江東区の解体

ららぽーと豊洲や、お台場パレットタウン等の、商業施設でにぎわう江東区。
住みやすい街としても人気が高く、人口も増加傾向にあります。

そんな、江東区で、建物の解体工事をお考えの方もいる事でしょう。
気になるのが解体費用ですが、実は地域によって相場が異なります。

そこで今回は、東京都江東区の解体費用について、詳しく解説しましょう。

江東区の解体費用の単価坪は?

東京都江東区で住宅などの建物を取り壊す場合、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。
単価坪や費用例を見ていきましょう。

江東区の解体費用の坪単価

こちらは、江東区の解体費用の平均的な坪単価です。
東京23区の中では、特段高いという訳ではありません。

構造 坪単価
木造 3.8万円
鉄骨造 5.0万円
RC造 6.9万円

坪単価の相場が建物の構造によって分かれているのは、取り壊すのに掛かる手間が違うからです。
ある程度、一気に解体が出来る木造に比べ、骨組みに鉄骨や鉄筋を使用した建物は、取り壊し作業も複雑。

特殊な重機を使用したり、多くの人手が必要ですから、その分費用が掛かるのです。
また、上記は建物の解体そのものに掛かる費用の相場であり、工事の総額ではありません。

解体工事にはこの他にも、設備費や人件費、外構工事や廃棄物の処分代など、様々な費用が掛かるという事を覚えておきましょう。

江東区の解体工事の費用例

江東区の解体工事の費用例をいくつか、ご紹介しましょう。

構造 坪単価 費用 日数
木造2階建 17坪 69.8万円 6日間
木造2階建 42坪 146万円 8日間
鉄骨造4階建 28坪 362万円 25日間
木造3階建 18坪 85万円 2日間
木造平屋 29坪 125万円 8日間

先ほどご紹介したように、解体費用には相場があります。
しかし、実際にはその通りになるケースばかりではないのです。

解体工事で行う項目は、物件によって異なります。
また、地中埋設物やアスベストの含有などがあれば、追加費用が掛かるのです。

このように、実際に解体工事に掛かる費用は、様々な条件によって変動します。
上記は、おおよその参考程度に、お役立て下さい。

江東区で解体費用が高くなるのはどんなケース?

江東区で解体費用が高くなるのはどんなケース

条件や状況によって変動する解体費用。
予定よりも高くなってしまうのは困りますよね。

そこで、江東区で解体費用が高くなるケースについて、事前に把握しておきましょう。

アスベストを含んだ建物

先ほども申し上げたように、アスベストが含まれている建物の解体費用は、高くなる傾向にあります。
それは、アスベストの解体は危険を伴うため、専門業者による適切な処分が必要だからです。

アスベストとは、細かな繊維から成る天然鉱物の一種。
耐熱性や耐久性に優れ、どのような形にも加工しやすかったため、1990年代ごろまで建材に多く使用されていました。

しかし、アスベストの繊維は吸い込むと肺まで到達するほど細かく、様々な病気を引き起こす事が分かったのです。
それから、規制が始まり現在では使用が禁止されています。

ただし、それ以前に建築された建物には、未だにアスベストが含まれている可能性があるのです。
江東区にも、築年数の古い建物は数多くあるでしょう。

そのような建物の解体をする際には、事前にアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

住宅街などで多いのが、狭小地や変形地に建つ建物です。
江東区も、住宅の多い地域ですから、そのような物件もあるでしょう。

狭小地や変形地での解体工事では、費用が割高になる傾向があります。
狭い場所での作業には、非常に手間が掛かるからです。

重機や作業車が入れず手作業になれば、その分効率が下がります。
工期が長く掛かるため、人件費を始めとする様々な費用がかさむのです。

また、交通誘導員の設置や、近隣への騒音対策などにも費用が掛かるでしょう。
狭小地での解体工事をお考えの方は、多めに費用を用意しておくと安心です。

江東区で解体費用を抑えるためのポイント

江東区で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は、高くなる一方と言う訳ではありません。
少しの工夫によって、削減する事も出来るのです。

ここからは、江東区で解体費用を抑えるためのポイントをいくつかご紹介しましょう。

江東区に解体工事で利用できる補助金制度はある?

江東区には、解体工事の際に利用できる、解体助成金や補助金制度があります。
その一部をご紹介しましょう。

制度 内容
老朽建築物の除却助成 昭和45年以前に建築された建築物の除却費用の一部を助成
耐震改修等助成金 江東区内にある建築物の耐震診断・耐震設計・改修工事に要する費用の一部を補助
江東区アスベスト分析調査助成事業 区内の建物のアスベスト分析調査に要する費用の一部を補助

江東区には、区民の「安全」を守るための補助金制度が充実しているようです。
このような制度を利用する事で、解体費用を大きく削減できるでしょう。

ただし、これらの制度は、無条件に受けられるものではありません。
制度ごとに定められた基準があり、それを満たすと判断された場合にのみ、受ける事が出来るのです。

それには、事前に審査を受ける必要があります。
審査には、ある程度の時間が掛かりますので、余裕を持って手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事では、完了までに様々な工程を踏みます。
その全てを業者に任せていたら、当然費用は高くなるでしょう。

しかし実は、自分で出来る事も意外に多くあるのです。
例えば、ウッドデッキや小さな倉庫などの簡単な解体であれば、自分で行える人もいるでしょう。

カーポートも、物によっては簡単に解体できる製品もあるようです。
また、建物の中に残る不要品は、業者に処分を依頼すると産業廃棄物として見なされます。

費用が割高になるので、ゴミの日などの江東区の制度を利用して、自分で処分しましょう。
また、専門家に依頼しなくとも簡単に出来る届出もあります。

建物滅失登記は特に簡単ですので、時間のある方は挑戦してみると良いでしょう。
このように、業者に依頼する項目を減らす事で、解体費用は安く抑える事が出来るのです。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を安く抑えるには、業者選びも自分で行いましょう。
建設業者などからの紹介を受ける事もあるかと思いますが、その場合には中間マージンが発生するケースがほとんどです。

中間マージンは、解体費用の約10%とも言われていますから、自分で直接契約をすればそれだけの費用の削減になります。
また、その際には複数の業者から見積りを取って比較するのがポイントです。

価格競争に繋がる事で、費用が安くなる可能性があります。
「自分で業者を探すのが不安」と言う人には、一括見積サイトがオススメです。

ネットで簡単に、複数の業者の見積りを取る事が出来ます。
また、このようなサイトでは、業者を厳しく審査した上で登録しています。

ですから、安全性が高いという点でもオススメ出来るのです。
当サイトがオススメしている見積りサイトには、江東区周辺の業者の登録もあります。

気になる方は、ぜひ一度、利用してみてくださいね。

江東区と解体のまとめ

江東区と解体のまとめ

東京都江東区の解体費用の相場は、坪単価3.8~6.9万円ほどです。
しかし、様々な条件によって変動しますので、参考程度にお考え下さい。

解体費用を安く抑えるには、業者に依頼する項目を減らす事がポイントです。
自分で出来る事を行うだけで、費用の削減になります。

業者選びの際には、複数の業者から見積りを取り比較するのがポイントです。
見積りサイトなどを利用すれば、素人の方でも簡単、かつ安全に業者探しが出来るでしょう。