西東京市の解体

東京都の多摩地域東部に位置する西東京市。
23区、そして埼玉県に接しているため、各方面へのアクセスが良好なのが特徴でしょう。

そんな西東京市は、住みやすい町として人気の高い地域です。
ですから、建物の解体やリフォームをお考えの方もいる事でしょう。

実は、解体費用の坪単価は、地域によって異なるのです。
今回は、東京都西東京市の解体費用の相場について、詳しく解説しましょう。

西東京市の解体費用の単価坪は?

東京都西東京市で建物を解体する場合、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。
坪単価や実際の費用例を見てみましょう。

西東京市の解体費用の坪単価

西東京市の解体費用の坪単価は、以下の通りです。

構造 坪単価
木造 3.0万円
鉄骨造 3.9万円
RC造 5.5万円

解体費用の坪単価が建物の構造ごとに異なるのは、解体するのに掛かる手間が違うからです。
木造に比べて頑丈で複雑な造りをしている鉄骨造やRC造は、解体するのも簡単ではありません。

特殊な重機を使用したり、多くの工期が掛かるため費用がかさむのです。
廃棄物を処分する際にも、素材ごとに分けたりブロックを小さく粉砕する作業には、手間も時間も掛かります。

ですので、通常は木造よりも、鉄骨造やRC(鉄筋コンクリート)造の解体費用の方が高くなる傾向にあります。
また、上記は建物の解体に掛かる費用の相場であり、工事の総額とはまた別です。

この他に、人件費や設備費、産業廃棄物の処分代など様々な費用が掛かるという事を覚えておきましょう。

西東京市の解体工事の費用例

西東京市でこれまでに、実際に行われた解体工事の費用例を少しご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 日数
木造2階建 38坪 122.5万円 12日間
木造2階建 30坪 154万円 10日間
木造2階建 21坪 71万円 6日間
鉄骨造2階建 51坪 315万円 20日間
木造平屋 28坪 112.3万円 10日間

解体費用には相場こそありますが、実際にはその通りに行くものばかりではありません。
建物の大きさや立地条件、依頼する業者など、それぞれに条件が違うからです。

ですので、例え同じ構造や広さであっても、解体費用に差が出るケースは少なくありません。
上記のような費用例に関しては、おおよその参考程度にお考え下さい。

西東京市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

西東京市で解体費用が高くなるのはどんなケース

解体費用は、様々な条件によって変動します。
仕方がないとはいえ、大幅に予算をオーバーする様な事は避けたいものですよね。

西東京市で解体費用が高くなるのはどんなケースなのか、事前に把握しておきましょう。

アスベストを含んだ建物

解体工事を行う理由には様々な事が挙げられますが、建物が老朽化しているケースは多いものです。
古い建物には、アスベストが含まれている可能性があります。

アスベストを含む建物の解体工事には、通常よりも高い費用が掛かるでしょう。
1990年代ごろまで、建材などに多く使用されていたアスベスト。

非常に細かな繊維から成る天然鉱物の一種です。
耐久性や汎用性の高さから、「奇跡の鉱物」と呼ばれ重宝されていました。

しかし、アスベストの繊維は空気と共に吸い込む事で肺に蓄積され、様々な病気の原因となる事が分かったのです。
それ以来、アスベスト規制が始まり、現在では使用は禁止されています。

しかし、それ以前に建てられた古い建物の中には、未だに含まれている物があるのです。
アスベストの処理は危険を伴うため、高い費用が掛かります。

西東京市にも、古くから建っている建物は存在するでしょう。
そのような建物の解体をお考えの方は、事前にアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

