下関と解体

建て替えや家の老朽化などにより、建物を解体しなければならない事があります。
しかし実は、解体工事にかかる費用は、同じ日本であっても地域によって異なります。

そこで今回は、山口県の下関にスポットを当てて、解体費用の相場について解説致しましょう。
また、業者選びや費用を抑えるポイントなどについても、併せてご紹介したいと思います。

下関の解体工事の費用の相場は?

解体工事に掛かる費用は、建物の造りや立地条件、依頼する業者によっても差が出ます。
ですから、一概に「いくら」とは断言出来ません。

それも踏また上で、下関市での解体工事のおおよその相場は、坪単価2.1万円~7.2万円ほどのようです。
この費用の他に、大きな重機を使用するか、立地によっては交通誘導員を置くなどの条件ごとの費用が掛かります。

下関での解体工事を考えている方は、参考にしてみて下さい。

下関での解体工事の費用例をご紹介します

下関で実際に行われた解体工事の、費用例を少しご紹介しましょう。

構造 面積 解体費用 工期
木造平屋 29坪 74.3万円 6日間
木造2階建 39坪 154.3万円 10日間
軽量鉄骨造2階建 32坪 176万円 16日間
木造2階建 23.05坪 74.8万円 9日間
RC造3階建てビル 124坪 680.4万円 30日間

上記は、一部の例に過ぎません。
同じ構造で同じ坪数であっても、様々な条件や依頼する業者によって費用は変動します。

ですから、あくまでも参考程度にして頂けたらと思います。

下関の解体工事の費用を抑えるポイントは?

下関の解体工事の費用を抑えるポイント

解体工事の費用は、なるべく抑えたいというのが多くの人の本音でしょう。
下関市で解体工事を行うにあたり、費用を抑えるポイント等はあるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

下関では空き家の解体に補助金が出る

下関市では、空き家の解体工事に対して費用の一部を補助してくれる制度があります。
ただし、全ての空き家に適用される訳ではありません。

市の定める基準を満たし、かつ周辺への危険度があるとされた「危険家屋」に対して適用されるのです。
また、「個人が所有するものであること」「木造であること」「市税の滞納がないこと」など幾つかの条件もあります。

補助金の額としては、解体業者に支払った金額の2分の1とされていますが、上限が40万円です。
この補助金制度を受けるには、事前に下関市に申請をして、審査を受けなければなりません。

ある程度の時間が掛かる事が予想されますから、前もって調べておく必要があるでしょう。
空き家の解体を考えている方は、費用を抑えるために是非、利用してみて下さい。

解体業者と直接契約をしよう

下関の解体工事に限りませんが、費用を抑えるには、解体業者と直接契約をするのがポイントです。
建て替えを目的とした解体の場合には、建設工事を依頼する予定の業者から、解体業者を紹介されるケースがあります。

業者を探す手間も省けますし、紹介であれば信頼性も高いでしょう。
しかし、この場合には中間マージンが発生する事がほとんどです。

つまり、その分多くの費用を支払う事になります。
そこで、紹介ではなく自分で解体業者を探して直接契約を交わす事で、中間マージン分の費用を抑える事が出来るのです。

下関市には、実績のある優良な業者が多く存在します。
まずは見積りを依頼してみましょう。

複数の業者の見積りを取って比較しよう

解体業者を選ぶ際に、「安いから」「近所だから」と言った安易な考えで決めるのは少々危険と言えます。
数ある解体業者の中には、騒音や粉塵などの対策を怠ったり、廃棄物の不法投棄を行うような「悪徳業者」も存在します。

そのような業者に依頼をしてしまえば、様々なトラブルに巻き込まれる可能性があるでしょう。
そう言ったリスクを減らすためには、事前に複数の業者から見積りを取るのがポイントです。

幾つかの見積りを比較する事で、より自分に合った優良な業者を選ぶ事が出来るでしょう。
とは言え、幾つもの業者から見積りを取るのは大変なものです。

そこで、「一括見積りサイト」等を利用する事をオススメします。
自宅に居ながら、ネットで簡単に複数の業者から見積りを取る事が出来ます。

また、そのようなサイトでは悪徳業者を避けるために、登録の際に審査を行っています。
ですから、様々なトラブルのリスクを低減できるのも、オススメのポイントなのです。

当サイトがオススメする見積りサイトには、下関やその近郊の解体業者も数多く登録しています。
是非、見積りを取ってみて下さい。

下関の解体工事のまとめ

下関の解体工事のまとめ

下関市で解体工事を行う場合の費用の相場は、1坪あたり2.1万円~7.2万円ほどのようです。
しかし、これはあくまでも一般的な相場に過ぎません。

建物の構造や立地条件、依頼する業者によっても費用は異なるのです。
業者選びは、中間マージンを節約するために自分で行いましょう。

また、下関市では危険と認められた空き家の解体に対して、補助金が出る制度があります。
全ての空き家に適用される訳ではありませんが、役所などに確認をしてみましょう。

そして、信頼性の高い解体業者を選ぶ事も、工事を円滑に進めるための重要なポイントです。