品川区の解体

東京都の中でも、下町やオフィス街、高級住宅地など様々な顔を持つのが品川区。
そんな品川区で、建物の解体をお考えの方もいる事でしょう。

そこで、気になるのが費用ですが、実は解体費用は地域によって異なるのです。
今回は、首都東京都にある品川区の解体費用について、詳しく解説したいと思います。

品川区で解体工事をお考えの方は、是非参考にしてみてくださいね。

品川区の解体費用の単価坪は?

品川区での解体費用の単価坪や、実際に行われた工事の費用例を見ていきましょう。

品川区の解体費用の坪単価

品川区の解体費用の単価坪は、以下の通りです。

構造 坪単価
木造 4.8万円
鉄骨造 4.3万円
RC造 8.6万円

解体費用の坪単価は、建物の造りによって異なります。
どんな材料を使用しているかで、解体に掛かる手間が違うからです。

東京都と言う事もあり、品川区の解体費用は、高めだと言えるでしょう。
建物が密集した場所では工事に時間や手間が掛かるため、費用が高くなる傾向にあるのです。

また、上記は建物を解体するのに掛かる費用の相場であり、工事のトータル的な金額ではありません。
解体工事ではこの他に、人件費や燃料費、設備費など「その他の費用」が掛かるという事を、覚えておきましょう。

品川区の解体工事の費用例

品川区でこれまでに、実際に行われた解体工事の費用例の一部をご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造平屋 10坪 44.8万円 3日間
木造2階建 22坪 63万円 6日間
鉄骨造平屋 10坪 58.8万円 5日間
木造平屋 14坪 59.9万円 5日間
木造2階建 32坪 137万円 9日間

解体費用には相場こそありますが、ご覧のように実際に掛かる費用は様々です。
大きさや立地、依頼する業者など、条件によって費用か変わります。

また、部分的な解体なのか、全てを解体して更地にするのかによっても費用は変動します。
ですから、同じような条件の事例でも、工事に掛かる費用に差が出る事もあるのです。

上記の事例に関しては、おおよその参考程度にお役立て下さい。

品川区で解体費用が高くなるのはどんなケース?

品川区で解体費用が高くなるのはどんなケースか

解体費用は、様々な要因によって、高くも安くもなり得ます。
品川区で解体費用が高くなるのはどんなケースなのでしょうか。

事前に把握する事で、予期せぬ事態を防ぎましょう。

アスベストを含んだ建物

老朽化した建物を解体するという場合に、気を付けたいのが「アスベスト」です。
結論からお伝えすると、古い建物にはアスベストが含まれている可能性があり、解体費用が高くなる事があります。

アスベストとは、1990年代ごろに建材に多く使用されていた天然の鉱物繊維の一種です。
優れた耐久性や柔軟性によって、「奇跡の鉱物」と呼ばれ重宝されていました。

しかし、その繊維は髪の毛の5000分の1もの細さであり、吸い込む事によって肺がんなどを引き起こす危険性があるのです。
それを受け、現在は使用が禁止されていますが、この事実が発覚する前に建てれらた建造物には、未だにアスベストが含有している可能性があります。

アスベストは、解体によって空気中に飛散します。
危険を伴うため、専門業者による適切な処分が義務付けられており、その分費用が高くなるのです。

品川区にも、古い建物は数多く存在するでしょう。
老朽化した建物の解体をお考えの方は、事前にアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

解体費用は、立地条件によっても、大きく変動します。
中でも、「狭小地」での解体工事には、相場よりも多くの費用が掛かるでしょう。

必要な重機や作業車が入れず、人力解体になれば、通常よりも長く工期が必要になります。
人件費や現場の維持費が嵩むため、費用が高くなるのです。

場合によっては、別途費用を払い交通誘導員を設置する事もあります。
建物が密集した地域では、騒音や粉塵対策の強化も必要ですから、養生などの設備費も高くなるでしょう。

このように、狭小地での解体作業には非常に手間が掛かるため、費用は高くなる傾向にあります。
品川区は、建物が密集して立ち並ぶ場所が多いので、そのような条件下での解体工事をお考えの方は、多めに費用を用意しておきましょう。

品川区で解体費用を抑えるためのポイント

品川区で解体費用を抑えるためのポイント

条件によって変動するとは言え、やはり解体費用はなるべく安く抑えたいものですよね。
ここからは、品川区で解体費用を抑えるためのポイントについて、いくつかご紹介したいと思います。

品川区に解体工事で利用できる補助金制度はある?

