杉並区の解体

お持ちの建物の取り壊しやリフォーム等を考えた時に、気になるのは費用に関する事ではないでしょうか。
解体費用は数十万円~数百万円という単位ですから、事前にしっかりと把握しておきたいものです。

しかし、解体費用の相場というのは、実は地域によって差があります。
中でも今回は、住みやすい町として住宅街の多い東京都「杉並区」の解体費用について詳しく解説しましょう。

杉並区で解体工事をお考えの方は、是非参考にしてみて下さいね。

杉並区の解体費用の単価坪は?

東京都杉並区の解体費用の坪単価は、どれくらいなのでしょうか。
実際の費用例と合わせて、参考にしてみて下さい。

杉並区の解体費用の坪単価

こちらは、杉並区の解体費用の坪単価です。
このように、建物の構造ごとに、解体に掛かる費用の相場は異なります。

構造 坪単価
木造 3.9万円
鉄骨造 4.8万円
RC造 7.0万円

建物の解体に掛かる手間の違いが、費用の差を生み出しています。
このRC造とは、鉄筋コンクリート造の事です。

鉄筋を組んで出来た枠組みを、コンクリートで補強するという非常に頑丈な造りのRC造。
ご覧のように、解体費用の相場は最も高くなっています。

一方、木造の建物を取り壊すのには、それほど手間を要しません。
ですから、一般的には、木造よりも鉄骨や鉄筋を使用した建物の解体費用の方が高くなる傾向にあります。

また、解体工事では上記の他にも、人件費や燃料代、廃棄物の処分代や設備費など様々な費用が掛かります。
ですので、解体費用は相場よりも多めに用意しておきましょう。

杉並区の解体工事の費用例

これまでに、杉並区で実際に行われた解体工事の費用例の一部をご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造2階建 35坪 120万円 11日間
木造平屋 11坪 33万円 7日間
軽量鉄骨造2階建 90坪 277万円 62日間
木造2階建 30坪 89.6万円 13日間
木造2階建 30坪 223万円 12日間

解体費用には相場はありますが、実際にはその通りになるものばかりではありません。
「解体工事」と一口に言っても、その範囲や項目、立地条件などは、各物件によってまちまちだからです。

ですから、上記のような費用例は、おおよその参考材料としてお役立て下さい。
実際の細かな費用に関しては、業者に現場を見てもらった上で確認するのが確実でしょう。

杉並区で解体費用が高くなるのはどんなケース?

杉並区で解体費用が高くなるのはどんなケースか

様々な要因によって変動する解体費用。
予想よりも高くなってしまうのは、避けたいものです。

杉並区で解体費用が高くなってしまうのは、どのようなケースなのでしょうか。

アスベストを含んだ建物

杉並区は「住みやすい町」として、ファミリー層に大変人気の高い地域です。
古民家や空き家を購入し、リフォームやリノベーションを施して住む方も増えているでしょう。

しかし、そのような古い建物には「アスベスト」が含まれている可能性があります。
アスベストの細かな繊維を吸い込むと、肺がんなどの様々な病気を引き起こします。

そのため、専門業者による処理が義務づけられており、その分解体に掛かる費用が高くなるのです。
アスベストは、その耐久性や柔軟性の高さから、1990年代ごろまで建材として多く使用されていました。

現在は使用が禁止されていますが、規制が始まる前に建築された建物には、未だに含まれている可能性があるのです。
古い建物を解体する際には、事前にアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

杉並区のような人気の高い町には、住宅密集地も多い事でしょう。
中には、狭小地や入り組んだ土地に建っている建物もあるかと思います。

立地条件は、解体費用を左右する大きな要因の一つです。
中でも、狭小地での解体費用は、相場よりも高くなる傾向にあります。

それは、解体作業を行うにおいて、非常に手間が掛かるからです。
隣接する道路が狭く交通量が多い場合には、別途費用を払い交通誘導員を置くケースも多いもの。

また、必要な重機が入れず手作業になる場合には、多くの人員や日数が必要となります。
作業スペースには限りがあるため、工事全体の効率が落ちるという事も考えられるでしょう。

このような理由から、狭小地に建つ建物の解体工事には、多くの費用が掛かるのです。
気になる方は、業者に現場を見てもらった上で、最終的な見積りを出してもらうと安心でしょう。

杉並区で解体費用を抑えるためのポイント

杉並区で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は、なるべくなら安く抑えたいものですよね。
ここからは、杉並区で解体費用を安く抑えるポイントについて、見ていきましょういきましょう。

杉並区に解体工事で利用できる補助金制度はある?

