東京都北区の解体

東京23区の中でも、下町情緒の溢れる「北区」。
赤羽などの繁華街は人気が高く、地方から足を伸ばして訪れる人もいるほど。

駅も多く都心へのアクセスが良いため、住みやすさが見直されている町のようです。
そんな北区で、建物の解体をする場合、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。

解体費用の相場というのは、実は地域によって異なるのです。
今回は、東京都北区の解体費用について、詳しく解説したいと思います。

東京都北区の解体費用の単価坪は?

東京都北区で建物の解体工事を行う際には、どれくらいの予算を考えておけば良いのでしょうか。
坪単価や実際の事例についてまとめましたので、参考にしてみてください。

東京都北区の解体費用の坪単価

東京都北区の解体費用の坪単価は、以下の通りです。

構造 坪単価
木造 4.1万円
鉄骨造 5.0万円
RC造 6.8万円

 解体費用の相場と言っても、一律ではありません。
上記のように、建物の構造によって変動するのが一般的なのです。

それは、どれだけ頑丈に作られているかによって、解体に掛かる手間が違う事が関係しています。
鉄骨や鉄筋などの金属を使用した建物は、解体するのも簡単ではありません。

特殊な重機を使用したり、多くの人員を動員するため、その分費用がかさむのです。
ですから、一般的には木造よりも鉄骨造やRC(鉄筋コンクリート)造の解体費用の方が、高くなる傾向にあります。

また、上記は建物の解体に掛かる費用の相場であって、工事のトータル的な金額とはまた別です。
解体工事にはこの他に、人件費や重機の使用料、外構などの付帯工事の費用などが掛かります。

坪単価だけでなく、「その他の費用」についても予算に入れておきましょう。

東京都北区の解体工事の費用例

東京都北区で、これまでに実際に行われた解体工事の費用例を少しご覧ください。

構造 坪数 費用 工期
木造2階建 27坪 105万円 9日間
木造平屋 12坪 125.3万円 12日間
RC造3階建 28坪 198万円 31日間
木造2階建 29.6坪 90.9万円 8日間
マンション内装解体 16坪 19.8万円 1日間

相場があるとは言え、実際にその通りになるケースばかりではありません。
解体費用の変動には、建物の大きさや立地、気候など様々な要因が関係しています。

ですから、例え同じような広さや構造の建物であっても、その他の条件が違えば費用にも差が出るのです。
上記は、おおよその参考程度にお考え下さい。

東京都北区で解体費用が高くなるのはどんなケース?

東京都北区で解体費用が高くなるのはどんなケースか

様々な要因によって変動する解体費用。
予算を超えてしまうのは、なるべく避けたいものです。

そこで、東京都北区で解体費用が高くなるのはどんなケースなのかを、事前に把握しておきましょう。

アスベストを含んだ建物

建物を解体する理由は様々にあるかと思いますが、中でも費用が高くなる可能性があるのが「古い建物」です。
1980年代前後に建てられた古い建物には、「アスベスト」が含まれている可能性があります。

アスベストとは、天然の鉱物繊維の一種であり、かつては建材などに広く使用されていました。
しかし、アスベストの繊維は髪の毛の約5000分の1と非常に細かく、吸い込む事で肺まで到達してしまうのです。

それにより、様々な病気を引き起こす事が、後に分かりました。
その事実が発覚してから、段階的に規制がされ現在では完全に使用が禁止されています。

しかし、アスベストの使用がまだ一般的であった時代に建てられた建築物には、未だに含まれている可能性があるのです。
アスベストの処分には危険を伴うため、解体費用は高くなります。

北区にも、古い建物は数多く存在するでしょう。
そのような家屋などの解体をお考えの方は、事前にアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

東京都北区は、都心のベットタウンの入り口という事もあり、一部では住宅街も多く存在します。
そこで、気になるのが立地条件です。

狭小地や変形地での解体工事では、多くの費用が掛かる傾向にあります。
それは、重機や作業車が入れない場合が多く、作業に手間や時間が掛かるからです。

機械が使えない場合には、地道に手作業で行う事になります。
時間や手間が掛かる分、人件費や現場の維持費は嵩むでしょう。

また、交通誘導員を設置する場合には、その分の費用も掛かります。
このように、狭小地や入り組んだ場所での解体工事をお考えの方は、費用が割高になる可能性について把握しておきましょう。

東京都北区で解体費用を抑えるためのポイント

東京都北区で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は、高くなる一方ではありません。
工夫次第では、安く抑える事も可能なのです。

ここからは、東京都北区で解体費用を抑えるためのポイントについて、詳しくご紹介しましょう。

東京都北区に解体工事で利用できる補助金制度はある?