品川区には、解体工事の削減に役立つ補助金や助成金制度があります。
その一部をご紹介しましょう。

制度 内容
木造住宅密集地域を対象に除却工事費用の助成 昭和56年5月31日以前に建築された木造の戸建て住宅で、耐震診断の結果で倒壊の恐れがあると診断された物の解体費用を助成
アスベスト対策助成事業 住宅などのアスベストの調査・除去に要する費用の一部を助成
住宅改善工事助成事業(エコ&バリアフリー住宅改修) 区民の方、マンション管理組合または賃貸住宅個人オーナーの方が既存住宅について区内施工業者を利用して、環境やバリアフリーに配慮したリフォーム工事を行う場合に、工事費用の一部を助成
品川区緑豊かな街なみづくり助成 道路沿いに生垣を作る時に既存のブロック塀を除却する場合に、費用の一部を補助

品川区の補助金制度は、非常に充実していると言えます。
このような制度を利用する事で、結果的に解体費用の削減に繋がるのです。

ただし、補助金や助成金を受け取るには、ほとんどの場合、事前に区の審査を受ける必要があります。
これらの制度には、品川区の定めた基準があり、それを満たす建物に対してのみ、利用が出来るのです。

工事が始まる前の申請が必須の制度がほとんどですから、前もって手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

建物を解体して、土地を整地し終了するまでには、多くの工程を踏みます。
その全てに、それぞれ費用は掛かっているのです。

ですから、その中の自分で出来る事を行うだけでも、費用の節約になります。
例えば、家財などの不要品の処分は、業者に依頼すると費用が割高になるものです。

品川区に粗大ごみとして回収してもらえば、費用はほとんど掛かりません。
また、ウッドデッキやカーポートの解体、庭の樹木の伐採なども、DIYが好きな人であればおおよそ出来るでしょう。

このように、業者に依頼する項目を減らす事は、解体費用を安く抑えるポイントの一つなのです。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を抑えるには、解体業者も自分で選びましょう。
建設業者などからの紹介では、中間マージンが発生する事が多いからです。

また、事前に複数の業者から見積りを取り比較する事も、費用を抑えるポイントと言えます。
業者同士を競わせる事によって、見積り金額が安くなる可能性があるからです。

しかし、解体業者を個人で探すというのは、不安な方もいる事でしょう。
そこで、オススメしたいのが「一括見積りサイト」です。

ネットで簡単に、複数の業者から見積りを取る事が出来ます。
また、このようなサイトでは、事前に審査をしてから業者を登録しています。

いわゆる「悪徳業者」にあたるリスクを軽減できるので、安全性の面でもオススメなのです。
当サイトがオススメしている見積りサイトには、品川区周辺の業者も多数登録しています。

気になった方は、ぜひ一度、見積りを取ってみて下さい。

品川区と解体のまとめ

品川区と解体のまとめ

品川区の解体費用の相場は、坪単価4.3~8.6万円ほどです。
ただし、建物の大きさや立地など様々な条件によって変動しますので、参考程度にお考え下さい。

品川区には、解体工事の削減に繋がる補助金や助成金制度が充実しています。
該当する方は、事前にしっかりと手続きを行い利用しましょう。

また、解体業者を自分で探す事も、費用を抑えるポイントです。
見積りサイトなどを上手に活用し、優良な業者を探しましょう。