解体業とヤクザ

解体工事を業者にお願いする時、費用面や解体工事期間など、様々な事が気になってきますよね。
ですが、解体工事業者を選ぶ際に気を付けなければいけないのは、その業者がヤクザや暴力団との関わりがあるかどうかです。

実は解体業者とヤクザは繋がりが根深いと言われています。
その理由と、ヤクザとの繋がりのない優良業者の見つけ方をご紹介いたします。

なぜ解体業はヤクザと関係があると言われているの?

まず先にお伝えしたいのは、全ての解体業者がヤクザではなく、ヤクザと繋がりが根深いというわけではありません。
ただ、解体業者だけでなく、建設業界がヤクザや暴力団と関係があった事は事実です。

これは、暴力団の多くが表向きの事業として解体工事業を行って活動資金を確保していたという歴史があるからです。
現在では法律で厳しく取り締まられています。

しかし、それでも根強くヤクザや暴力団関係の解体業者は多く存在しています。
そういった業者は、不法投棄などの違法行為を行い極端に費用を削って多額の収益を得ようとする事が多いのです。

もしヤクザと関わりの深い業者に工事をお願いをすると、不当な追加請求をされたりする恐れがあります。
自分の身を守るためにも、業者選びの際にはヤクザ関係なのかどうかを慎重に調べる必要があります。

依頼する解体業者とヤクザの関係を調べるには?

依頼する解体業者とヤクザの関係を調べる

業者を選ぶ際は、後々にトラブルに巻き込まれないように優良業者を探しておくようにすべきです。
まずは、依頼したい業者がヤクザとの関係があるのかどうかを調べるようにした方が良いでしょう。

調べ方についてご紹介いたします。

行政処分や事件記事をネットでチェック

まず最も簡単に調べられる方法は、インターネットで「会社名 暴力団」、「会社名 ヤクザ」などのワードで行政処分情報や事件記事を検索する方法です。
例えば、解体工事で必要な産業廃棄物処理に関わる廃棄物処理法では、役員に暴力団関係者が存在する場合は、廃棄物処理関係の許可を取り消す事になっています。

環境省の行政処分データベースで見ると確認が取れます。
ネットの情報はデマも混ざっている恐れがあるので、信頼の置ける国の機関などの情報を利用するようにしてください。

解体業者がヤクザ関係か警察に確認

解体業者がヤクザ関係かどうかは、警察に相談して情報開示をしてもらう事も可能です。
何か気になる点があるようなら、所轄の警察署に相談して確認を取ってもらいましょう。

その時は、業者からもらった見積書や暴力団・ヤクザ関係の疑惑があると思われれる情報をお伝えるすようにしましょう。

ヤクザ関係の解体業者なのか調査依頼

他にも出来る確認方法は、調査会社や探偵に依頼して調査してもらう方法です。
この方法は、3~10万円ほどの費用が掛かってきますので、お願いするかどうかはよく考えてから行いましょう。

まずは上記2つの方法を試してから、この方法を利用するか決めると良いと思います。

解体業者選びはヤクザとの関係有無は必ず確認を

解体業者を探している時、ヤクザや暴力団と繋がりがあるのではと少しでも不安になった時は、必ず何かしらの方法を使って確認するようにしてください。

暴力団やヤクザ関係者が存在する会社の中には事実上の代表者の名を出して、ヤクザ関係者の名前を役員から外して隠れている可能性もあります。
会社の実態把握に努めるように努力しましょう。

解体業に欠かせない産廃業者もヤクザ関係かも?

