豊田市の解体

建物の解体を考えた時、気になるのが費用です。
しかし、解体費用の相場というのは、実は地域によって少しずつ異なります。

世界有数の自動車産業を誇る、愛知県の豊田市。
「日本のへそ」として3大都市の一つにあたる愛知県にあります。

豊田市の中心部には住宅街も多く、また戸建てが多いのも特徴です。
今回は、そんな愛知県豊田市の解体費用について、詳しくご紹介しましょう。

豊田市の解体費用の単価坪は?

愛知県豊田市で家屋などを解体した場合、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。
坪単価や実際の費用例などを参考に、事前に把握しておきましょう。

豊田市の解体費用の坪単価

豊田市の解体費用の坪単価は、以下のとおりです。

構造 坪単価
木造 2.5万円
鉄骨造 2.3万円
RC造 4.6万円

このように、解体費用の坪単価は、建物の構造によって異なります。
RC造とは、鉄筋コンクリート造の事ですが、非常に頑丈な造りをしています。

その分、解体するのにも手間が掛かるため、解体費用は他の構造に比べて高くなるのです。
また、上記は建物の解体に掛かる費用の相場であって、工事の総額ではありません。

この他に、人件費や設備費はもちろん、カーポートや塀、庭の樹木の撤去など、物件によって様々な「その他の費用」が掛かります。
坪単価だけに囚われず、見積りの際に業者にしっかりと確認をしましょう。

豊田市の解体工事の費用例

豊田市でこれまでに実際に行われた、解体工事の費用例をご紹介します。
数ある事例のほんの一部ですが、参考にしてみて下さい。

構造 坪数 費用 工期
木造平屋 47.3坪 99.7万円 9日間
木造2階建 51坪 141万円 8日間
鉄骨造平屋 10坪 29.3万円 4日間
2階建アパート 68坪 196万円 15日間
鉄骨造平屋 15.7坪 33万円 5日間

   
解体費用には相場があります。
しかし、物件によって解体の項目も違えば、立地も違います。

また、アスベストや地中埋設物の有無などによっても、費用は変動するのです。
ですから、例え同じような条件の事例があったとしても、実際の解体費用に大きく差が出る事もあります。

それを踏まえた上で、参考程度にお役立て下さい。

豊田市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

豊田市で解体費用が高くなるのはどんなケースか

様々な要因によって変動する解体費用。
豊田市の解体工事において、費用が相場よりも高くなるのは、どのようなケースなのでしょうか。

詳しく見て行きましょう。

アスベストを含んだ建物

豊田市は工場などの働く場所が多く、県外からの移住者が非常に多い都市です。
しかし一方で、先祖代々そこに住み、土地を守っている人も少なくありません。

そんな、古い建物の解体で気をつけたいのが「アスベスト」です。
一時は「奇跡の鉱物」として建材に多く使用されていたアスベスト。

しかし、その繊維を吸入する事による健康被害が問題となり、現在は使用が禁止されています。
ですが、規制されるより以前に建てられた建築物には、未だにアスベストが含まれている可能性があるのです。

アスベストの処分は危険を伴うため、専門業者が行う事になっています。
その分、解体費用が高くなるのです。

古い建物の解体をお考えの方は、事前にアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

豊田市の中心部には住宅街や繁華街も多く、狭い土地に建つ建築物は多いようです。
そのような、狭小地での解体工事は、相場よりも費用が高くなる傾向にあります。

隣接する道路が狭く重機が入れない場合には、地道に人力解体となります。
交通誘導員を置けば、その分費用が掛かるでしょう。

騒音や粉塵など、周辺への配慮もより必要になりますから、設備の強化も行います。
このように、狭小地での解体工事は非常に手間が掛かるため、費用が高くなるのです。

豊田市で解体費用を抑えるためのポイント

豊田市で解体費用を抑えるためのポイント

解体工事において、費用が高くなる要因に関しては、避けられないものもあります。
しかし、その分別の項目で費用の削減をしたいものです。

ここからは、豊田市の解体工事で費用を安く抑えるポイントについて、いくつかご紹介しましょう。

豊田市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

豊田市には、解体費用の削減に繋がる助成金や補助金制度が設けられています。
このような制度を上手く利用する事も、解体費用の削減に繋がるのです。

制度 内容
木造住宅の地震防災対策と補助事業 木造住宅の無料耐震診断、耐震改修・解体費補助
非木造建築物の耐震化補助事業 非木造建築物の無料耐震診断、耐震改修・解体費補助
ブロック塀等撤去奨励補助事業 公道等に面したブロック塀等を撤去する方に補助金を交付
豊田市中山間地域空き家再生事業 空き家情報バンク制度により、賃貸借契約が成立した空き家に対して、改修に必要な経費の一部を補助

これらの制度を利用するには、自治体の定める基準を満たす必要があります。
事前に申請をし、審査を受けなればなりません。

工事が始まってからでは申請できない制度がほとんどです。
解体工事をお考えの方は、事前にしっかりと手続きをしましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

不要品の処分や届出、簡単な物の撤去など、解体工事では自分で出来る事も意外に多くあります。
そのような部分を業者に依頼せず自分で行う事で、費用の削減になるでしょう。

産業廃棄物の処分費用は、解体費用の大部分を占めると言われています。
豊田市のゴミの回収などを利用して、自分で処分出来るものは極力してしまいましょう。

カーポートや庭の植物なども、物によっては自分でも処分できます。
また、解体後に行う「建物滅失登記」は、書類を揃えて提出するだけの簡単な申請です。

このように、少しの手間や工夫によって、解体費用は安く抑えられるという事を覚えておきましょう。

複数の業者から見積りを取ろう

「自分で出来る事は自分で」というお話をしましたが、それは業者選びに関しても当てはまります。
リフォームや建替えの際に多いのが、建設業者が解体業者を紹介してくれるケースです。

しかし、そこには中間マージンが発生する事がほとんどでしょう。
ですから、解体業者は自分で探して直接契約をしてください。

また、その際には、事前に複数の業者から見積りを取って比較しましょう。
価格競争をさせる事により、費用が安くなる可能性があるからです。

とは言え、自分で業者を探すのは不安だという人もいますよね。
そこで、オススメしたいのが 「一括見積りサイト」です。

ネットで簡単に、複数の業者の見積りが取れます。
そのようなサイトでは厳しい基準を設け、業者を事前にふるいにかけていますから、安全性が高いのもオススメのポイントです。

当サイトがオススメしている見積りサイトには、豊田市周辺の業者の登録もあります。
気になる方は、是非ご活用下さいね。

豊田市と解体のまとめ

豊田市と解体のまとめ

愛知県豊田市の解体費用の相場は、坪単価2.3~4.6万円ほどです。
建物の構造や立地条件などによって変動しますから、参考程度にお考え下さい。

豊田市には、解体工事の際に利用できる補助金制度が設けられています。
事前の審査が必要ですが、該当する方はぜひ利用してみましょう。

また、解体費用を抑えるには、複数の業者から見積りを取り比較するのがポイントです。
見積りサイト等を利用する事で、素人の方でも安全且つ簡単に、優良業者を見つける事が出来るでしょう。