佐賀市の解体

家族構成の変化や、土地の活用などを目的に、所有する建物のリフォームや取り壊しを検討している方もいる事でしょう。
そこで、気になるのが解体費用です。

事前に把握し、しっかりと準備をしたいものですよね。
しかし、解体費用の相場は、地域によって異なるのです。

今回は、佐賀県の県庁所在地である佐賀市の解体費用について、詳しくご紹介したいと思います。
佐賀市で解体工事をお考えの方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

佐賀市の解体費用の単価坪は?

佐賀県佐賀市で建物の取り壊しをするなら、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。
坪単価や費用例を見て行きましょう。

佐賀市の解体費用の坪単価

佐賀市の解体費用の坪単価をまとめてみました。

構造 坪単価
木造 3.5万円
鉄骨造 3.7万円
RC造 5.1万円

ご覧のとおり、解体費用の坪単価は、建物の構造によって異なります。
木造に比べて、鉄骨や鉄筋を使用した建物は非常に頑丈に出来ています。

その分、解体するのにも手間が掛かるのです。
重機を用いたり、多くの人員が必要になるなど、その分費用は高くなります。

また、解体工事では上記以外にも、人件費や燃料費、設備費など様々な費用が掛かります。
坪単価と坪数だけで計算するのではなく、その他の費用もしっかりと予算に入れておきましょう。

佐賀市の解体工事の費用例

佐賀市で実際に行われた、解体工事の費用例をいくつかご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造2階建 38.2坪 145万円 9日間
木造平屋 30坪 108.5万円 5日間
店舗解体 139坪 349万円 40日間
木造2階建 23坪 78万円 6日間
木造2階建 78坪 184.3万円 9日間

上記は、数ある事例のほんの一部です。
おおよその参考としてご活用下さい。

解体費用は、様々な条件によって変動します。
ですから、相場があるとは言え、実際にはそれぞれの物件ごとに異なります。

費用例だけを頼りにせず、解体費用は多めに予算を組んでおきましょう。

佐賀市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

佐賀市で解体費用が高くなるのはどんなケースか

解体費用は、様々な要因によって相場よりも高くなる事があります。
佐賀市で、解体費用が相場よりも高くなってしまうのは、どのようなケースなのでしょうか。

アスベストを含んだ建物

近年、社会問題となっているのが「アスベスト」です。
一度は耳にした事があるという人もいるでしょう。

アスベストとは、天然の鉱物繊維の一つ。
結論から申し上げますと、アスベストを含有している建物の解体費用は、相場よりも高くなる傾向にあります。

アスベストは、1990年代頃には「奇跡の鉱物」と呼ばれ多くの建材に使用されていました。
しかし、健康被害を招くリスクがある事が発覚し、現在は使用禁止になっています。

ですが、アスベスト規制がされる前に建てられた建築物には、未だに含まれている可能性があるのです。
アスベストは、ごく細い繊維から成っています。

解体工事によって飛散したアスベストの繊維を吸い込んでしまった場合、肺に刺さり様々な病気の原因となるのです。
そのため、アスベストを含む建物の解体工事は、専門業者が行わなければなりません。

佐賀市には、古い建物も数多くあるでしょう。
築年数の古い建物の解体をお考えの方は、事前にしっかりとアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

建物には、様々な立地条件がありますが、中でも解体費用が高くなるのが「狭小地」です。
狭い土地や入り組んだ場所での解体工事は、費用が高くなる傾向にあります。

足場が組みにくい、重機が入れず手作業になるなど、手間が掛かるためです。
また、住宅密集地では隣家との距離が近いため、騒音や粉塵対策の設備を強化しなくてななりません。

場合によっては、交通誘導員を設置する事もあり、その分の費用も掛かるのです。
佐賀市にも、住宅密集地や狭小地に建つ建物は数多くあるでしょう。

解体予定の建物が、このような場所に建っているという方は、相場よりも多めに予算を組んでおくと安心です。

佐賀市で解体費用を抑えるためのポイント

佐賀市で解体費用を抑えるためのポイント

条件によって変動しやすい解体費用ですが、高くなるばかりではないのです。
工夫次第では、安く抑える事も出来ます。

佐賀市で解体費用を安く抑えるポイントについて、いくつか解説したいと思います。

佐賀市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

佐賀市には、解体工事の際に利用できる補助金や助成金制度があります。

制度 内容
空き家改修費助成制度 市内の空き家バンク制度に登録された物件の改修に関する費用の一部を補助
アスベスト分析費補助 吹付けアスベスト等が施工されている恐れがある建築物の、アスベスト含有の有無に係る調査費用の一部を補助

これらの制度を利用する事で、解体費用は大幅に削減出来るでしょう。
しかし、補助金や助成金は、誰でも無条件に受け取れるというものではありません。

制度ごとに定められた基準があり、それを満たすと判断された場合にのみ、利用できるのです。
それには、事前に申請し、審査を受けなければなりません。

工事が始まってからでは申請できない制度や、年度ごとに決められた予算に満ちた時点で終了してしまうものもあります。
前もって、計画的に手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事に関わる項目の中で、自分で出来る事というのは、少なくありません。

  • 不要品の処分
  • 解体業者選び
  • 建物滅失登記

これらは、業者に依頼する事も出来ますが、そうなると当然費用が掛かります。
費用品の処分に関しては、工事で出た廃棄物と一緒に処分を依頼すれば簡単です。

しかし、産業廃棄物としての処分になるため、費用は割高になります。
佐賀市のゴミの日や粗大ごみの回収、不要品の買取りなどを利用すれば、費用はほとんど掛かりません。

また、業者選びはハウスメーカーなどの他社からの紹介の場合、中間マージンが発生します。
ですから、なるべく自分で探して、直接契約をしましょう。

解体後に行う「建物滅失登記」も、実は自分でも出来る簡単な申請なのです。
このように、自分で出来る事を自分で行うだけでも、解体費用の削減になります。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を安く抑えるための業者選びのポイントは、「相見積り」です。
複数の業者から見積りを取って比較しましょう。

価格競争に繋がり、費用が安くなる可能性があるからです。
見積り内容を比べる事で、より優良な業者を選ぶ事にも繋がります。

しかし、解体工事に詳しい人ばかりではありませんから、業者選びは簡単な事ではないでしょう。
そこで、オススメしたいのが「一括見積サイト」です。

ネットで簡単に、相見積りを取る事が出来ます。
また、このようなサイトでは、業者の登録の際に厳しく審査しています。

ですから、いわゆる「悪徳業者」を避ける事が出来る点は非常に安心と言えるでしょう。
条件を入力すると、それに合った業者を紹介してくれますので、初めての業者探しの方にもオススメです。

当サイトがオススメしている見積りサイトには佐賀市近郊の業者の登録も多数あります。
気になる方は、是非一度、見積りを取ってみて下さい。

佐賀市と解体のまとめ

佐賀市と解体のまとめ

佐賀市の解体費用の相場は、坪単価3.5~5.1万円ほどです。
建物の構造や大きさ、立地、工事を行う時期など、様々な条件によって変動します。

ですから、坪単価×坪数という計算だけで無く、その他に掛かる費用を見越して解体工事の予算を組みましょう。
解体費用を抑えるためには、自分で出来る事は業者に依頼しないという事がポイントです。

特に、業者選びは中間マージンを削減するために、極力自分で行う事をオススメします。
見積りサイトなどを活用する事で、解体工事に詳しくなくとも、安全に業者選びが出来るでしょう。

佐賀市には、解体工事の際に利用できる補助金制度も設けられています。
該当する方は、是非利用してみましょう。