解体工事と迷惑料

解体工事では、どうしてもご近所に迷惑をかけてしまいます。
しかし、解体後の事を考えても避けたいのがご近所トラブルです。

解体工事では、具体的にどんな事が近隣にとって迷惑になるのでしょうか。
もしもご近所からクレームが入りトラブルとなった場合には、迷惑料などが発生するのか気になるところです。

そこで今回は、解体工事でのクレームによる迷惑料や、トラブルに発展しないために気をつけるべきポイントについて詳しく解説しましょう。

解体工事のトラブルでの迷惑料は発生しない事がほとんど

解体工事に伴う様々なトラブルで、迷惑料を請求される事はあるでしょう。
しかし、迷惑料を支払ったケースは稀なようです。

実際に物を破損してしまった場合などは、当然弁償しなければなりません。
しかし、それは「迷惑料」ではなく、損害賠償という形で業者が負担します。

ほとんどの解体業者は、そのような時のために保険に入っていますから、事前に確認しておくと安心でしょう。 

解体工事で迷惑料などのご近所トラブルになりそうな事とは?

解体工事で迷惑料などのご近所トラブルになりそうな事とは

解体工事では、大きな音や振動などご近所に多くの迷惑がかかってしまいます。
近隣の理解がなければ出来ないと言っても過言ではありません。

迷惑だと感じながらも、”お互い様”と我慢をしてくれる近隣住民が多いかと思います。
しかし「迷惑料を支払って!」と言いたくなるような事もあるでしょう。

迷惑料を支払わなければならないケースはほとんどないとは言え、そのようなトラブルは避けたいものです。
では、トラブルの原因となる事について詳しく見ていきましょう。

解体工事の騒音や粉塵は迷惑料を請求されるかも

解体工事では、大きな建物を重機で壊す訳ですから、どうしても騒音や粉塵が発生してしまうでしょう。
騒音に関しては「騒音規制法」という規定があり、工事の時間や騒音の大きさなどが細かく決められています。

しかし、中にはこの規定を守らず、早朝や夜中に工事を行う業者もいるのです。
昼間は我慢出来たとしても、一般的に睡眠を取る時間帯の騒音は近隣住民も我慢出来ません。

次の日の仕事や学業に支障を来す事も大いに考えられますから、クレームが入るのは当然の事でしょう。
また、工事で発生した粉塵やほこりがご近所の車や建物に傷をつけたり破損させてしまった場合も、クレームとなるかもしれません。

このように、度を越えた騒音や粉塵、また結果として損害を出してしまった場合には、迷惑料を請求される事もあるでしょう。

大きな振動も迷惑料を請求されるかも

解体工事で忘れてはならないのが「振動」です。
建物を壊す際には大きな振動を伴います。

その振動により、自分の家が傾いたり破損するのではないかと心配する人は多いようです。
実際に、振動へのクレームは多く、トラブルになってしまうケースもあるでしょう。

前からあった外壁のひび割れ等を、工事の振動によるものと勘違いし迷惑料を請求される事があるかもしれません。
そのようなトラブルは起こってしまってからでは事実を確認し得ないのです。

解体する建物と隣家が近い場合や、近隣住民が不安を訴えている場合などは、家屋調査をしておくと良いでしょう。
家屋調査は、解体工事前の隣家の状態を調査し、写真などにおさめておいてくれます。

解体工事で迷惑料などのトラブルを避けるには?

解体工事で迷惑料などのトラブルを避けるには

解体工事で迷惑料などを請求されるようなトラブルは、極力避けたいものですよね。
具体的にどのような事に気をつけたら良いのか見ていきましょう。

迷惑料などのトラブルを避けるためにも解体工事前の挨拶は肝心

解体工事でのご近所トラブルを避けるためにも、事前の挨拶はとても肝心です。
迷惑をかけてしまう事へのお詫びと、理解してもらえる事に対するお礼をしっかりとしましょう。

また、工事に関する詳細については、解体業者と一緒に伺う事でしっかりと説明してもらうのが理想的です。
実際に工事が始まってみなければ分からない事もありますから、何かあれば遠慮なく申し出て下さいという旨も伝えましょう。

事前の挨拶をしっかりと誠意をもって行う事で、迷惑料などを請求されるほどのクレームやトラブルには発展しにくいと考えられます。

ご近所に配慮して工事を行う解体工事業者を選ぶ

解体工事において、なるべくご近所に迷惑をかけないために、業者は様々な工夫をします。
粉塵や騒音対策の散水や養生シートは、工事を行う上での基本でしょう。

しかし、数ある解体業者の中には、散水を怠ったりボロボロの養生シートを使用して役割を果たしていない場合もあるのです。
そうなれば、いくら施主がご近所に対して気を遣っていても意味がありません。

近隣住民からの反感も買いやすくなり、迷惑料などを請求されるようなトラブルに発展する事も考えられます。
ですから、解体工事を行う際には、しっかりと規定を守りご近所への配慮をしながら作業を行う業者を選びましょう。

信頼出来る解体工事業者を見つけるには複数の見積りを取る

信頼出来る解体業者を見つけようと思っても、それは簡単な事ではありません。
そこでオススメなのが、ネットで見積りが取れる一括見積りサイトです。

独自の審査基準により、登録の時点で業者をふるいにかけていますから、悪徳と言われる業者はほぼいません。
一度に複数の業者から見積りを取る事で、費用や内容などをしっかりと比べる事が出来るのです。

信頼出来る解体業者に依頼する事で、解体工事で迷惑料を請求されるなどのトラブルを防ぐ事が出来るでしょう。

解体工事と迷惑料のまとめ

解体工事と迷惑料のまとめ

解体工事では、近隣住民に様々な迷惑をかける事になります。
しかし、クレームによる迷惑料などは発生しない場合がほとんどです。

もしも物を破損してしまった場合などは、解体業者が損害賠償をする事になるでしょう。
とは言え、迷惑料の請求などは、ご近所との関係に溝を作ります。

支払うケースは少ないとは言え、なるべくなら避けたいものです。
そのためには、信頼出来る解体業者に依頼する事が大切なポイント。

事前に複数の業者から見積りを取る事で、しっかりと見極めましょう。