解体工事と地中埋設物

家屋などの解体の際に、工事が始まってから予想外の事が起こるケースがあります。
中でも、地中埋設物が発見されるという事は、実は珍しいケースではありません。

そのような場合は、どう対処するべきなのでしょうか。
追加費用がかかるのかどうかも、気になるところです。

そこで今回は、解体工事で地中埋設物が見つかった場合の費用や対処法などについて、詳しくお伝えしたいと思います。

解体工事で見つかる地中埋設物とは?

「地中埋設物」と言っても、素人には聞きなれない言葉でしょう。
これは読んで字の如く、地中に埋められた物の事です。

前回の解体工事の際に発生した、がれきなどが埋められている事が多いでしょう。
昔は廃棄物の処分費用を抑えるために、そのまま地中に埋めてしまう業者も多かったと言います。

地中埋設物は、基礎の下の深い部分に埋められているものです。
ですから、建物を解体し基礎の下を掘り起こした時に初めて発見されます。

つまり厄介な事に、工事をしてみなければあるかどうか分からないのです。

解体工事で見つかる地中埋設物の種類は?

解体工事では、具体化にどんな種類の地中埋設物が見つかるのでしょうか。

  • コンクリートガラ
  • 井戸
  • 浄化槽
  • 以前の建物の基礎

良くあるのが、瓦やコンクリートのガラなどです。
これらは以前の解体業者が意図的に埋めたと考えられます。

また、大きな岩や石などが発見される事もあるのです。
そして、井戸や浄化槽が見つかる事もあります。
井戸や浄化槽の撤去は少し手間がかかるようです。

井戸の場合は、撤去の際にお祓いなどをする場合もあります。
更に、驚く事に以前建っていた建物の基礎が発見される事もあるのです。

今は、昔より基礎を深く掘って作ります。
ですから、その際に昔撤去されず放置された以前の基礎が見つかる事があるのです。

このように、地中埋設物と言っても様々なものがあり、種類や量によってかかる手間や費用も異なります。

解体工事で地中埋設物が見つかったら必ず撤去しよう

解体業者の際に地中埋設物が見つかった場合は、必ず撤去してもらいましょう。
万が一そのままにておくと、地盤が弱くなってしまう可能性があります。

次に家を建てた際に傾いたりなどの障害となるのです。
また、解体工事後に土地を売却する場合は特に注意が必要となります。

売却後に地中埋設物が発見された場合、責任は売り主にあるため、撤去費用はもちろん裁判等のトラブルにも発展しかねません。

解体工事で地中埋設物が見つかったら追加費用がかかる?

解体工事で地中埋設物が見つかったら追加費用がかかるのか

解体工事の際に地中埋設物が見つかった場合、その処分のための追加費用がかかるでしょう。
昔はずさんな工事も見過ごされる事が多かったようです。

しかし、現在の法律は厳しいため見つかった地中埋設物は産業廃棄物として適切に処分しなければなりません。
ですから、産業廃棄物の処分費用がかかるのです。

また、埋設物を掘り起こすのには地中を深く掘る作業が必要となります。
そうなると、それに対して重機の使用や人件費などの費用がかかってくるのです。

解体工事の地中埋設物の追加費用が不当な物か確認しよう

地中埋設物の処分にあたり、追加費用がかかるのは仕方のない事です。
しかし、中には不当な追加費用を請求してくる悪徳業者も存在します。

どれだけの量の地中埋設物が見つかり、それに対していくらかかるかなど、素人では分かりません。
それに漬け込んで、多額の追加費用を請求してくるのです。

このような悪徳業者には、「地中埋設物が見つかった時点ですぐに連絡をくれない」「説明が電話などで行われ、更に曖昧である」などの特徴があります。
解体工事を依頼する際には、地中埋設物が見つかった場合の対処について、前もって業者と話し合っておくと良いでしょう。

解体工事の地中埋設物で不当な費用を請求されないための対処法

解体工事が終わってから、地中埋設物がありましたと費用を請求されても納得いきません。
しかし、事後報告では実際に不当な金額であるかどうかも確認出来ないでしょう。

そういったトラブルを防ぐには、事前に「地中埋設物が見つかった時点ですぐに連絡もらう事」を約束してもらう事が重要です。
そして、実際に見つかった際には、地中埋設物の種類や量、費用の内訳などを書面で説明してもらいましょう。

地中埋設物の発見時にも丁寧に対応してくれる解体工事業者を選ぼう

地中埋設物に関してのトラブルを防ぐには、信頼出来る解体業者に工事を依頼するのが一番と対処法とも言えます。
それには、事前に複数の業者のから見積りを取るのがポイント。

しかし、いくつもの業者を探したりアポを取ったりするのは、時間も労力もかかります。
また、悪徳業者かどうかを素人が見極めるのも難しい事でしょう。

そこで、オススメしたいのがネットで簡単に複数の解体工事業者の見積りが取れる一括見積りサイトです。
多くのサイトでは、独自の審査基準により業者をふるいにかけており、悪徳と言われる業者はほぼ登録されていません。

ですから、短時間で優良業者を見つける事が出来るのです。
複数の業者を競わせる事で、費用を抑える事にも繋がるでしょう。

解体工事と地中埋設物のまとめ

解体工事と地中埋設物のまとめ

以前の解体工事の際に、ずさんに埋められた「地中埋設物」の有無は、地面を掘り起こしてみないと分かりません。
工事開始後に、地中埋設物が見つかった際には、様々なトラブルを防ぐため必ず撤去してもらいましょう。

適切に処分するためには、追加費用がかかります。
不当な請求をされないためには、事前の相談と、信頼出来る業者に依頼する事が重要です。

事前に複数の業者から見積りを取り、地中埋設物の発見時にも安心して任せられるところにお願いをしましょう。