解体工事と杭

解体工事で行われる杭抜き工事をご存知でしょうか。
解体を行う現場によってはこの工事をしなければならない場合もあります。

その時は、もちろんその分の費用もかかるのです。
では、解体工事で行われる杭抜き工事の内容をご説明いたしましょう。

そもそも解体工事の杭抜きって何?

家を建てる時に敷地表面の地盤が軟弱だと、そのまま家を建てても支えきれない事があります。
そのため、鉄製やコンクリート製の杭を地中の硬い地盤まで打ち込み、そこに指示出来るようにして建物を建てられるようにする基礎工事を施すのです。

この基礎工事を杭工事といい、建物を支えるために非常に重要な役割を果たしています。
杭抜き工事は、その杭工事で打たれた地中の杭を解体工事の際に抜き取る工事の事です。

解体工事での杭抜きのメリットとデメリット

建物を建てる際の杭工事が必要なのは、何となく分かって頂けたかと思います。
しかし、解体工事の杭抜き工事が必要な理由がよく分からないという方もいらっしゃるかもしれません。

杭抜き工事にはそれぞれ、メリットとデメリットがあります。
それぞれご紹介いたしましょう。

杭抜き工事のメリット

杭抜き工事を行う必要がある現場もあれば、必要のない現場もありますが、杭抜きが必要な場合のメリットは後々にトラブルが発生しにくい事でしょう。
後ほどご説明しますが、杭は抜かずに残す事も途中でカットする事も工事では可能です。

しかし、杭を残したままにしてそこに新たに建物を建てると最悪の場合、地盤沈下が発生したり建物が傾いてしまったりする恐れもあります。
もし杭を残置して解体工事を行い、それを他者に売却してそのような事態が発生したら、売主に責任が問われる恐れもあるのです。

そういった後々のトラブルに巻き込まれないためにも、早めに杭を抜いてしまう方が安心出来るかもしれません。

杭抜き工事のデメリット

杭抜き工事のデメリットは、費用がかかる事です。
杭を地中から抜き取るのはもちろんの事、抜いた後に出来る穴の後を埋める作業も必要になります。

杭抜き工事をしない場合と比較しても、その作業には数日かかるでしょう。
それによって工期も伸びてしまいますし、地中を抜き取る作業や穴を埋める作業で重機や埋めるための土も必要になります。

さらに、その作業を行う作業員さんの手間賃もかかるので、出費が増えるのは容易に想像出来ますね。
杭抜き工事の費用等は、解体工事をお願いする業者としっかりと話し合いましょう。

杭抜き以外の解体工事での杭の処理方法は?

杭抜き以外の解体工事での杭の処理方法

先ほども少しご説明しましたが、解体工事では土地によっては杭を抜かずにすむ場合もあります。
杭抜き工事以外の杭の処理方法は、「残置」か「カット」です。

それぞれについてご紹介いたします。

解体工事で杭を残置

建物を解体した後の土地の利用方法によっては、杭を抜かずに地中に残置する選択肢も考えられます。
杭を残すため、その分の解体工事費用も節約でき、工期も短くする事が可能です。

解体工事では杭を残す事が可能な場合もある

解体工事後に駐車場にするといった土地の利用方法であれば、杭を抜かずに残しておいても問題はありません。
また、解体後に建物を建てる際でも、場合によっては既存の杭を再利用する事も出来ます。

ただ、建物を解体後に土地を売却する事が決まっている場合は、後々のトラブル回避のためにも杭を抜いておく方が安心出来るでしょう。
土地の利用方法や後々の安心も考えながら、杭を抜くか残すかを決める事が大切です。

解体工事で杭をカットする

杭抜き工事費用は、かなり大掛かりなものなので費用も高額になります。
そのため、解体工事を行うときに杭抜き工事をためらってしまう方もいらっしゃるようです。

先ほどもお伝えしましたが、土地の利用の仕方によっては杭を途中でカットする方法もあります。
途中でカットするだけならその分の労力削減にもなるので費用も節約出来るでしょう。

ただ、杭をカット・残置する場合、行政に確認を取る必要があります。
行政が杭を抜くべきだと言うのなら、それに従わなければいけません。

もし行政に従わずに無断で杭を残すと、たとえ自分の敷地内であっても不法投棄として法律違反になる恐れがありますので、気をつけて下さい。

解体工事で杭抜きが必要か相談出来る業者を探そう

これから解体工事を計画している皆さんは、杭抜きの必要性や費用について、安心して相談出来る解体工事業者を探すようにしましょう。
建設業界では、未だに悪質でモラルの欠いた業者も沢山います。

そういった業者は、平気で不法投棄といった法律違反をする業者も多々いるのです。
解体工事業者だと、暴力団やヤクザと関わりのある業者である可能性も否定できません。

解体工事業者を探す際は、インターネットの業者一括見積もりサイトで探すのもオススメです。
全国の良質な解体工事業者が1,000社以上登録されており、その中から最大3社を選んで見積もり依頼が出来ます。

杭抜き工事の事も安心して相談出来る信頼の置ける業者を探してみましょう。

解体工事の杭抜きの費用は?抑えるためのポイント

解体工事の杭抜きの費用は?抑えるためのポイント

解体工事の杭抜き費用の内訳は、人件費と諸費用(設備費、重機運搬費など)と廃棄物処理費用です。
杭抜き工事の費用は、解体工事業者の設備や人員が整っているかどうかで大きく違ってきます。

抜く杭の本数が多ければその分費用も跳ね上がるでしょう。
杭抜き工事費用を抑えるポイントは、先ほどご紹介しました解体工事業者一括見積もりサイトで複数業者からの見積もりを獲得して、金額と見積もり内容を比較する事です。

気に入った業者があれば、他の業者の見積もりでその業者に値切り交渉が出来ます。
ご自分で解体工事についてしっかりと勉強しなければならないので、大変ですが費用を抑えるためにも必要な事なので、挑戦してみましょう。

解体工事での杭についてのまとめ

解体工事での杭についてのまとめ

解体工事での杭の処理方法は、その後の土地の利用方法で大きく変わってきます。
更地にした土地で何をするのかは工事の前に決めておいた方が、解体工事計画もスムーズに決められるでしょう。

業者に相談しながら杭抜き工事の有無を決定してください。