墨田区の解体

東京スカイツリーが出来た事で、一躍「観光地」となり賑わう「墨田区」。
しかし、もとは東京都の中でも、長きに渡り「下町」として栄えてきた街です。

住宅や商店などの建物も多く、23区の中でも人口密度が高いのが特徴と言えます。
そんな墨田区で、建物の解体工事をお考えの方もいるかと思います。

そこで、気がかりなのが費用に関する事でしょう。
しかし、解体費用の相場は、地域によって異なるのです。

今回は、東京都墨田区の解体費用の相場について、詳しく解説したいと思います。

墨田区の解体費用の単価坪は?

墨田区で建物の解体工事を行う場合、どれくらいの解体費用が必要なのでしょうか。
単価坪や、実際に行われた工事の費用例を見ていきましょう。

墨田区の解体費用の坪単価

こちらは、墨田区の解体費用の平均的な坪単価です。

構造 坪単価
木造 6.8万円
鉄骨造 8.0万円
RC造 10.1万円

ご覧の通り、建物の建築工法によって解体費用の相場は異なります。
どのような造りをしているかによって、解体する際の手間が違うからです。

一般的には、鉄骨造やRC(鉄筋コンクリート)造などの頑丈な造りの建物ほど、解体費用は高くなる傾向にあります。
ただし、地域によっては金属の買取り価格や業者の数など、様々な要因によって費用が安くなるケースもありますので、一概には言えません。

また、上記は建物の解体に掛かる費用の坪単価です。
工事の総額とはまた別ですので、坪単価だけでは解体費用の試算を行うのは難しいと言えます。

解体工事にはこの他に、人件費や産業廃棄物の処分代、設備費などが別途かかるという事を覚えておきましょう。

墨田区の解体工事の費用例

墨田区で実際に行われた、解体工事の費用例をいくつかご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造2階建 19.3坪 280.3万円 18日間
RC造4階建 100坪 1522万円 62日間
木造2階建 15坪 53.3万円 5日間
鉄骨造2階建 72坪 338.2万円 31日間
木造2階建 50坪 160.7万円 15日間

相場があるとは言え、実際の工事に掛かる費用は物件によって様々です。
ですから、上記のように、坪単価とは大きく違う事例も少なくありません。

それは、解体費用を左右する条件が非常に多いからです。
どこまで解体をするのかという範囲、作業車が中まで入れるのかと言った立地、アスベストの有無など、物件によって条件はまちまち。

詳細な見積り金額を知りたい方は、業者に現場を見てもらう際に確認してみしょう。

墨田区で解体費用が高くなるのはどんなケース?

墨田区で解体費用が高くなるのはどんなケースか

解体費用は、相場よりも高くなってしまうケースが少なくありません。
それは、どのような時なのでしょうか。

事前に把握しておきたいものです。
墨田区で解体費用が高くなる原因について、まとめてみました。

アスベストを含んだ建物

墨田区は、古くから下町であるため、築年数を重ねた建物の多い地域です。
墨田区で、所有する古い建物の解体をお考えの方もいる事でしょう。

古い建物に「アスベスト」が含有している場合には、解体費用は高くなる可能性があります。
アスベストの解体には危険を伴うため、専門の業者が行わなければならないからです。

アスベストは、髪の毛の数千分の一ほどの細かな繊維から成る天然の鉱物繊維の一種。
飛散したその繊維を吸い込むと肺に刺さり、様々な病気の原因となるのです。

耐熱性や耐久性の良さから、一時は「奇跡の鉱物」とも呼ばれていたアスベスト。
健康被害に関する事実が発覚してから規制が始まり、現在は使用禁止です。

しかし、築年数の古い建物には、未だにアスベストが含まれている可能性があります。
古家を解体予定の方は、事前にアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

墨田区のような人口密度の高い地域には、狭小住宅も珍しくはないでしょう。
狭い土地や変形地に建つ建物の解体費用は、割高になる可能性があります。

なぜなら、非常に解体作業がしにくいからです。
作業車や重機が入れなければ、手作業となり工期は嵩みます。

廃材の運搬にも時間が掛かり、コストや人件費が通常よりも多く必要になるのです。
また、住宅街では隣の建物との距離が近い場合が多いもの。

騒音や粉塵対策の設備も強化しなくてはなりません。
このように、狭小地では解体作業がスムーズにいかない事が多いので、費用は相場よりも高くなるでしょう。

墨田区で解体費用を抑えるためのポイント

墨田区で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は、高くなる方にばかり変動する訳ではありません。
工夫次第では、安く抑える事も出来るのです。

ここからは、墨田区で解体費用を抑えるポイントを、いくつかご紹介しましょう。

墨田区に解体工事で利用できる補助金制度はある?

