ビル解体費用

ビルのような大きくて頑丈な建物を解体する際、解体費用はどのくらい掛かるのでしょうか。
また、建物を解体する時に気を付けなければならないのは、アスベストのような有害物質が建材に使われているかどうかです。

そして、そういった物質を除去・撤去する際は専門業者に依頼して作業するため、その分の費用も上乗せになります。
ですが、その場合には自治体からの補助金が出る可能性もあるのです。

ビルの解体費用についてご説明いたします。

ビルの解体費用の坪単価の相場を知ろう

ビルに限らず建物を解体費用は、条件によって坪単価の相場が変わってきます。
だいたいの相場について学びましょう。

ビルの解体費用の相場は構造や地域によって異なる

建物の解体工事費用は、建物の構造や地域によって相場が異なってきます。
例えば、解体する建物の隣接道路が狭く大型の工事車両が入らなかったりすると、手作業や小型の解体機器を使わなければなりません。

そのため、工期が延びてしまい、その分の大工さんの手間賃などが大幅に増えてしまうのです。
この後説明しますが、建物の構造によっても解体工事期間が変わり、費用も異なってきます。

今回は、ビルの解体費用についてのお話ですので、ビルの構造で多い鉄骨造と鉄筋コンクリート造についてご紹介いたしましょう。
ちなみに、一般的な戸建て住宅の構造である木造は、鉄骨や鉄筋コンクリートよりも工期は短く済みます。

また、手作業でも解体が出来るので、その分の工事車両に掛かる費用も節約出来るのです。

鉄骨造ビルの解体費用はいくら?

鉄骨造ビルは、主要の構造部に形鋼や鋼板などの鋼材などを用いた造のビルです。
相場は一坪あたり、だいたい35,000円になります。

鉄筋コンクリート造ビルの解体費用はいくら?

鉄筋コンクリート造ビルとは、コンクリートの中に鉄棒を埋め込んで強度を高める構造のビルの事です。
コンクリートを使用しているため、鉄骨造よりも強度は増しています。

その分、解体の際も鉄骨造よりも手間がかかるため、相場も一坪あたり45,500円になり、少し高額です。

鉄骨鉄筋コンクリート造ビルの解体費用はいくら?

もう1つ、ビルの構造でよくあるのは鉄骨鉄筋コンクリート造です。
これは鉄骨造と鉄筋コンクリート造を組み合わせたもので、鉄骨の骨組みの周りに鉄筋を張り巡らせて芯にし、その周りにコンクリートを流し込んで形にする構造の事。

とても丈夫な構造なので、高層建築物に利用される事が多いのですが、建築する際は先述した2つの構造よりも工期が長くなってしまいます。
丈夫な構造で、解体時の工期も長くなる恐れがある建物のため、坪単価の相場も先述2つの構造よりも高めの約60,000円ほどになりるでしょう。

これらの坪単価はおおよその金額です。
地域や解体現場、解体時期によって少しずつ金額は変わってきます。

ご紹介した相場は、だいたいの目安として頭に入れておくと良いでしょう。

ビルのアスベスト解体費用について

ビルのアスベスト解体費用

ビルだけでなく、現存の建物の中にはアスベストと呼ばれる有害物質を含む建材が使われている建物もあります。
アスベスト(石綿)とは、天然に出来た鉱物繊維の事です。

日本では、1970年代から80年代に多く使われていました。
しかし、近年になってアスベストによる人体への悪影響があると分かり、2006年には輸入量が0トンになったようです。

アスベストを吸引すると、咳・痰、微熱・高熱、胸や背中の痛みなど身体に影響が出る恐れがあります。
発症する病気は、間質性肺炎、良性石綿胸膜炎、びまん性胸膜肥厚、最悪の場合には肺がんなど。

アスベストの恐ろしい所は、吸引してもすぐに発症せず潜伏期間が30~50年もあるという事です。
何か体に異常が出ても、それがアスベストが原因だとは気づきにくい所があります。

ビルを解体する際のアスベストの撤去費用

ビルだけでなく、アスベスト含有建材がある建物を解体する場合、必ず専門業者に依頼して調査・除去工事をしてもらわなければなりません。
その分、解体費用が高くなってしまいますが、アスベストの除去を勝手にする事は違反になります。

勝手に除去した事で、もし近隣の方に健康被害を及ぼして裁判沙汰にでもなったら、解体現場の依頼人である施主にも賠償請求を命じられる恐れもあるのです。
ご自分だけでなく周りへの配慮のためにも、アスベストの調査・除去の費用は出し渋らないようにしましょう。

ビルのアスベスト解体費用の相場はいくら?

アスベストの調査依頼は約10万円程度で済みますが、実際に除去作業をするとその費用はさらに跳ね上がります。
2008年の国土交通省発表のアスベストの除去工事費用の相場は、処理面積が300㎡以下だと1㎡あたり2万円~8.5万円、1㎡あたり300㎡~1,000㎡だと1.5万円~4.5万円、1㎡あたり1,000㎡以上だと1万円~3万円ほどです。

例えば処理面積が400㎡あれば、600万円~1,800万円とかなりの高額費用になります。
ただ、上記の相場は国土交通省が発表した平成19年の1年間の調査結果です。

業者と相談してもう少し安くなる可能性もあるでしょう。
他にも、自治体によっては補助金をもらえる場合もあります。

アスベウト含有建材があると分かったら、近くの自治体に補助金が適用されるかどうか相談してみると良いでしょう。

ビル解体依頼の際は複数業者で解体費用の比較を

ビル解体依頼の際は複数業者で解体費用の比較を

ビルの解体工事をするときは、複数の業者から解体の見積もりを依頼して解体費用を比較しましょう。
インターネットの解体工事業者一括見積もり依頼サイトを利用して、少なくとも3社の業者で相見積もりを取るようにしてください。

そして、ご自分の納得のいく費用で解体工事をお願いするようにしましょう。
この時、極端に安い見積もりを提示する解体業者には注意しなければなりません。

ヤクザや暴力団と関係があったり、完工後に追加請求をしたりする悪徳業者の可能性もあります。
優良業者かどうかもしっかりと調べながら解体業者を探してください。

ビルの解体費用についてのまとめ

ビルの解体費用についてのまとめ

ビルの解体は、建物自体が大きいため、解体費用も戸建てよりも多く掛かります。
また、戸建て以上に気を使わなければならない所もあるのです。

自分たちでも解体に関して調べ、適切な解体費用で工事に臨みましょう。