解体工事と足場

解体工事では、足場を使った高所作業もあります。
建設工事では、それぞれの作業や建材に条件や基準が多くありますが、足場にも基準や種類が存在します。

今回は解体工事での足場についてご紹介いたします。

解体工事の足場作業は事故・トラブルが多い!

解体工事だけでなく、建設工事では足場を使った高所作業を行う現場が多いのです。
足場は頑丈に造られてはいます。

しかし、誤って作業員が転落して怪我をしたり、最悪の場合死亡してしまう事故が近年でも多く発生しています。
作業員だけでなく、足場の近くを通る通行人の頭上から作業員の道具などが落下して直撃したり、強風などによって倒壊した足場の下敷きになったりして死傷事故も起こってます。

解体工事も例外ではなく、こういった事故が起こる可能性が大いにあります。
また、解体工事では建物を壊す際に粉塵や騒音などが発生しやすいです。

足場の周囲を厳重に養生していないと、隙間から漏れ出て近隣に被害が及ぶ恐れがあります。
これが、近隣トラブルになって、工期の遅れや裁判沙汰に繋がる事も考えられます。

解体工事では足場の養生シートがトラブル回避になる

これから解体工事を計画されている皆さんは、業者の工事現場見学へ行くと良いです。
なぜなら、足場の養生からその業者の解体工事への意識の高さを判断出来るからです。

養生シートは近隣へ粉塵や防音などの被害拡散を防ぐ役目があります。
ですので、現場で使用する養生シートは穴の空いていない頑丈なものを使用しなければ、その役割を果たせません。

業者の中には、新しいシートを購入するのを渋ってボロボロの養生シートを使いまわしている業者もいます。
破れているシートは、近隣への被害拡散だけでなく、作業中に資材や機材が引っかかったり、作業員がつまづいたりして事故に繋がる恐れが出てきます。

トラブル回避のためにも、1度現場へ足を運んで彼らの安全意識や近隣への配慮が行き届いているのかどうかを観察してみるのも大切です。

解体工事で使う足場は種類が沢山ある

解体工事で使う足場は種類が沢山ある

解体工事で使用する足場にはいくつか種類があります。
これは、建物の大きさや種類によって足場を使い分けているからです。

例えば、低中層建築物には簡単に組み立てが出来て人件費削減も可能な「くさび式足場」、高層ビル・マンション建設には強度が高いが高コストな「枠組み足場」を利用します。
他にも、狭い敷地で活躍する「単管足場」や、作業効率が落ちるものの事故リスクを抑える「先行足場」など、種類は沢山あります。

街や住宅地を歩きながら、解体工事の現場で使われている足場が、どんな種類なのかを見るのも面白いかもしれません。

解体工事での足場作業の基準とは?

解体工事での足場作業の基準

建設工事では、国や自治体によって定められた規則や法律に則って日々の作業を行わなければなりません。
これは、作業員が事故もなく安全に工事を終えるために定められています。

足場作業は特に事故やトラブルの多い作業ですので、大きな事故が生じる度に規則などが更新されて行っています。
私たちが常にその規則をチェックするのは難しいですが、依頼する解体工事業者には最低限の基準は守ってもらうべきです。

私個人的には、解体工事業者の決め手は、低コストよりも安全意識の高さを重視した方が良いような気もします。

解体工事での足場の対策は労働安全衛生規則等に定められている

解体工事での足場の基準は、「労働安全衛生規則」や「労働安全衛生法」、国土交通省のガイドラインで定められています。
例えば、労働安全衛生規則では、高さ2m以上の足場等で作業する場合は作業員に安全帯(作業員の命綱)を取り付けるための手すり等を設けなければならないといった安全対策が明記されています。

また、強風、大雨などの悪天候での足場での高所作業をさせてはいけないという、事業者に対する禁止事項もあります。
他にも、足場作業での安全対策が多く盛り込まれています。

解体工事を依頼する皆さんは、「解体工事現場の足場を見て少しでも危険なのでは」と不安に感じた時には業者に相談するなどして、業者と共に安全意識を高めていくようにしましょう。

解体工事での足場作業には届出が必要な場合もある

解体工事での足場作業には届出が必要な場合もある

解体工事での足場設置には、いくつか届出をしなければならない場合が有ります。
作業で道路を使用する際には「道路使用許可」を、足場が敷地をはみ出て設置しなければならない場合には道路使用許可に加えて「道路占有許可」を警察へ届出ます。

また、つり足場や張り出し足場といった種類の足場を設置する場合と、高さが10m以上の足場を設置する際には「機械等設置届」を所轄労働基準監督署に出す必要があります。
この届出自体は、業者が行うので依頼主は特段気にする必要はありません。

しかし、もし業者が届出を怠っていると、後々のトラブルに巻き込まれる可能性も出てきます。
業者との打ち合わせの際に、届出について気にかけるようにすれば、業者も依頼主も安心して解体計画を進められるでしょう。

解体工事と足場のまとめ

解体工事と足場のまとめ

解体工事での足場作業は、危険も多く業者だけでなく近隣の方にも被害が及ぶ可能性がある作業です。
建設業界では、現場作業は特に怪我も起きやすい場所なので、作業員各々の安全意識は高くない事が多いようです。

また、近隣への配慮もせずに好き勝手作業を行う質の低い解体工事業者も未だに多く存在します。
これから業者選びをする際は、そういった業者を選ばないようにしっかりと時間をかけて吟味する必要があります。

良質な解体工事業者を探す方法の1つに、解体工事業者一括見積もりサイトの利用があります。
このサイトでは、全国の質の高い解体工事業者1,000社以上が登録されており、その中から最大3社の見積もり作成依頼を一括で行えます。

こういったサイトで気に入った業者の現場を見学させてもらうなどして、信頼の置ける解体工事業者を選びましょう。