解体工事と水道管

電気やガスなどのライフラインは、解体工事の前に止める必要があります。
しかし、水道に関しては工事で散水などに使用するため、止めないままにするのが一般的です。

ですから、解体工事が無事終了した後に、水道を止める事になるでしょう。
ですがメーターは残ったままですし、水道管も建物が建っていた所まで引かれています。

解体工事後に水道管やメーターはどうしたら良いのでしょうか。
今回は、解体工事後の水道管やメーターの処理について解説したいと思います。

解体工事後は水道管をどこで止めるべき?

そもそも上水道のしくみは、道路の下に本管が通っています。
そこから自宅まで細い引き込み管が引かれ、メーターを通って水道が出るようになっているのです 。

しかし、水道管をどこで閉栓し止めたら良いのかという疑問が沸く事でしょう。
一般的には、引き込み管はそのままにし、メーター部分で閉栓するようです。

解体工事後に新築で再び家を建てる場合や、更地を売却する場合もあるかと思います。
そのように、あまり期間をあけずに再び水道を使用する予定がある場合には、メーターはそのままにしておくようです。

また、当分水道を使用する予定がない場合には、メーターを地中に埋めておきます。
もしも水道管を本管で止めてしまうと、次に水道が必要になった際に再び工事が必要となるでしょう。

そうなれば当然、再び水道の引き込み工事をしなければならず、費用もかかってしまいます。

解体工事後の水道管の閉栓は地域によっても異なる

解体工事後の水道管の閉栓は地域によっても異なる

解体工事後、水道管は引き込んでいるメーターの部分で閉栓するのが一般的だと言われています。
しかし、北海道や東北・北陸などの寒い地方の一部では、本管で閉栓する場合もあるようです。

秋や冬にかけて、長期に渡り気温が0度を下回るような寒い地域では、水道管の引き込み管をそのままにしていると中の水が凍ってしまう事があります。
水は凍ると体積が増えますから、最悪の場合水道管が破裂してしまう事があるのです。

そこで、そのような事態を防ぐために、解体工事後に水道管を本管部分で閉栓する事を義務づけている地域があります。
寒い地方にお住まいの方は、事前に自治体などに確認をしておきましょう。

解体工事後の水道管の閉栓については業者に相談しよう

解体工事後の水道管の閉栓については業者に相談しよう

解体工事後の水道管の処理については、地域や解体後の土地の用途によって異なります。
ですから、事前に解体業者に相談しておく事が重要なのです。

解体工事後の水道管の閉栓場所によって費用が異なる

解体工事後の水道管の処理についての費用は、業者によって様々。
専門業者の紹介にあたって、多額の仲介手数料が発生しているケースも多いものです。

水道管の処理費用に関しては、解体業者や専門業者などによっても異なりますから、見積りをしっかりと確認する事が重要でしょう。
また、なぜその部分で閉栓するのかについても、しっかりと説明を受ける事をオススメします。

水道管の閉栓について相談にのってくれる業者を選ぼう

解体工事後の水道管の閉栓は、素人では良く分かりません。
ですから、事前にしっかりと相談に乗ってくれる解体業者を選びましょう。

良心的な専門業者を紹介してくれる場合もあります。
信頼出来る解体業者を選ぶには、始めから1社に決めず、複数の業者から見積りを取る事がポイント。

見積りの内容や費用を比べる事が出来るからです。
また、業者同士を競わせる事で、費用を抑える事にも繋がるでしょう。

いくつもの解体業者とアポを取る時間がない場合は、ネットで複数の見積りが取れる一括見積りサイト等を利用するのがオススメです。
見積りサイトでは登録の際に審査を行っていますから、いわゆる悪徳業者がいないのもメリット。

短時間で簡単に、優良な業者から合見積りを取る事が出来るのです。

解体工事と水道管のまとめ

解体工事と水道管のまとめ

水道は、解体工事がすべて終わってから止めます。
水道管をどこで止めるかは、一般的には引き込み管のメーター部分が多いようです。

しかし、一部の寒い地域では、凍結による水道管破裂を防ぐために、本管での閉栓を義務づけている場合もあります。
寒い地方の解体工事の場合は、事前に自治体などに確認をしましょう。

解体工事は、水道管の閉栓に関しても相談に乗ってくれる、信頼性の高い業者に依頼をする事が重要です。