電話線の撤去

解体工事の際には、事前に様々な準備や手続きがあります。
解体業者ではなく、自分で行わなくてはならないものもあるのです。

ライフラインの解約や撤去の手続きもその一つ。
中でも今回は、電話線の撤去とその費用について詳しくお話したいと思います。

解体工事の際に電話線の撤去もしっかりとしよう

解体工事を行うと決まったら、電話の解約、そして電話線の撤去をしましょう。
電話の解約や電話線の撤去とは、どのようにしたら良いのでしょうか。

また、撤去費用はどのくらいかかるのか、見ていきましょう。

解体工事の電話線の撤去はnttに電話をしよう

解体工事の電話線の撤去は、nttなどの契約している会社に電話をするだけで簡単に完了出来ます。
解約の窓口と電話線の撤去の窓口が異なる場合がありますから、注意が必要です。

また「電話線の撤去工事の依頼をしたい」としっかりと伝えないと、電話の解約のみで終わってしまう場合もあります。
そうなると、電話の解約が済んでいても電話線の撤去が行われないのです。

そのような時には、後程お話しますが様々なトラブルの元になり兼ねません。
しっかりと確認をする事が大切です。

時期については、余裕をもって1か月前には申し込んでおくと安心でしょう。

解体工事の電話線の撤去工事の費用は?

電話線の撤去工事の費用は、かからない場合が多いようです。
ちなみに、nttは無料で撤去工事をしてくれるようですね。

しかし、絶対に何処でも無料とは言い切れませんから、解約の際に費用についても確認しておくと良いでしょう。

電話線の撤去の連絡は解体工事前に!

電話線の撤去の連絡は解体工事前に

電話線の撤去の連絡は、必ず解体工事の前にしましょう。
これを忘れてしまうと、後々工事中にトラブルに発展してしまう事があるからです。

電話線の撤去の連絡をし忘れたらどうなるの?

電話線の撤去を行わないまま解体工事が始まってしまったら、どうなるのでしょうか。
解体工事によって建物がなくなり、その分長く垂れ下がった電話線は道路に投げ出される事があります。

車に引っかかったり通行の邪魔をする可能性があるでしょう。
また、それにより電話線が切断されてしまえば、感電などの事故にも発展しかねません。

このように、電話線の撤去の連絡を一つし忘れた事によって、様々なトラブルに発展してしまう事があるのです。
解体工事が始まる前に、電話線の撤去をしっかりと行いましょう。

電話線の撤去を忘れたままの解体工事は事故に繋がる事も

電話線の撤去を忘れたままの解体工事は事故に繋がる事も

電話線の撤去を忘れたままの解体工事では、事故に繋がる事も考えられます。
実際に、解体工事での電話線に関する事故は多くの事例があるのです。

まず、建物の解体中に重機によって電話線を引っ掛けてしまう可能性があります。
電話線を切断してしまった場合には、ご近所で電話が繋がらない等のトラブルに繋がる事もあるでしょう。

切断された電話線により作業員や通行人が感電してしまう恐れもあります。
そうなれば、一大事です。

解体工事では只でさえ、騒音や振動などご近所に迷惑をかけてしまいます。
電話線の撤去を忘れた事により、更なる迷惑や事故に繋がるような事は、避けなければいけません。

損害賠償などに発展するケースもありますから、注意が必要です。

電話線の撤去のまとめ

電話線の撤去のまとめ

解体工事の際には、事前に電話の解約と電話線の撤去をしましょう。
nttなどの契約している会社に電話をするだけで、簡単に完了出来ます。

電話線の撤去をし忘れる事により、その後様々なトラブルや事故に繫がる可能性があるのです。
電話一本で出来る事ですから、忘れずにしっかりと行いましょう。