墨田区には、解体工事の際に利用できる補助金や助成金制度があります。
このような制度を利用する事で、解体費用の一部を区に負担してもらえるのです。

制度 内容
老朽危険家屋の除却費等助成制度 区内に存する老朽危険家屋等の除却費の一部を助成
都市防災既存建築物除却補助金 対象地域の老朽建築物除却工事を行う際に補助金を交付
不燃化促進助成 区が定めている不燃化促進地域において、一定の基準を満たす不燃建築物を建てた際に助成金を交付
防火・耐震化改修促進助成 老朽木造建築物を、不燃化することに加え、地震に強い建物へ改修した際に助成金を交付

上記は一部ですが、気になる方は、区役所等に問い合わせてみると良いでしょう。
これらの制度にはそれぞれに条件があり、それを満たす場合にしか利用が出来ません。

事前に申請し、審査を受ける必要があるのです。
予算に達し次第、募集を終了してしまう制度もありますから、解体工事をお考えの方は余裕をもって手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

家屋などの大きな建物の解体は、専門業者にしか出来ません。
しかし、解体工事の数ある工程の中で、自分で出来る事も意外に多くあるのです。

中でも、不要品の処分や建物滅失登記などの手続きは、簡単なのでぜひ自分で行ってみましょう。
不要品の処分は業者に依頼をすれば楽ですが、産業廃棄物として見なされるので費用が高くなります。

ゴミの日に出せないような大きなものも、粗大ごみとして墨田区に回収してもらいましょう。
解体後に行う建物滅失登記は、司法書士などに依頼をすると当然費用が掛かります。

しかし実は、自分でも簡単に出来る申請なのです。
このように、少し手間ではありますが、業者に依頼する項目を減らして、解体費用を削減しましょう。

複数の業者から見積りを取ろう

解体工事と一口に言っても、完全に更地にしてしまうケースや新築への建て替え、リフォームなど様々。
中でも、建て替えやリフォームの際に多いのが、建設業者経由での解体業者の紹介です。

しかし、このケースのほとんどで、中間マージンが発生しています。
ですから、解体費用を安く抑えるには、業者選びも自分で行いましょう。

その際に、複数の業者から見積りを取って比較するのが重要なポイントです。
価格競争をさせる事で、費用が安くなる可能性があります。

とは言え、数ある解体業者を自分で回るのは手間ですし、どんな基準で選べばよいかも分からないという人も多いでしょう。
そこで、オススメなのが「一括見積りサイト」です。

ネットで簡単に、複数の業者の見積りを取る事が出来ます。
また、このようなサイトでは、業者を登録させる前に、厳しく審査を行っています。

ですから、悪徳な業者に当たるリスクを軽減できるという点も、オススメポイントの一つです。
当サイトがオススメしている見積りサイトには、墨田区周辺の業者も登録していますので、ぜひ一度お試し下さい。

墨田区と解体のまとめ

墨田区と解体のまとめ

東京都墨田区の解体費用の相場は、坪単価6.8~10.1万円ほどです。
建物の建築工法や条件によって変動しますので、おおよその参考程度にご活用下さい。

アスベストの含有や、狭小地などの立地条件は、解体費用が高くなる要因の一つです。
事前に把握する事で、想定外の事態を避けましょう。

また、解体費用を安くするには、様々なポイントがあります。
区の設ける制度の利用や、業者との直接契約、複数の業者からの相見積りなど、工夫次第で解体費用は削減できます。

見積りサイトは、業者探しに慣れていない方でも安心して利用できるのでオススメです。