新宿区の解体

建て替えやリフォーム、土地の売却など、所有する建物の解体工事をお考えの方もいるのではないでしょうか。
「どれくらいの費用が掛かるの?」「なるべく安く抑えたい!」そんな疑問にお答えしたいと思います。

実は、解体費用の相場というのは、地域ごとに差があるのです。
今回は、東京23区の中でも都庁のある「新宿区」の解体費用について、詳しく解説しましょう。

新宿区の解体費用の単価坪は?

東京都新宿区で建物の取り壊しをする場合、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。
坪単価や実際の費用例を御覧になって、参考にしてみて下さい。

新宿区の解体費用の坪単価

新宿区で解体工事を行う場合の坪単価の平均は、以下のとおりです。

構造 坪単価
木造 4.1万円
鉄骨造 6.1万円
RC造 10.5万円

解体工事の坪単価は、上記のように建物の構造によって異なります。
頑丈であればあるほど、解体するのにも手間が掛かるからです。

新宿区の解体費用の相場は、他の地域と比べても非常に高いと言えるでしょう。
「都会」という言葉がピッタリな、繁華街も多く建物が密集している地域。

そのため、工事に手間が掛かる事が坪単価を高くしている要因でしょう。
また、解体工事では上記の他に、人件費や廃棄物の処分代、設備費など様々な「その他の費用」が掛かります。

坪単価だけで試算していると足りなくなる恐れもありますので、注意しましょう。

新宿区の解体工事の費用例

過去に新宿区で実際に行われた、解体工事の費用例をいくつかご紹介します。

構造 坪数 費用 工期
木造2階建 18坪 52.5万円 4日間
RC造4階建 62.5坪 605万円 30日間
木造平屋 80坪 229万円 10日間
木造2階建 39坪 171万円 12日間
RC造3階建 40坪 470万円 15日間

 

こうして見てみると、先ほどの坪単価とは大幅にずれている費用例もあります。
それは、解体費用が様々な要因によって変動するからです。

建物の大きさや立地、時期や依頼する業者など、解体費用を左右する事柄は数多くあります。
ですから、上記はおおよその参考として、ご活用下さい。

新宿区で解体費用が高くなるのはどんなケース?

新宿区で解体費用が高くなるのはどんなケースか

解体費用はその物件ごとの条件により、変動するものです。
相場よりも高くなる要因について、事前に把握しておきましょう。

新宿区の解体工事で、費用が高くなるのは、どんな原因が考えられるのでしょうか。

アスベストを含んだ建物

アスベストを含む建物の解体は、危険を伴います。
そのため、専門業者が行う事が義務づけられており、費用が高くなる傾向にあります。

アスベストは、天然の鉱物繊維の一種。
空気中に飛散しやすいその細かな繊維を吸入した場合、肺に刺さり様々な病気の原因となるのです。

アスベストは耐久性や耐熱性に優れており、その事実が発覚する以前には建材に多く使用されていました。
現在は使用が禁止されているとは言え、未だにアスベストを含む古い建物は数多く存在しているのです。

新宿区は都会とは言え、まだまだ古い建物も存在します。
アスベストの使用が盛んであった1970~1990年代頃に建築された建物の解体をお考えの方は、事前に含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

解体費用が高くなる立地条件の一つが「狭小地」です。
狭い場所での解体作業は、非常に手間が掛かります。

重機が入れず人の手で解体を行うケースや、作業がしにくくスピードが落ちるなど、効率が悪いのです。
また、場所によっては別途費用を払い、交通誘導員を設置しなければならない事もあります。

新宿区は建物が密集している所が非常に多い地域です。
解体予定の建物が、狭小地に建っているという方は、費用が高くなる可能性がある事を覚えておきましょう。

新宿区で解体費用を抑えるためのポイント

新宿区で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は、なるべく安く抑えたいものです。
高くなるのは仕方のないケースもありますが、その分どこかで削減をする方法はないのでしょうか。

工夫次第では、解体費用は安く抑える事が可能です。
新宿区の解体工事で、費用を抑えるポイントについて、いくつかご紹介しましょう。

新宿区に解体工事で利用できる補助金制度はある?

新宿区には、解体工事に関わる補助金や助成金制度がいくつか設けられています。
その一部をご紹介しましょう。

制度 内容
耐震改修工事への助成 耐震改修工事及び簡易耐震改修工事に要する費用の一部について助成
ブロック塀等の除去に対する助成 地震の際に倒壊して歩行者などを傷つける危険性がある塀を除去する費用の一部を助成
アスベスト対策助成等制度 区が調査員を派遣し、アスベストの含有調査を行う。除去など工事費の一武を助成

このような、国や自治体の設ける制度を利用する事も、解体費用を抑えるポイントの一つです。
新宿区などの建物が密集している地域では、耐震に関する制度が充実しているのは嬉しいものですね。

気になる方は、ぜひ利用してみましょう。
ただし、補助金制度には区の定める基準が設けられており、それを満たす場合にのみ利用が出来ます。

事前に申請をし、審査を受ける必要がありますから、しっかりと手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事には様々なケースがあり、一部を解体する場合もあれば、庭にある物も全て撤去して更地にしてしまう場合もあります。
その工程の中で、業者を頼らなくとも自分で行える事もあるのです。

ウッドデッキやカーポート、ブロック塀などの解体は、自分で行える人もいるでしょう。
また、家屋内に残る家具などの不要品は、業者に処分を頼むと費用が割高になるのです。

新宿区に粗大ごみとして回収をしてもらえば、費用は大幅に削減できます。
このように、業者に依頼する項目を減らす事も、解体費用を抑えるポイントなのです。

他にも、自分で出来る事は数多くありますので、出来そうな事があればトライしてみましょう。

複数の業者から見積りを取ろう

解体業者選びも、出来れば自分で行いましょう。
ハウスメーカーなどからの紹介や、解体を含めたトータルプランなどの場合、中間マージンが発生する事が多いのです。

自分で探して直接契約をすれば、費用は掛かりません。
その際には、複数の業者から見積りを取って比較しましょう。

価格競争をさせる事で、費用が安くなる可能性があるのです。
とは言え、自分で業者を探すのに慣れている人はそう多くはないでしょう。

そこで、オススメしたいのが「一括見積サイト」です。
ネットに希望の要件を入力するだけで、それに合う業者をいくつかピックアップしてくれます。

また、多くの見積りサイトでは、業者を登録する際に厳しく審査をしていますから、いわゆる「悪徳業者」にあたるリスクを軽減できるのです。
当サイトがオススメしている見積りサイトには、新宿区周辺の解体業者も多数登録しています。

気になる方は、試しに見積りを取ってみてくださいね。

新宿区と解体のまとめ

新宿区と解体のまとめ

東京都新宿区の解体費用の相場は、坪単価4.1~10.5万円ほどです。
新宿など、東京都の主要部では建物が密集している場所が多いため、解体費用の相場は全体的に高いのが特徴と言えます。

ただし、条件は各物件ごとに異なりますから、一概にいくらとは言い切れません。
解体費用を安く抑えるには、業者に依頼する項目を減らしましょう。

業者探しも自分で行う事で、中間マージンの節約になります。
見積りサイトなどを利用する事で、初めてでも安全、且つ簡単に業者探しが出来るでしょう。