解体工事の差し入れ

昔から、家を建てる時には工事中に大工さんにお茶やお菓子を差し入れする人が多いものです。
では、解体工事の場合も業者の人に差し入れは必要なのでしょうか。

また、差し入れをする場合にはどんな事に気をつけたら良いのか、色々と気になります。
そこで今回は、解体工事中の差し入れについて詳しくお話ししましょう。

解体工事の際の差し入れは絶対必要?

解体工事の際の差し入れは、絶対に必要という訳ではありません。
工事中の差し入れは、あくまでも気持ちを現すものです。

作業をしてくれている人達に、感謝や労いの気持ちを伝えたいのなら、是非差し入れをしましょう。
業者の人達とコミュニケーションを取るきっかけにもなりますし、作業の進み具合を見る事も出来ます。

しかし、中には解体工事の現場が自宅から遠い人や、仕事が忙しい人もいるでしょう。
そのような場合は、ムリに差し入れをする必要はありません。

感謝の気持ちは言葉でも十分伝わるでしょう。

解体工事の差し入れのポイント

解体工事の際に現場に差し入れを持っていくには、どうしたら良いのでしょうか。
ポイントや注意点についてまとめてみました。

解体工事の差し入れのタイミングは?

解体工事中の差し入れにベストなタイミングは、作業が始まる前や休憩中、作業終了後です。
せっかくの差し入れが、作業の邪魔になってしまう事が一番良くありません。

休憩時間については、何時頃からなのかを事前に業者に聞いておくと良いでしょう。

解体工事の差し入れの頻度は?

解体工事中の差し入れの頻度については、あまり多すぎると逆に気を遣わせてしまいます。
作業期間中に1回、工期が長い場合には1週間に1度程度で良いでしょう。

解体工事の差し入れは何が喜ばれる?

解体工事の差し入れは何が喜ばれるか

解体工事中の差し入れは、何を持って行ったら良いのか迷いますよね。
どんな物が喜ばれるのでしょうか。

解体工事の差し入れで喜ばれる飲み物

工事の差し入れとして間違いないのが「飲み物」でしょう。
お茶やコーヒー、スポーツドリンクが喜ばれます。

作業が終わる頃を見計らってビールを差し入れしたら、とても喜ばれたと言う話を聞いた事もあります。
工事が始まった初日に、1ケースを差し入れするのも良いでしょう。

解体工事の差し入れで喜ばれる食べ物

汗をかいたり疲れると、甘い物やしょっぱい物が食べたくなるものですよね。
工事中の差し入れには、お菓子が人気のようです。

パッとつまめる小分けになった物や、余った時に持ち帰れるものが良いでしょう。

解体工事の差し入れは気候を意識すると喜ばれる

解体工事をしてくれている作業員の人達は、ほとんど野外で仕事をしています。
ですから、寒い日には温かい物を、暑い日には冷たい物を差し入れすると喜ばれるでしょう。

食べ物や飲み物以外にも、おしぼりやホッカイロもオススメです。

解体工事の差し入れに避けた方がよいものは?

解体工事の差し入れには、あまり向いていない物もあります。
例えば、ケーキやシュークリームなどの生物は、食べるタイミングを逃すと傷んでしまう事もあるでしょう。

また、夏場に美味しいのがアイスクリームですが、こちらもよほど休憩に合わせて持って行かない限り、溶けてしまいます。
果物は、りんごやももなど切って食べなければならない物だと、余った際に持って帰れないので困るようです。

みかんやバナナなど、パッと食べられて持ち帰れる物なら良いでしょう。

解体工事の差し入れのまとめ

解体工事の差し入れのまとめ

解体工事の際の差し入れは、作業をしてくれている人達に感謝の気持ちを伝える手段の一つです。
絶対にしなくてはならないと言う訳ではありません。

もしも差し入れをするのなら、作業の邪魔にならない時間帯にしましょう。
痛みやすい物は避け、季節や気候に合わせた物を差し入れすると喜ばれます。