解体工事と火災保険

あってはならない事ですが、もしも自分の家が火事に合って損壊しまった場合、解体をしなければなりません。
火災による建物の解体費用は、廃材をリサイクルできないため高くなる事が多く、頭を抱えたくなる人もいる事でしょう。

しかし、そのような時のために火災保険に入っている人がほとんどですよね。
火災保険で解体工事費用をまかなう事が出来るかと思います。

そこで今回は、火災による解体工事の際の、火災保険の手続きのポイントについて詳しく解説しましょう。

解体工事の際の火災保険の手続きのポイント

火災に合ってしまった建物は、解体工事をしなければなりません。
しかしその前に、火災保険の手続きを行う事が重要です。

火災保険の手続きを行う際に必要なポイントについて、見ていきましょう。

火災保険の請求に必要な罹災証明書を発行してもらう

火災に合ってしまったら、まずは消防署から「罹災(りさい)証明書」を発行してもらいましょう。
罹災証明書とは、火事などの災害に合った事を証明する物です。

半壊、全壊などの被害の程度が証明出来ますから、火災保険を請求する際に必要となります。
また、様々な制度を申請する際にも必要になるため、必ず発行してもらいましょう。

罹災証明書は、申請すると専門の調査員などが事実を確認するために訪問し、認定されれば発行となります。
あまり無いとは思いますが、証明書の発行前に解体工事をしてしまうと、事実が確認できなくなるため、必ず先に行いましょう。

解体工事をする前に入っている火災保険を確認しよう

火災に合ってしまった場合、もうひとつ重要なのが「火災保険に加入料しているか」、また「どのような火災保険に入っているか」を確認する事です。
一般的には家を建てる際に加入しているかとは思いますが、何年も経てば内容などは覚えていないという人は多いもの。

ですから、解体工事を行う前に保険会社に連絡をし、火事に合った事を伝えると共に保険の内容を確認しましょう。

スムーズに火災保険金が下りる会社ばかりではない

「保険に入っているから、手続きをしたら直ぐに火災保険金が下りて解体工事を依頼出来る」
と思っている人もいるかもしれません。

しかし、保険会社によってはいわゆる「払い渋り」をしてくる所もあります。
なんだかんだと理由をつけて責任転嫁をしたり、払い込み日を引き伸ばしたり。

ですから、保険に加入しているかと安心せず、早めに手続きや交渉を行いましょう。

火災保険の手続き終了!解体工事は誰に頼む?

火災保険の手続き終了!解体工事は誰に頼むか

火災保険の手続きが無事に終わったら、解体工事業者を探しましょう。
しかし、火事の際の解体工事は、誰に頼んだら良いのでしょうか。

火災による建物の解体工事であっても、依頼先は通常の解体工事業者で問題ありません。
しかし、業者選びをしっかりと行う事によって、スムーズに工事が進む事でしょう。

火災や火災保険に強い解体工事業者に依頼しよう

火災が起きてしまったという事は、被害者自身とてもショックな事であり、落ち込む事です。
しかし、近隣住民に対しても迷惑をかけてしまっているでしょう。

そして、その後の解体工事によっても更に、騒音や粉塵などの迷惑をかけてしまう事になるのです。
ですから、なるべく火事による解体工事に慣れている業者を選びましょう。

火災に合った建物は、解体の難易度も粉塵の飛散の仕方も通常の建物とは違います。
慣れた業者に依頼する事で、スムーズな工事や近隣への配慮を行う事が出来るのです。

また、見積りの段階で火災保険に関しての相談に乗ってくれる解体業者を選ぶ事も、火災での解体工事のポイントと言えます。

火災や火災保険に強い解体工事業者を探すには?

火災後の解体工事や火災保険の相談に慣れている業者を選びましょうと申し上げました。
しかし、実際にそのような業者を選ぶのは簡単な事ではありません。

特に火災の後となると、後始末や仮住まいの確保など、しなければならない事が山ほどあるかと思います。
そこでオススメしたいのが、ネットで見積りを取る事が出来る「一括見積りサイト」です。

条件や希望等をネット上で入力すると、それに合った業者とマッチングしてくれるというもの。
最大で一度に3社からの見積りが取れますから、業者を比較する事も出来ます。

このようなサイトでは、登録の時点で業者を審査していますから、悪徳業者に当たるリスクが少ないのもオススメ出来るポイントです。
火災の後だからこそ、ネットを利用して業者を選ぶ事で、他の事に時間を当てる事が出来るのではないかと思います。

解体工事と火災保険のまとめ

解体工事と火災保険のまとめ

火災により自宅が損壊してしまったら、まずは「罹災証明書」の申請と、火災保険の確認を行いましょう。
火災の後の解体工事は、費用が高額になる事がほとんど。

払い渋りをする保険会社もいますから、早めに火災保険金の請求を行いましょう。
また、火災後の解体工事では、ご近所への配慮も重要なポイントとなります。

火災による解体工事や、火災保険に関しての相談に慣れている業者を選ぶ事で、スムーズに工事を進める事が出来るでしょう。