解体費用を左右する要因の一つが、立地条件です。
中でも、狭い土地に建つ建物の解体では、費用が割高になるケースは多いでしょう。

なぜなら、作業の効率が悪いからです。
重機や作業者が入れず手作業となれば、その分工期は延びます。

人件費や設備費、現場の維持費がかさむため、費用は高くなるのです。
また、交通誘導員を置か負ければならないケースもあります。

西東京市は住みやすい街ですから、住宅街も少なくありません。
狭小住宅や変形地での解体工事をお考えの方は、多めに費用を用意しておくと安心です。

西東京市で解体費用を抑えるためのポイント

西東京市で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用の相場は変動するものですが、高くなるばかりではありません。
工夫次第では、安く抑える事も出来るのです。

ここからは、西東京市で解体費用を抑えるためのポイントについて、いくつかご紹介しましょう。

西東京市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

西東京市には、解体費用の削減に繋がる補助金や助成金制度が設けられています。
その一部をご紹介しましょう。

定緊急輸送道路沿道建築物耐震化促進事業助成制度

緊急輸送道路沿道建築物の耐震化に要する費用の一部を補助

木造住宅耐震改修等助成制度

市内の木造住宅の耐震改修又は、除却費用の一部を助成

木造住宅耐震診断助成制度

市内の木造住宅の耐震診断に要する費用の一部を助成

このような自治体の制度を利用する事は、解体費用の削減方法の一つです。
西東京市には他にも、様々な制度を設けていますから、気になる方は市役所などに問い合わせてみましょう。

ただし、これらの制度は、どんなケースも無条件に受けられるものではありません。
それぞれに基準が設けられており、それを満たす場合にのみ利用が出来るのです。

それには、事前に審査を受ける必要があります。
工事が始まってからでは受けられない制度もありますので、余裕を持って手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事は、ただ建物を壊すだけではありません。
完了までに、廃棄物の処分や事務作業、届出など様々な工程を踏むのです。

もちろん、その全てを解体屋に任せる事は出来ますが、それでは費用の削減にはなりません。
自分で出来る事と言うのも、意外に多くあるのです。

例えば、小さな倉庫や柵、ウッドデッキの解体程度であれば、自分で出来る人も少なくないでしょう。
力仕事が得意ではなくても、簡単な登記などの届出をする事でも、専門家に依頼する分の費用が削減できます。

また、建物に残る家財などの不要品は、業者に処分を依頼すると産業廃棄物となるため費用が割高です。
西東京市に粗大ゴミとして回収してもらえば、費用はほとんど掛かりません。

このように、業者に依頼する項目を減らす事も、解体費用を安く抑えるポイントなのです。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を安く抑えたいのなら、業者も自分で探しましょう。
建て替えやリフォームの際に多いのは、ハウスメーカーなどからの紹介です。

しかし、そのほとんどの場合に中間マージンが掛かっているのです。
中間マージンは工事費の約10%とも言われています。

自分で業者を探して直接契約する事で、それだけの費用の削減になるのです。
その際のポイントは、始めから1社に絞るのではなく、複数の業者から見積りを取って比較する事。

価格競争に繋がり、費用が安くなる可能性があります。
「自分で解体業者を探すなんて不安」と言う人にオススメしたいのが、一括見積りサイトです。

ネットで簡単に、複数の業者の見積りを取り事が出来ます。
また、そのようなサイトでは、厳しい審査をクリアした優良業者のみを登録しています。

ですから、悪徳業者に当たるリスクを軽減できるのも、オススメの理由なのです。
当サイトがオススメしている見積りサイトには、西東京市周辺の解体業者も登録しています。

気になる方は、ぜひ一度、見積りを取ってみて下さいね。

西東京市と解体のまとめ

西東京市と解体のまとめ

東京都西東京市の解体費用の相場は、坪単価3.0~5.5万円ほどです。
ただし、建物の構造や大きさ、立地条件など様々な要因によって変動するという事を覚えておきましょう。

解体費用を安く抑えたいのなら、自分で出来る事を探しましょう。
業者に任せる事が減れば、その分費用の削減になります。

中間マージンを削減するためにも、業者は自分で探して直接契約をしましょう。
見積りサイトなどを活用すれば、初めてでも簡単かつ安全に、業者選びが出来るでしょう。