東京都北区には、解体費用の削減に繋がる補助金や助成金制度がいくつか設けられています。
そのような制度は、費用の一部を自治体が負担してくれるというものですから、ぜひ利用してみましょう。

制度 内容
都市防災不燃化促進事業 避難路に隣接する区域(「不燃化促進区域」として位置付けられた区域)で燃えにくい建物を建てる方、及び木造等の既存建築物を除却する方に対し、建築費等の一部を助成
老朽家屋の除却費用の一部助成 昭和56年5月31日以前に建築され、6か月以上使用されてない空き家の除却費用の一部を助成
木密地域不燃化10年プロジェクト 不燃化特区内における不燃化建替え促進支援 不燃化特区内に指定された地域の老朽建築物を不燃化建替えする場合、除却費及び建築設計費等の一部を助成

東京都は、高い確率で起こるとされている震災に備え、燃え広がらない街づくりを目指すべく「木密地域不燃化10年プロジェクト」という取り組みを行っています。
北区の一部の地域は、この対象区域に指定されており、様々な制度が設けられているのです。

また、北区独自の解体補助金も多数ありますから、気になる方は区役所などに問い合わせてみると良いでしょう。
ただし、これらの制度を利用できるのは、区の定めた基準を満たす場合のみです。

制度ごとに条件が設けられており、事前に審査を受ける必要があります。
解体工事が始まってからでは受けられない制度がほとんどです。

余裕を持って、手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

業者に依頼する項目を減らす事が出来れば、解体費用を安く抑えられます。
解体工事と言うと、業者に全てを任せがちですが、実は自分で出来る事も少なくないのです。

例えば、建物内に残る不要品は、業者に処分を依頼すると産業廃棄物として扱われる為、費用が割高になります。
ゴミの日に出したり、大きな家具についても粗大ゴミとして北区に回収してもらうという方法があります。

また、カーポートやウッドデッキ等は、物によっては自分で壊せる場合もあるでしょう。
建物滅失登記などの届け出関連も、書類を提出するだけの簡単な物もあります。

専門家に依頼せず自分で行う事で、解体費用の削減になります。
このように、解体費用を抑えたい方は「何か自分で出来る事はないかな」という意識持ってみましょう。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を抑えるには、業者選びも自分で行う事をオススメします。
他社からの紹介や、解体を含めたリフォームや建て替え等のトータルプランでは、中間マージンが発生するケースがほとんどだからです。

中間マージンは、解体費用の約10%とも言われています。
自分で業者を探し直接契約するだけで、それだけの費用の削減になるのです。

より安く優良な業者を選ぶには、複数の会社から見積りを取り比較しましょう。
価格競争が生まれ、費用が安くなる可能性があります。

自分で業者を探す事に不安を感じる方には、見積りサイトをオススメします。
ネットに条件を入力するだけで、複数の業者の見積りが取れるというものです。

そのようなサイトでは、厳しい審査をクリアした業者しか登録がされていません。
ですから、いわゆる悪徳業者に当たるリスクを減らせるのです。

当サイトがオススメする一括見積りサイトには、北区周辺の解体業者も登録しています。
気になる方は、是非お試し下さいね。

東京都北区と解体のまとめ

東京都北区と解体のまとめ

東京都北区の解体費用の相場は、坪単価4.1~6.8万円ほどです。
ただし、物件ごとに異なる様々な条件によって変動しますので、おおよその参考程度にお考え下さい。

解体費用を安く抑えるには、複数の業者から見積りを取って比較しましょう。
見積りサイト等を利用すれば、解体工事に詳しくない方でも、安全に業者探しが出来ます。

また、東京都北区には、解体工事の際に利用できる補助金制度が設けられています。
該当する方は、是非活用してみましょう。