杉並区には、解体工事の際に利用できる補助金や助成金制度が設けられています。
その一部をご紹介しましょう。

制度 内容
老朽危険空家除却費用の助成制度 特定空家等の管理不全な空家に対して、除却費用の一部を助成
木造住宅等の除却に関する助成制度 昭和56年5月以前に建てられた木造住宅等について、一部対象地域に限り、除却費用の一部を助成
木造住宅等の耐震化に関する助成制度 昭和56年5月以前に建てられた木造住宅等について、耐震診断及び耐震改修の費用の一部を助成
木造住宅等の耐震シェルター等に関する助成制度 昭和56年5月以前に建てられた木造住宅等について、耐震シェルター等設置費用の一部を助成

空き家や耐震など、区民の安全を守るための制度が充実しています。
このような制度を利用する事で、解体費用の削減に繋がるでしょう。

ただし、これらの制度を利用できるのは、ある一定の基準を満たした建物だけです。
それには、事前に申請をし、審査を受ける必要があります。

工事が始まる前に手続きを完了しなければならない制度がほとんどです。
解体工事が決まったら、余裕を持って申請をしましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

「解体工事」と聞くと、完全に業者に任せる事だと思う方は多いのではないでしょうか。
確かに、建物の解体は素人では出来ません。

しかし、解体工事は建物を解体すること以外にも、多くの工程を踏みます。
その中には、依頼主本人が自分で出来る事もあるのです。

  • 不要品の処分
  • カーポートやデッキなどの簡単な解体
  • 樹木の撤去
  • 解体業者探し
  • 建物滅失登記

この他にも、ブロック塀を自分で解体してしまう人もいるようです。
簡単なのは、不要品の処分や解体業者探しでしょう。

家財道具や寝具などの不要品は、業者に処分を依頼すると産業廃棄物として見なされるため、費用が割高になります。
しかし、粗大ごみとして杉並区に回収を頼めば、数百円~数千円程度の費用で済むでしょう。

また、業者探しも自分で行う事で、紹介の場合に発生する中間マージンを削減できます。
建物滅失登記などの届出に関しても、自分でもできる簡単なものもあるのです。

このように、業者に依頼する項目を減らせば、解体費用を安く抑える事に繋がるでしょう。

複数の業者から見積りを取ろう

「業者探しは自分で行いましょう」というお話をしましたが、解体工事は人生でそう何度もするものではありません。
業者探しなどした事がないという方が殆どでしょう。

より安く、優良な解体業者を選ぶには、複数の業者から見積りを取って比較するのがポイントです。
価格競争をさせる事で、費用が安くなる可能性があります。

また、他社との比較によって、ご自分の要望に合う業者を見つけられる確率が上がるでしょう。
そこで、オススメしたいのが「一括見積りサイト」です。

素人の方でもネットで簡単に、複数の業者から見積りを取る事が出来ます。
そのようなサイトでは、厳しい基準を設け業者を事前に審査していますので、安全性の高さからもオススメなのです。

当サイトがオススメしている見積りサイトには、杉並区周辺の解体業者も多数登録しています。
気になる方は、見積りだけでも取ってみると良いでしょう。

杉並区と解体のまとめ

杉並区と解体のまとめ

東京都杉並区の解体費用の相場は、坪単価3.9~7.0万円ほどです。
ただし、建物の立地やアスベストの有無など、様々な条件によって変動します。

解体費用を安く抑えるには、自治体の運営する解体助成金や補助金制度を利用しましょう。
杉並区には様々な制度が設けられていますので、気になる方は区役所などに問い合わせてみると良いかと思います。

また、自分でも出来る解体費用の節約術は意外に多くあります。
業者探しは見積りサイト等を利用する事で、素人の方でも安全に行えるのでオススメです。