先ほども少しお伝えしましたが、産業廃棄物処理業者もヤクザ関係者が存在する場合があります。
本来、産業廃棄物はマニフェストに沿って適した処理を行わなければなりません。

もちろん費用も発生します。
ですが、業者の中にはこの産廃処分費用を削り、工事で発生した廃棄物を山奥に捨てるといった不法投棄を行う者も存在します。

ヤクザ関係者の場合、こういった違反行為を起こす疑いがあります。
そのため、産廃業者がヤクザ関係者かどうかも慎重に調べておく必要があります。

ヤクザ関係でない優良解体業者の見つけ方

ヤクザ関係でない優良解体業者の見つけ方

先ほどもお伝えしましたが、全ての解体業者がヤクザ関係者ではありません。
お客様や近隣の方の事を考え、法律をしっかりと守る信頼のおける優良業者も沢山います。

ですが、私たちのように解体工事に関して素人だと業者の良し悪しを見極める事は非常に難しい事ですよね。
では、どうやってヤクザ関係でない優良解体業者を見つけたら良いのでしょうか?

見つけ方をご説明いたします。

ヤクザ絡みのない解体業者の条件

ヤクザ絡みのない解体業者を選ぶ際、見た目の印象だけで決めないようにしましょう。
暴力団やヤクザとの関係を悟られないように、人当たりの良い雰囲気で営業を仕掛けている場合があるからです。

契約前は印象が良くても、何かしらの問題がある可能性もあります。

解体業者の建設業許可証の写しやマニフェストの発行

解体工事を請け負う業者は、建築工事業や土木工事業、トビ・土工工事業、解体工事業のうち1つの建設業許可証を保有、もしくは解体工事業登録を行っています。
まず、解体業者にこれらの許可証の写しを見せてもらいましょう。

もしお願いしづらい場合は、役所でも同様の情報を管理しているので調べてもらうと良いです。
他にも、産業廃棄物を適正に処分しているかどうか、マニフェストを発行してくれるのかどうかを確認しましょう。

この時にマニフェストを発行する、自社処理のためマニフェストは出ないといった返事があれば、ある程度信頼出来ると言えます。

実際の解体工事現場の見学

実際に解体工事の現場を見学させてもらい、業者の作業を観察してみるのも優良業者を選ぶ指針となります。
これはヤクザ関係者かどうかだけでなく、近隣への配慮や安全面を意識した工事を作業員が、きちんとやっているのかも自分の目で確かめる事が出来ます。

例えば、養生シートの破れや散水方法、路上駐車した車の有無、警備員の配置や高所作業の際の安全ベルトの有無など、ひとつひとつの作業員の行動を見てもその意識の高さが見て取れると思います。

ヤクザ関係者の有無に限らず、1度は稼働中の工事現場見学をお願いすると良いでしょう。

一括見積もりサイトはヤクザ関係のない優良解体業者が多い

他にも、安心して優良業者を探す方法があります。
それは、インターネットで一括見積もりサイトを利用する事です。

一括見積もりサイト「解体工事の匠」では、ヤクザ関係者のいない信頼のおける優良解体工事業者が全国で1,000社以上登録されています。
この中から気になる業者3社を選んで見積もり依頼をする事が出来ます。

一括見積もり依頼をするメリットは、優良業者を安心して探せるだけでなく、見積もり比較をする事で納得のいく金額で解体工事をお願い出来る点です。
もちろん、見積もり自体は無料です。

解体工事に関わる用語やQ&Aもチェック出来るので、自分たちもしっかりと解体工事に関して学ぶ事も出来ます。
ぜひ試してみましょう。

解体業とヤクザのまとめ

解体業とヤクザのまとめ

解体業がヤクザと繋がりがあると聞くと、怖くなってしまいますね。
ですが、冒頭でもお伝えしたように現在は、国でも厳しく取り締まりがされています。

ですので、信頼のおける優良解体業者も沢山いる事も事実です。
ヤクザ関係者と関わって後々トラブルに巻き込まれないためにも、時間をかける必要があります。

優良解体業者を探す際は、少し手間をかけて探すようにしましょう。

当サイトでは、ヤクザと関係ない解体工事の一括見積もりをオススメしています。
価格を比較する事も出来ますので、安価に解体工事が可能です。

完全無料で利用する事が出来ますので、ぜひ試してみてください。
既に見積もりを取得しているという方も、適正価格か診断を行ってもらえるため、利用する価値はあると思います。