解体工事と重機

ほとんどの解体工事で使用されるのが「重機」。
重機には、多くの種類があり大きさや特徴も様々です。

住宅の解体工事には、一般的にどれくらいの大きさの重機が使用されるのでしょうか。
そこで今回は、一般住宅の解体工事で使用される重機の大きさや名前について詳しくご紹介したいと思います。

住宅の解体工事で使用される重機の名前や大きさ

住宅の解体工事に使用される重機は、0.1㎥サイズ~0.7㎥サイズのものが一般的なようです。
主に「ショベルカー」という名前の重機が使用されます。

ショベルカーは、使用用途に合わせて先端部分のアタッチメントを取り替える事が出来るため、とても便利なのです。
住宅には、木造やRC造、鉄筋造などがありますが、その造りによって使用される重機の大きさは異なります。

それでは、重機の大きさ別に、具体的な特徴を見ていきましょう。

解体工事で使用される0.1㎥サイズの重機

全幅が約1m70㎝、全長4m50㎝ほど。
住宅の解体工事に使用される重機の中でも、1番小ぶりなショベルカーです。

大きな重機では入れない狭い所で活躍してくれるのが特徴でしょう。

解体工事で使用される0.2㎥サイズの重機

全幅が約2m、全長5m20㎝ほど。
住宅の解体工事で使用される重機の中では小さめのものと言えます。

主に木造建築での解体工事に使用されるようです。

解体工事で使用される0.25㎥サイズの重機

全幅が約2m20㎝、全長約6m。
住宅の解体工事で使用される重機の中では一般的なサイズと言えます。

こちらも木造の解体に使用される事が多いようです。

解体工事で使用される0.45㎥サイズの重機

全幅が約2m50㎝、全長7m30㎝ほどの重機です。
住宅の解体工事で使用される重機の中では大きめで、パワーがあります。

ですから、RC(鉄筋コンクリート)造の解体工事で活躍してくれる重機の一つです。

解体工事で使用される0.7㎥サイズの重機

全幅が約2m80㎝、全長9m40㎝ほどの重機です。
住宅の解体工事で使用される重機の中では大きなタイプ。

こちらもパワーがあるのが特徴。
RC造や鉄筋造の建物の解体で使用される事が多いようです。

解体工事で重機の事故を起こさないために

解体工事で重機の事故を起こさないために

解体工事では、重機による事故が起こってしまう事があります。
実際に、重機の衝突や転倒などで被害を出してしまった例は多くあるのです。

そうならないためには、重機の運転を始め、安全管理を怠らない事が重要と言えます。

重機を安全に使用する信頼出来る解体工事業者に依頼しよう

解体工事で重機による事故が発生しないためには、信頼出来る解体業者に依頼をする事が重要なポイントです。
重機を安全に使用する事はもちろん、その他の様々な安全管理を怠らない業者を選びましょう。

信頼出来る解体業者を選ぶためには、時前に複数の業者から見積りを取る事をオススメします。
見積りの内容や費用を比較する事で、より良い業者を見つける事が出来るからです。

とは言え、何度も解体業者とアポを取ったり足を運ぶのも大変でしょう。
そこで、簡単に複数の業者から見積りが取れる一括見積りサイト等がオススメです。

そのようなサイトでは、登録の時点で審査を行い業者をふるいにかけています。
ですから、悪徳業者などがいないのがメリットです。

また、業者同士を競わせる事で、解体費用を抑える事にも繋がるでしょう。

解体工事と重機のまとめ

解体工事と重機のまとめ

住宅の解体工事で使用される重機には、様々な大きさのものがあります。
それぞれに特徴があり、立地や建物の造りによって使われる重機の大きさを変えるようです。

解体工事で重機による事故を防ぐためには、安全管理を怠らない業者を選びましょう。
ネットの見積りサイトなどを利用して、事前に複数の業者から見積りを取る事がポイント。

業者を比較する事で、より優良な業者と出会う事が出来るでしょう。