来ればやりたくないという人もいる事でしょう。
解体工事前の家屋調査は、必ずしなくてはならないものなのでしょうか。

そこで今回は、解体工事の前に行う家屋調査について、詳しくお話したいと思います。

解体工事の家屋調査は義務ではない

解体工事を行うにあたっての家屋調査は、法律などで義務づけはされていません。
しかし、家屋調査とは解体後のトラブルを防ぐために行われるもの。

場合によっては、費用がかかっても行った方が良いケースも多いのです。
それでは、解体工事の際の家屋調査について、詳しく見ていきましょう。

解体工事の前に家屋調査を行う目的

家屋調査を行う目的は、解体工事後に近隣家屋の破損などが発覚した場合、工事との関連性を証明するためです。
近隣住民の中には、解体工事の振動によって自宅に影響がないかと心配される人もいるでしょう。

もともとあった外壁の傷などを、解体工事によって出来たものと勘違いをする場合もあるのです。
そのような時にトラブルを防ぐために、事前に近隣の建物の状態を調査・把握し写真などに残しておきます。

また、もしも実際に解体工事によって破損が生した場合には、保険会社に提出する証拠にもなるでしょう。

解体工事の家屋調査の内容は?

近隣家屋の現状を正しく把握するために、家屋調査は細かく行われます。
家の全景や外壁の調査はもちろん、住民の許可を得て室内の調査も行われるのです。

詳しい内容は大まかに以下のとおりとなります。

  • 家屋の全景
  • 基礎や内装の亀裂、隙間、破損、漏水の状況
  • 窓や扉などの建て付け
  • 柱や床等の傾斜測定
  • 瓦や外構の損傷確認、傾斜測定
  • 地盤の高さ
  • 土間のコンクリートの状況

この他に、状況に応じても様々な調査が行われます。
写真撮影や機械を使った測定、聞き取り調査などによって行われるのが一般的です。

調査は基本的に2人1組で行われ、半日~1日ほどかかるでしょう。

解体工事の家屋調査が必要なケースとは?

解体工事の家屋調査が必要なケースとは

家屋調査は、解体工事の際に特に大きな振動を伴うと予測される場合に行われます。
鉄筋コンクリート造の家屋やマンション、アパート、ビルなどの解体の場合は極力行った方が良いでしょう。

木造建築の家屋の場合は行わない事が多いのですが、隣家との距離が近い密集した住宅地などでは行われる事もあります。

解体工事の家屋調査の費用は?

解体工事の家屋調査は、解体業者とは別の民間調査会社などが行います。
費用を負担するのはほとんどが依頼主となるでしょう。

解体工事の家屋調査費用の相場は、4万~10万程度です。
調査対象の建物の大きさや戸数、調査項目の数などによって費用は異なります。

解体工事の家屋調査が必要な範囲は?

解体工事の家屋調査は、どのくらいの範囲を行えばよいか疑問ですよね。
範囲に関しては、特に規定はありません。

影響を及ぼす可能性があると考えられる建物に対して行います。
それを判断するのは施主や解体業者です。

解体工事の規模や近隣との関係などを考慮し、範囲を決めましょう。
その際に、しっかりと相談にのってくれる解体業者を選ぶ事も重要でしょう。

信頼出来る解体業者を選ぶには、事前に複数の業者から見積もりを取る事をオススメします。
一括見積もりサイトなどを活用すると、手間や時間を省く事が出来ます。

優良な見積もりサイトでは、登録の時点で業者をふるいにかけていますから、信頼性の高い解体業者が見つかるでしょう。

解体工事の家屋調査のまとめ

解体工事の家屋調査のまとめ

解体工事の際の家屋調査は、法律などで義務づけされているものではありません。
しかし、解体後の近隣トラブルを防ぐために、行っておいた方がよいケースもあるのです。

家屋調査は解体業者ではなく、第三者である別の調査会社が行います。
しかし、家屋調査の必要性や範囲などを判断するのは施主と解体業者です。

家屋調査についてしっかりと相談にのってくれる、信頼出来る解体業者に依頼をすると良いでしょう。
そのためにも、事前に複数の業者から見積もりを取る事をオススメします。