国分寺市の解体

東京都の中央部、多摩地区に位置する「国分寺市」。
都内では「田舎」とも言われていましたが、ここ最近では駅前の再開発が進み、にぎわっているようです。

また、治安が良いという点で子育て世代のファミリー層に人気の街と言えます。
そんな国分寺市で、家屋などの解体工事をお考えの方もいる事でしょう。

そこで今回は、東京都国分寺市の解体費用について、ご紹介したいと思います。
解体費用の相場は地域によって異なるので、把握しておきましょう。

国分寺市の解体費用の単価坪は?

国分寺市で建物を解体した場合、どれくらいの予算を見ておけば良いのでしょうか。
坪単価や実際の費用例をご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

国分寺市の解体費用の坪単価

国分寺市の解体費用の坪単価は、以下のとおりです。

構造 坪単価
木造 3.8万円
鉄骨造 4.6万円
RC造 5.4万円

このように、解体費用の坪単価は、建物の建築工法によって差があります。
頑丈な建物ほど解体するのにも手間が掛かりますから、費用も高くなる傾向にあるのです。

ただし、鉄骨や鉄筋などの金属は再利用が可能なため、業者が買い取ってくれるケースがほとんど。
その買い取り価格によっては、木造よりも安くおさまる事もあります。

また、上記の坪単価は、建物の解体そのものに関する費用です。
解体工事にはこの他に、人件費や燃料費、廃棄物の処分代など様々な費用が掛かりますので覚えておきましょう。

国分寺市の解体工事の費用例

こちらは、国分寺市で実際に行われた解体工事の費用例です。
ほんの一部ですが、参考にしてみて下さい。

構造 坪数 費用 日数
木造2階建 50坪 260万円 16日間
木造+RC造3階建 52.5坪 269万円 21日間
木造2階建 47坪 260万円 11日間
木造2階建 28坪 107.6万円 8日間
RC造2階建 24坪 189万円 15日間

解体費用の相場をご紹介しましたが、ご覧のように実際にはその通りになる事例ばかりではありません。
工事の内容や範囲は、物件によって異なるのです。

また、依頼する業者によっても費用には差が出ますから、しっかりと検討する必要があるでしょう。
ですから、上記はおおよその参考程度にお役立て下さい。

国分寺市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

国分寺市で解体費用が高くなるのはどんなケース

解体費用は変動するものですが、高くなってしまうのはなるべく避けたいものですよね。
国分寺市で解体費用が高くなるのは、どのようなケースなのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

アスベストを含んだ建物

解体費用を押し上げる要因の一つが「アスベスト」です。
アスベストとは、かつて建材として多く使用されていた天然鉱物の一種。

耐熱性や耐久性、汎用性の高さから、「奇跡の鉱物」と呼ばれ1990年代ごろまで日本の家づくりを支えていました。
しかし、その細かな繊維は吸い込むと肺まで到達し、様々な病気を引き起こすのです。

その事実が発覚して依頼、段階的な規制を経て現在では完全に使用が禁止されています。
しかし、それ以前に建てられた建築物には、未だに含まれている可能性があるのです。

アスベストを含む建物の解体は危険を伴うため、高い費用が掛かります。
国分寺市は昔からの住宅街も多く、古い建物も沢山あるでしょう。

そのような建物の解体をお考えの方は、事前にアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

国分寺市は住みやすい街・これから住みたい街と言われ、住宅地も多い地域。
ですから、狭小住宅や変形地に建つ建物も数あるでしょう。

そのような狭い場所での解体作業には手間が掛かるため、費用は割高になる傾向にあります。
重機や作業車が入れず手作業となる場合が多く、通常よりも工期が長く掛かります。

人件費や設備費、現場の維持費等がかさみ、結果的に解体費用が高くなるのです。
また、交通状況によっては誘導員を設置する場合も少なくありません。

狭小地や変形地に建つ建物の解体をお考えの方は、相場より多めに費用を用意しておくと安心です。

国分寺市で解体費用を抑えるためのポイント

東京都国分寺市で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は変動しますが、高くなる一方ではありません。
工夫次第では、安く抑える事も可能なのです。

ここからは、国分寺市で解体費用を抑えるためのポイントをいくつかご紹介しましょう。

東京都国分寺市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

国分寺市には、解体工事の際に利用できる補助金や助成金制度が設けられています。
このような自治体の制度を活用する事も、解体費用を抑えるポイントの一つです。

ブロック塀等撤去工事にかかる費用の一部を助成

市内の危険なブロック塀などの撤去工事にかかる費用の一部を助成

木造住宅耐震化支援事業

昭和56年5月以前に建築された木造住宅を対象に、耐震診断、耐震改修及び除却費用の一部を助成

生け垣造成費の補助

一定条件を満たす生け垣を新設する際にかかった費用の一部を補助

国分寺市は、市民の安全を守るための補助金制度が充実していますね。
また、この他にも多くの制度を設けていますので、気になる方は区役所などにお問い合わせください。

ただし、これらの制度は誰でも無条件に受けられるものではありません。
制度ごとに決められた基準があり、それを満たす必要があるのです。

それには、事前に審査を受けなければなりません。
工事が始まってからでは受けられない制度がほとんどです。

解体工事を行う事が決まったら、早めに申請を行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体費用を抑えるポイントは、業者に依頼する項目を減らす事です。
解体工事は、単に建物を取り壊すだけではありません。

完了までに多くの工程を踏みます。
その中で、自分で出来る事も意外に多くあるのです。

ウッドデッキや小さな倉庫程度の解体なら、DIYが得意な人にとっては簡単かもしれません。
カーポートも、物によっては自分で解体する事も出来ます。

簡単なのは、不要品の処分です。
業者に依頼をすると産業廃棄物として見なされ、費用が割高になります。

ですが、大きな家具なども粗大ゴミとして国分寺市に回収してもらえば、費用はほとんど掛かりません。
また、登記などの届出に関しても、自分で出来るものもあります。

このように「自分で出来る事」を探すだけでも、解体費用の削減に繋がるのです。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を抑えたいのなら、業者は自分で選びましょう。
ハウスメーカー等の他社からの紹介ですと、中間マージンが発生する事がほとんどだからです。

中間マージンは解体費用の約10%とも言われていますから、自分で業者を選ぶだけで費用が大きく削減できるでしょう。
また、その際には複数の業者から相見積りを取って比べる事がポイント。

価格競争に繋がる事で、見積り費用が安くなる可能性があるのです。
「自分で解体業者を探すのは不安」という方にオススメなのが一括見積りサイト。

ネットで条件を入力するだけで、それに合う業者をピックアップしてくれるのです。
また、そのようなサイトでは、事前に厳しく審査を行った上で業者を登録しています。

ですから、いわゆる悪徳と呼ばれる様なずさんな業者に当たるリスクを軽減できるのです。
当サイトがオススメしている見積りサイトには、国分寺市周辺の解体業者も登録しています。

見積りだけでも出来ますので、気になる方はぜひ一度、利用してみて下さい。

東京都国分寺市と解体のまとめ

東京都国分寺市と解体のまとめ

東京都国分寺市の解体費用の相場は、坪単価3.8~5.4万円ほどです。
ただし、物件ごとの様々な条件や工事の内容によって変動しますので、参考程度にお役立て下さい。

解体費用を安く抑えるには、業者に依頼する項目を減らしましょう。
自治体の設ける補助金制度の利用もオススメです。

業者を選ぶ際には、相見積りを取り内容や費用を比較しましょう。
見積りサイト等を利用する事で、慣れていない方でも安全かつ簡単に、業者選びが出来るのです。