土地と解体

土地の活用や売却など、建物をの解体をお考えの方もいるでしょう。
また、中古物件を購入して上物を解体し、建て替えをするというケースも珍しくありません。

しかし、家屋の解体には多くの費用が掛かりますから、資金計画はしっかりとしておきたいものです。
そこで今回は、既存の建物を解体して土地を更地にするための費用について、詳しく解説したいと思います。

土地を更地にするための解体費用は?

土地を更地にするために掛かる解体費用は、どれくらいなのでしょうか。

一般的な家屋の解体費用の相場

家屋を取り壊す費用の相場は、その構造によって異なります。
構造別に、解体費用の坪単価をまとめてみました。

構造 坪単価
木造 3.1万円
鉄骨造 3.6万円
RC(鉄筋コンクリート)造 5.9万円

頑丈に出来ている鉄骨造やRC造の建物は、木造に比べて取り壊すのに手間が掛かります。
特殊な重機や多くの人員が必要な上、工期も長くなりますから、その分費用も高くなるのです。

また、建物の解体の他にも、設備や作業員の給料、会社の利益など、見積りには様々な項目があります。
土地を更地にする際には、坪単価の他に「その他の費用」が掛かるという事を、覚えておきましょう。

解体費用の相場は土地の立地条件によって異なる

解体費用の相場は、その土地の立地条件によっても変動します。
隣接する道路の幅や、隣家との距離など、重機や作業車の妨げになるような場合には費用が多く掛かるのです。

また、同じ国内であっても、坪単価は地域によって異なります。
いわゆる「都会」と呼ばれる地域では、物価や立地条件などの関係で、相場が高い傾向にあります。

このように、解体費用はおおよその相場こそありますが、それぞれの土地の持つ条件によって変動するという事を、覚えておきましょう。

土地を更地にするメリット・デメリット

土地を更地にするメリット・デメリット

上物を解体して更地にするかどうかは、土地の使用用途によってメリット・デメリットがあります。
詳しく見ていきましょう。

解体更地渡しの土地の方が高く売れる

建物を解体して土地を更地にするメリットは、高く売れるという事です。
上物が建っている土地は、その後に解体費用が掛かりますから、安くなければ売れません。

現在建っている建物を、売主が解体し更地の状態にして引き渡すという「解体更地渡し」の方が高く売れるのです。
土地の売却をお考えの方は、解体更地渡しについて一度検討してみましょう。

解体して土地を更地にすると固定資産税額が上がる

売却目的ではない場合、むやみに上物を解体するのはオススメできません。
もう誰も住んでいないからと、解体し更地にしてしまうと、固定資産税額が上がるのです。

というのも、固定資産税とはもともと土地と建物の両方に掛かります。
ただし、建物が建っている場合には、特例措置として土地の固定資産税額が減免されるのです。

建物を解体してしまうと、当然この措置は無くなりますから、税額がもとの金額に戻ります。
場合によっては、約3倍~6倍にもはね上がる事もあります。

ですから、解体をしてしまう前に、更地になった場合の固定資産税額を確認しておきましょう。

土地を更地にする解体費用を抑えるポイント

土地を更地にする解体費用を抑えるポイント

解体に掛ける費用は、少しでも削減したいものですよね。
土地を更地にするための、解体費用を抑えるポイントについて見ていきましょう。

購入する側の場合解体費用を交渉しよう

先ほど、解体更地渡しについてお話をさせて頂きました。
今回は、売主ではなく買主の場合のお話です。

購入する土地に建物が建っている場合は、解体更地渡しにしてもらえないかを交渉をしてみましょう。
そうなれば、そもそも解体費用は掛かりません。

ただし、その分土地の価格が上がる可能性がありますので、そこのバランスをよく考えて購入をしましょう。

解体費用分の金額の値下げ交渉をしてみる

上物付きの土地を購入する際、解体更地渡しは出来ないと断られる事は多いようです。
その場合は、解体費用が掛かる分の、土地の価格の値下げを交渉してみましょう。

全額とはいかなかったとしても、少しでも価格が下がればその分トータル的に費用の削減になります。

補助金制度を利用する

多くの自治体では、解体工事の際に利用できる補助金制度が設けられています。
解体費用の一部を、行政が負担してくれるのです。

補助金制度には様々な種類のものがありますが、特に空き家や古家の除却や改修、リフォームに関するものが多いでしょう。
その他、ブロック塀の撤去やアスベストの除去など、様々な制度があります。

ただし、補助金制度の有無や種類は、自治体によって異なる上、受けるには審査が必要です。
まずは、解体を予定している土地の地域を管轄する役所などで、詳しく確認してみましょう。

複数の業者から見積りを取ろう

土地を更地にする費用を安く抑えるには、価格競争をさせるのがポイント。
複数の業者から見積りを取り、比較しましょう。

また、その際に金額だけでなく、工事の内容についても確認する事が大切です。
とは言え、自分で解体業者を探すのは不安だという方もいるでしょう。

そこで、オススメしたいのが「一括見積りサイト」です。
ネットで簡単に、複数の業者から見積りを取る事が出来ます。

条件を入力すると、それに合った業者をいくつか紹介してくれますから、非常に簡単なのです。
また、そのようなサイトには、事前の厳しい審査をクリアした業者しか登録されていません。

いわゆる「悪徳業者」を避ける事が出来るのも、オススメのポイントなのです。

土地と解体のまとめ

土地と解体のまとめ

土地を更地にするのに掛かる解体費用の相場は、坪単価3.1~5.9万円ほどです。
ただし、建物の構造や立地条件によって異なります。

その土地の使用目的によって、更地にするメリット・デメリットがあります。
単に見積り金額を安くする事だけではなく、その後に掛かる費用や補助金制度などとのバランスを考えて決めましょう。